[ トップページへ | 目次へ ]

逐次走査方式

(Step Scanning Method)[AAC][e-AT]

ステップスキャン方式」を参照のこと.

目次

知的障害

(Mental Disability)[障害]

健常児の知能を基準とする言語性・動作性の知能検査により分類され,知的機能に広汎に障害のあるものをさし,具体的にはIQが75以下の場合を知的障害とすることが多い.知的障害の原因には遺伝・染色体異常・病気・事故などかある.知的障害のある方が問題行動を起こしてしまうことがあるが,その原因としては「理解ができない」「見通しが立たない」などが挙げられるため,そのためにe-AT機器を用意した方がよい場合がある.

参考サイト:
 日本知的障害者福祉協会
 日本知的障害福祉連盟
 知的障害 (Wikipedia)
 知的障害者 (はてな)

目次

知能

(Intelligence)[教育][医療]

人間は自分の回りの環境の利用に関する複雑さや,社会生活の複雑さを認識し,将来を見通して適切に対処するための能力のこと.知能は言語・計算・注意・空間認知・運動などさまざまな高次脳機能によって成り立っている.

参考サイト:
 知能 (Wikipedia)

目次

チャット

(Chat)[NET]

もともとはパソコン通信で行なわれていた文字を使用してリアルタイムの会話を行なうシステムのことであり,現在ではインターネットブラウザや専用のソフトウェアを用いて行なうことができる.

目次

チュートリアル

(Tutorial)[PC]

パソコンのハードウェアやソフトウェアの操作方法,使用方法や解説が書かれている教材のこと.書面やソフトウェアで提供されたり,Web上に掲載されていることがある.

目次

聴覚スキャン

(Auditory Scan)[AAC][e-AT]

音声スキャン」を参照のこと.

目次

聴覚障害

(Hearing Disability)[障害]

聴覚が低下している難聴の状態か全く活用できないろうの状態の障害.難聴の定義はいくつかあるが,WHOは軽度(26〜40dB),中等度(41〜55dB),準重度(56〜70dB),重度(71〜90dB),最重度(91dB〜)と定義している.また,身体障害者福祉法では両耳の聴力の程度が70dB以上を聴覚障害者と定義しており,程度により2級(100dB〜),3級(90dB〜),4級(80dB〜),6級(70dB〜)にレベル分けされる.難聴の種類は「伝音難聴」「感音難聴」と両方が混じった「混合性難聴」の3種類に分けられる.

参考サイト:
 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会
 全日本ろうあ連盟
 聴覚障害者 (Wikipedia)
 聴覚障害 (はてな)

目次

聴覚障害者用屋内信号装置

[e-AT][福祉]

呼び出し装置」を参照のこと.

目次

聴覚障害者用情報受信装置

[e-AT][福祉]

字幕放送」「文字放送」を参照のこと.

目次

聴覚障害者用文字電話

(Telecommunication Devices for the Deaf)[AAC][e-AT]

TDD」を参照のこと.

目次

重複障害

(Multiple Disability)[障害]

複数の障害がある状態.肢体不自由知的障害を併せ持っている場合や,視覚障害聴覚障害を併せ持っている場合(盲ろう)などさまざまな場合がある.

目次