久保陽子 [Yoko KUBO] ヴァイオリン


久保陽子3歳より父の手ほどきを受け、その後、折田泉、村山信吉、J.イスナールおよび斎藤秀雄らに師事。

1962年桐朋女子高等学校音楽科卒業と同時にチャイコフスキー国際コンクール第3位入賞。1963年よりフランス政府給費留学生としてパリに留学しR.ベネデッティ、J.カルヴェに師事。1964年パガニーニ国際コンクール、1965年ロン=ティボー国際コンクールにて第2位。1967年からJ.シゲティに師事。その後クルチ国際コンクール第1位。

ソリストとして世界的な演奏活動をする他、ピアニスト弘中孝と共に桐五重奏団、久保陽子トリオまたジャパン・ストリング・クヮルテットを主宰するなど室内楽奏者としても活躍中。

レコーディング風景これまでにCD『J.S.バッハ/無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ全6曲』、『ブラームス/ヴァイオリンとピアノのためのソナタ全3曲』、『ベートーヴェン/ピアノ・トリオ第7番大公、ブラームス/ピアノ・トリオ第1番』、『パガニーニ:カプリース全24曲』をリリース、いずれも高い評価を得ている。


弘中 孝 [Takashi HIRONAKA] ピアノ


6歳からピアノを始め、東貞一、井口愛子、井口基成の諸氏に師事。桐朋学園に学ぶ。日本音楽コンクール第1位、特賞ならびに安宅賞を受賞。その後ヴァン・クライバーン国際コンクール入賞。シフラ国際コンクール第1位、ロン=ティボー国際コンクール第4位入賞。

1963年から1965年フルブライト給費留学生としてジュリアード音楽院に留学。S.ゴロニツキー教授に師事。1966年から1969年マルセイユ音楽院にてP.バルビゼ氏に師事。

1969年より本格的な演奏活動に入り、国内外で活躍。オーケストラとの共演を始め、リサイタルや室内楽の分野でも、1974年結成した桐五重奏団を中心に充実した活動を展開している。また国際コンクールの審査員に招かれたり、音楽祭ディレクターを務めるなど多彩な活動を続けている。

現在、東京音楽大学教授。2007年初ソロCD「ブラームス:ピアノ作品集」をリリース。

久保陽子トリオ [Kubo Yoko Trio]


久保陽子トリオ)

2005年結成。いずれも桐朋学園出身、故斉藤秀雄氏の教えを受け、40年余りソロ、室内楽を中心に演奏を共にして来た旧知のメンバー。音楽家として培ってきた感性、技術、経験がトリオの演奏に如何なく発揮されている。

2006年春トリオとして初CD『ベートーヴェン:ピアノ・トリオ第7番変ロ長調作品97「大公」,ブラームス:ピアノ・トリオ第1番ロ長調 作品8』をリリース。世界的にも稀な常設のピアノ・トリオとして今後も期待が寄せられる。

2006〜2007年浜離宮朝日ホールにてピアノトリオ名曲集シリーズ、2008年〜2009年ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲全曲演奏会は各方面より高い評価を得る。




久保陽子 [Yoko KUBO] ヴァイオリン

3歳でヴァイオリンを始める。桐朋学園女子高等学校音楽科在学中に、ジャンヌ・イスナール、斎藤秀雄に師事。1962年チャイコフスキー国際コンクール第3位、パガニーニ国際ヴァイオリン・コンクール、ロン・ティボー国際コンクールで第2位にそれぞれ入賞後、スイスで巨匠ヨーゼフ・シゲティに師事。クルチ国際コンクール第1位。弘中孝と共に桐五重奏団を結成し、1974年民音室内楽コンクール入賞、斎藤秀雄賞受賞。現在、東京音楽大学教授。

堀 了介 [ Ryosuke HORI ] チェロ

8歳より斎藤秀雄にチェロを師事。1967年桐朋学園大学オーケストラ研究生在学中、第36回日本音楽コンクール第1位入賞。1969 年、ヴィーン・コンセルバトリュームに入学、ニコラウス・ヒューブナーに師事。最優秀賞を得て卒業後、ジュネーヴにてピエール・フルニエに師事し、研鑚を積む。帰国後、NHK交響楽団に入団、1979年に退団するまで首席奏者を務める。数多くの主要オーケストラと共演の他、室内楽奏者としても国内の音楽祭を始め、海外においてもザルツブルク、プラハ、フランス国内の音楽祭に出演。現在、東京音楽大学教授として後進の指導に当たる傍ら、水戸室内管弦楽団の常任メンバーであり、倉敷音楽祭、木曽音楽祭、サイトウ・キネン音楽祭にも参加。また日本音楽コンクール他、数多くのコンクールにて審査員を務めている。

弘中 孝 [Takashi HIRONAKA] ピアノ

6歳からピアノを始め、東貞一、井口愛子、井口基成の諸氏に師事。桐朋学園に学ぶ。日本音楽コンクール第1位、特賞ならびに安宅賞を受賞。その後ヴァン・クライバーン国際コンクール入賞。シフラ国際コンクール第1位、ロン=ティボー国際コンクール第4位入賞。1963年から1965年フルブライト給費留学生としてジュリアード音楽院に留学。S.ゴロニツキー教授に師事。1966年から1969年マルセイユ音楽院にてP.バルビゼ氏に師事。 1969 年より本格的な演奏活動に入り、国内外で活躍。オーケストラとの共演を始め、リサイタルや室内楽の分野でも、1974年結成した桐五重奏団を中心に充実した活動を展開している。また国際コンクールの審査員に招かれたり、音楽祭ディレクターを務めるなど多彩な活動を続けている。現在、東京音楽大学教授。 2007年初ソロCD「ブラームス:ピアノ作品集」をリリース。

ジャパン・ストリング・クヮルテット [Japan String Quartet ]


Japan String Quartet (ジャパン・ストリング・クヮルテット)

1994年、国際交流基金による日本文化紹介派遣事業の一環として「クボ・クヮルテット」はフランスと中近東を巡演、各地で好評を博した。この成果をもとに翌1995年「ジャパン・ストリング・クヮルテット」を結成。

創立時からベートーヴェンの弦楽四重奏曲の全曲演奏を目的に掲げて研鑽を積み、1995年から3年間計6回にわたり東京・津田ホールで定期公演を行い、演奏の模様がNHKで放映されるなど、多くの室内楽ファンの注目を集めた。

2000年より再びベートーヴェンの魅力の新しい発見を目指し、弦楽四重奏曲全曲演奏に挑み始めた。この活動を主軸に、異なる作曲家の弦楽四重奏の名作にも取り組むなど意欲的な活動を続けている。

 

久保 陽子 [Yoko KUBO] 第1ヴァイオリン

3歳でヴァイオリンを始める。桐朋学園女子高等学校音楽科在学中に、ジャンヌ・イスナール、斎藤秀雄に師事。1962年チャイコフスキー国際コンクール第3位、パガニーニ国際ヴァイオリン・コンクール、ロン・ティボー国際コンクールで第2位にそれぞれ入賞後、スイスで巨匠ヨーゼフ・シゲティに師事。クルチ国際コンクール第1位。弘中孝と共に桐五重奏団を結成し、1974年民音室内楽コンクール入賞、斎藤秀雄賞受賞。現在、東京音楽大学教授。

久合田 緑 [Midori KUGOTA] 第2ヴァイオリン

東京芸術大学在学中の1968年にJ.D.ロックフェラー3世財団などのスカラシップを得て渡米。ジュリアード音楽院、インディアナ大学に学ぶ。東儀祐二、鷲見三郎、服部豊子、I.ガラミアン、J.ギンゴールド、F.グッリ、I.スターンに師事。1976年より日本での演奏活動を始め、日本テレマンアンサンブルのソリストとして活動した後、「久合田緑弦楽四重奏団」を1994年まで主宰。現在、京都市立芸術大学教授、大阪音楽大学講師。

菅沼準二 [Junji SUGAWARA] ヴィオラ

ヴァイオリンを岩崎洋三、ヴィオラを井上武雄に師事。東京芸術大学専攻科修了。巖本眞理弦楽四重奏団に長く在籍、ヴィオラ奏者としての力量を認められる。第7回毎日芸術賞、芸術祭賞、レコードアカデミー賞、第22回芸術選奨文部大臣賞、モービル音楽賞、その他受賞多数。1976年から90年までNHK交響楽団首席ヴィオラ奏者を務める。1989年第9回有馬賞受賞。現在、東京芸術大学名誉教授、沖縄県立芸術大学客員教授。紀尾井シンフォニエッタ東京メンバー、オホーツク音楽祭in紋別ディレクター。

岩崎洸 [Koh IWASAKI] チェロ

11歳より斎藤秀雄に師事。桐朋学園高校を経て、アメリカのジュリアード音楽院に留学。 レオナード・ローズ、ハーヴィー・シャピロ、パブロ・カザルスに学ぶ。ヤング・コンサート・アーティスト・オーディションをはじめとし、カサド、チャイコフスキーなどの国際コンクールに上位入賞。沖縄ムーン・ビーチ・ミュージックキャンプ&フェスティバルのディレクター、倉敷市文化振興財団音楽プロデューサーなどを務める。現在、桐朋学園大学院大学教授。

桐五重奏団 [Kiri Quintet]


弘中 孝 [Takashi HIRONAKA] ピアノ

6歳よりピアノを始め、東貞一、井口愛子、井口基成の各氏に師事。桐朋学園に学ぶ。日本音楽コンクール第1位、特賞ならびに安宅賞を受賞。その後ヴァン・クライバーン国際コンクール入賞。シフラ国際コンクール第1位、ロン=ティボー国際コンクール第4位入賞。1963年から1965年フルブライト給費留学生としてジュリアード音楽院に留学、S.ゴロニツキー教授に師事。

1966年から1969年マルセイユ音楽院にてP.バルビゼ氏に師事。69年より本格的な演奏活動に入り、国内外で活躍。オーケストラとの共演を始め、リサイタルや室内楽の分野でも、1974年に結成した桐五重奏団を中心に充実した活動を展開している。また国際コンクールの審査員に招かれたり、音楽祭ディレクターを務めるなど多彩な活動を続けている。現在、東京音楽大学教授。

久保 陽子 [Yoko KUBO]  ヴァイオリン

3歳より父の手ほどきを受け、その後、J.イスナール、および斎藤秀雄らに師事。1962年桐朋女子高等学校音楽科卒業。同年チャイコフスキー国際コンクール第3位入賞。1963年よりフランス政府給費留学生としてパリに留学、R.ベネデッティ、J.カルヴェに師事。1966年マルセイユ音楽院ディプロマコースを卒業、同時に名誉市民のメダルを授与される。1964年パガニーニ国際コンクール、1965年ロン=ティボー国際コンクールにて第2 位。1967年からJ.シゲティに師事。その後クルチ国際コンクール第1位。

ソリストとして世界的な演奏活動をする一方、ピアニスト弘中孝と共に桐五重奏団、久保陽子トリオまたジャパン・ストリング・クヮルテットを主宰するなど室内楽奏者としても活躍中。CD「J.S.バッハ/無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ全6曲」「ブラームス/ヴァイオリン・ソナタ全3曲」他をリリース、いずれも高い評価を得ている。現在、東京音楽大学教授。

中村 静香 [Shizuka NAKAMURA] ヴァイオリン

桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部卒業。全額スカラシップを受けアスペン音楽祭に参加。文化庁芸術家派遣在外研修員として、ジュリアード音楽院に留学。第52回日本音楽コンクール第一位。及び増沢賞、レウカディア賞、黒柳賞受賞。第29回海外派遣コンクール特別表彰。第3回日本国際音楽コンクール入賞。故・鷲見三郎、海野義雄、小林健次、川崎雅夫、ドロシー・ディレイの各氏に師事。NHK交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京都交響楽団等、各オーケストラと共演。1994年より1999年まで、旧奏楽堂に於いてベートーヴェン・ヴァイオリン・ソナタ全曲連続演奏会全 10回を開催し、併せて邦人作曲家の作品も積極的に紹介する。また、2年に1度開く自主公演のリサイタルは、意欲的なプログラムで注目され、ソリストとして新境地を開いている。ヴィオリストとしては、2003年に大垣音楽祭でソロ・デビューを果し、また、2005年に結成したトリオ・ジョワイユーでも、ヴィオラを担当している。現在、トリオ・ジョワイユー、桐五重奏団、水戸室内管弦楽団、サイトウ・キネン・オーケストラのメンバー。ソロ、室内楽で活躍している他、フェリス女学院大学で後進の指導にも当たっている。

店村 眞積 [Mazumi TANAMURA] ヴィオラ

京都出身、東儀祐二、鷲見三郎、江藤俊哉の諸氏に師事。学生コンクール、日本音楽コンクールなど受賞歴を重ね、桐朋学園を経て1976年イタリアに渡り、P.ファルッリ氏に師事。その後、指揮者R.ムーティ氏に認められ、フィレンツェ市立歌劇場の首席ヴィオラ奏者となる。1977年ジュネーヴ国際音楽コンクールヴィオラ部門第2位入賞。以後1984年5月に帰国するまで、ヨーロッパ各地でソリスト及び室内楽奏者としても活躍。6月より読売日本交響楽団にソロ・ヴィオリストとして入団。一方、ソリストとして多くのオーケストラと共演。サイトウ・キネン・オーケストラ、水戸室内管弦楽団メンバーであると同時に、ヴィオラのフェスティバル「ヴィオラスペース」へもコアメンバーとして毎年参加。日本を代表するヴィオラ奏者として、室内楽やソロの分野でも幅広い活躍を展開、CDも数多くリリースしている。また、桐朋学園大学で、後進にも力を注いでいる。2001年6月よりNHK交響楽団ソロ・ヴィオリストに就任し、現在に至る。

毛利 伯郎 [Hakurou MORI] チェロ

10才よりチェロを始める。上原与四郎氏、桐朋学園、ジュリアード音楽院で青木十良、H.シャピロ両氏に師事。室内楽をR.マン、S.ローズ、 F.ガリミア諸氏に師事。ジュリアード在学中より、ニューヨークを中心として演奏活動を開始。ワシントンD.C.ケネディーセンターのシアター・チェンバー・プレイヤーズのメンバーとして、又、シークリフ・チェンバー・プレイヤーズ、カンティレナ・ピアノカルテットなど数多くのグループのメンバーとしてコンサート、レコーディングなど多彩な活動をするかたわら欧米各地の音楽祭に数多く出演。ニューヨーク、フィラデルフィア、インディアナの各地で後進の指導にも意欲的に当たる。1985年帰国、読売日本交響楽団ソロチェリストに就任。東京ピアノ・トリオ、ATMアンサンブル、水戸カルテット、ナーダ、その他多くのシリーズのメンバー、ゲストとして出演、好評を博す。桐朋学園大学教授。