ムジナタケ (ハラタケ目ヒトヨタケ科ナヨタケ属)
・傘  初め半球形からまんじゅう形、後には平たいまんじゅう形
   から平らに開く。色は茶褐色で表面は繊維状鱗片で密に
   おわれる。表面は、「アナグマ」「タヌキ」の毛皮を連想させ
   る。
    縁部に被膜の名残あり。幼菌時の皮膜は成菌になってか
   らも傘の縁に残る。

・ひだ  初め紫褐色で後には黒紫褐色になる。並び方は密で柄
   に上生から直生する。

・柄  淡褐色で褐色のささくれでおおわれる。上部に白色のつ
   ばをもつが、胞子が成熟すると落下した胞子で黒色をおび
   るようになる。
    中空、不完全な綿屑状のツバがある。