トップペ−ジ写真集  
   
カラカサタケ(崎野自然公園 平成26年10月11日)

 この日、長与町図書館「自然観察会」主催の植物観察会を、崎野自然公園で行いました。傘は成長すると弾力性のある綿状になり、傘をにぎってもはなすともとの形にもどることから「ニギリタケ」の名前が生まれたそうです。従来から食用とされ、天ぷら、炒め物、きのこ汁等加熱した上で利用されますが、生食は消化器系の中毒を起こすようです。
   きのこ・雲仙・白雲ノ池(平成26年9月15日(月))

 ニガイグチ属のきのこが目当てだったのですが、イグチは少なかったです。全体的に少なかったですが、シロハツモドキ、カワリハツ、シュイロハツ?、チャナバが多量にありました。ヒメベニテングタケが数個体ほどありました。

←写真:カッパツルタケ

 詳しくは、下記ブログまで。
  http://blogs.yahoo.co.jp/yamagawa1957/40496458.html
 飛行機雲による十字路です。

 飛行機雲はよく見ますが、こんなに交差するのはあまり見ないので感動しました。

 ナウマンゾウ?の臼歯化石


 平成26年8月23日、
長崎市科学館で行われた「夏休み作品同定会」に持ち込まれたものです。
 南島原市口之津町沖で、スキュ−バ−ダイビングをしている時に、海底から見つけられたそうです。