科学と技術の諸相2016/12/05 更新【更新履歴】
トップ講義ノート論文Q&A科学の回廊索引おまけ

Google
WWW を検索 このサイト内を検索
separate.gif
ただいま、新著の執筆に時間をとられて、ページ更新ができない状況です。2017年2月頃から更新を再開します。(2016年12月05日)

★★Q & A★★

質問 宇宙空間の「静電場」の中で、水滴がらせん運動する原理を教えてください。NASAの宇宙船内での静電場の実験を見ていて、水滴が静電場の周りをらせん運動しているのを見て不思議に思いました。【古典物理】
Q&Aコーナーでは、科学技術関連の質問に対して、筆者に可能な範囲で解答しています。 質問のある人は、「質問用フォーム」のページから送信してください。
(→Q&A目次
(→質問用フォーム

★★気になるニュース★★

独バイエル、米モンサント買収で合意(16/09/25)

 今月14日、ドイツの化学・製薬大手バイエル社は、遺伝子組み換え作物の最大手であるモンサント社の買収に関して合意が成立したと発表した。買収額は約6兆8000億円。両社を併せると、農薬・種子市場での売上高は2兆円を大きく超え、日本企業(住友化学やサカタのタネなど)は、到底太刀打ちできない。農業部門に関しては、昨年、米ダウ・ケミカルと米デュポンが経営統合して新会社を設立することを決めたほか、今年2月には、中国の中国化工集団が農薬最大手のスイス・シンジェンタ社の買収を決めており、今後は、バイエル・モンサントを加えた3強の争いとなりそう。ただし、EUなど各地域における独占禁止法違反の疑いもあり、すんなり統合できない可能性もある。
 世界の大企業が農業に目を向けているのは、食糧需要の急増と技術面での伸びしろの大きさから言って、この分野が投資効率の高い成長産業だと考えられるため。生産性を高める主要なファクターが、バイオテクノロジーとITである。
 遺伝子組み換え(ゲノム編集を含む)を利用した作物に対しては、市民団体などの批判が厳しく、日本とヨーロッパではあまり普及していない。しかし、世界的に見ると、南北アメリカ・中国・インドなどで作付け面積が増大し、広く流通している。現在、主流になっているのは、殺虫剤成分を自分で分泌する、あるいは、除草剤耐性を持つ(すなわち、多量の除草剤を散布すれば、雑草が一掃されて自分だけが生き残る)作物だが、これらに関しては、生態系への悪影響が懸念されるため、批判的な科学者が少なくない。一方、研究進行中の塩害や干魃に強い植物ならば、不毛な土地を植生で覆い土壌流出や紫外線による有機物の分解を防げることから、環境改善のために積極的に導入すべきだとの見方もある。また、感染症予防の効果のあるワクチン成分を含んだ作物に対しても、期待が大きい。
 一方、ITによる農業改革は、バイエルなど欧米勢が積極的に進める手法。衛星写真に基づく土壌データをディープラーニングの手法で解析し、最適な農薬散布や灌漑法をはじき出し農家に提供するサービスなどが考えられる。経験をベースにした勘をAIによって獲得された知識に置き換えることができれば、一般労働者による効率的な営農が可能になるかもしれない。
 農業の効率化という点で、日本は欧米に比べて大幅に遅れている。現状からどのように巻き返すか、政府の決断も必要になる。
(→過去の「気になるニュース」

★★著 書 の 紹 介★★

完全独習相対性理論 「完全独習相対性理論 (KS物理専門書)」
(→Amazonの該当ページへ

吉 田 伸 夫 著
講談社
定価3,600円(税別)
ソフトカバー/279ページ
発売日 : 2016/4/7
【出版社からの内容紹介】
重力とは何か?時空はなぜ歪むのか?高校物理レベルの知識だけを前提として読めるように、気鋭の著者が工夫をこらして解説した。特殊相対性理論から一般相対性理論まで、この壮大な知の体系を一冊で学びつくす独習書。

【特徴】
soryusi.jpg 「素粒子論はなぜわかりにくいのか」

吉 田 伸 夫 著
技術評論社
定価1,659円(本体1,580円)
四六判/208ページ
発売日 : 2013/12/05
ISBNコード : 978-4-7741-6131-0
【出版社からの内容紹介】
ようやくあなたの素粒子に対するイメージが具体的になる!

【特徴】
shoei.gif 「明解 量子宇宙論入門」

吉 田 伸 夫 著
講談社
定価 3,990円(税込)(←高くて本当にすみません)
発売日 : 2013/03/30
ISBNコード : 978-4-06-153285-4
【出版社からの内容紹介】
宇宙の謎に迫る現代の物理学。最新理論が予言する壮大な宇宙モデルは、どこまで正しいのか? どのような観測で検証できるのか? 急速に発展を続ける量子宇宙論を、最低限の予備知識をもとに、わかりやすく説き明かす。

【特徴】
tosho4.gif 「明解 量子重力理論入門」

吉 田 伸 夫 著
講談社(講談社サイエンティフィク)
定価 3,150 円(税込)(←高くてすみません)
発売日 : 2011/07/25
ISBNコード : 978-4-06-153275-5
【出版社からの内容紹介】
なぜ重力の量子化が困難なのか? 量子重力理論は,何を解決しようとしているのか? ループ量子重力理論とは,超ひも理論とは,どのような理論なのか? 学部学生程度の物理学から出発し,量子重力理論という最先端へ読者をいざなう.専門書を読む前の,はじめの一歩に最適な入門書.

【特徴】
スキャナー画像 「思考の飛躍 アインシュタインの頭脳

吉 田 伸 夫 著
新潮社(新潮選書)
定価 1,155 円(税込)
発売日 : 2010/05/25
ISBNコード : 978-4-10-603660-6
【出版社からの内容紹介】
光量子論、ブラウン運動、特殊相対論、一般相対論……。20世紀の初頭にアインシュタインはなぜ、かくも革命的な理論を次々と構築できたのか。そして後年、量子力学を執拗に批判し、統一場の理論を夢見つづけたのはなぜか。光と重力と四次元を解き明かし、物理学の世界を一変させた天才の頭脳。その発想法と思考術の秘密に迫る。

【特徴】
書籍スキャナー画像 「日本人とナノエレクトロニクス 世界をリードする半導体技術のすべて
吉 田 伸 夫 著
技術評論社
定価 1,554 円(税込) (←少し高いという声もありますが)
発売日 : 2009/12
ISBNコード : 978-4-7741-4038-4
【内容紹介】
◇本書のことが、「日経サイエンス」の「森山和道の読書日記」(2010年3月号p.122)で紹介されています。
今度はスキャナーを使いました 「光の場、電子の海 量子場理論への道
吉 田 伸 夫 著
新潮社(新潮選書)
定価 1,260 円(税込)
発売日 : 2008/10/25
ISBN-10 : 4106036223
【内容紹介】
わざわざ自分でデジカメ撮影した画像 「宇宙に果てはあるか」

吉 田 伸 夫 著
新潮社(新潮選書)
定価 1,155 円(税込)
発売日 : 2007/01/25
JAN/ISBNコード : 4106035766
【出版社からの内容紹介】
始まりは? 大きさは? ブラックホールとは? アインシュタインからホーキングまで、宇宙をめぐる12の謎に挑んだ科学者たちの思考のプロセスをたどる。

【特徴】
separate.gif
このページについて
◆「閲読上の注意」と「制作者からの告知」は内容が古くなったので削除しました
◎ このページへのリンクは自由ですが、できるだけトップページ (index.htm) にリンクを張って下さい。
◎ ご意見・ご質問は、 yoshida@js5.so-net.ne.jp  までメールをお願いします。

separate.gif
この世界についての仮説
(同じ著者による独立したページ)

©Nobuo YOSHIDA