カワリハツ(ハラタケ目ベニタケ科ベニタケ属)
・梅雨時から秋にかけて様々な樹種の林内地上に発生する。
・カワリハツという名のとおり傘の色の変異が非常に大きく、本当に同じ種類のきのこかと思わされることもある。また、雨の少
 ない年でも発生し、きのこ採りの対象としてもあまり重視されないが、味はそれほど悪くはないらしい。
・傘は初めまんじゅう形で,後にはほとんど平らに開く。
・表面の色は紫色、緑色、淡紅色などきわめて変化に富む。
・ひだは白色からクリーム色で並び方はやや密。柄に直生かまたはやや垂生する。
・柄は白色で根もとがやや細まる場合もある。柄を押すとサクサク感があり,割れやすい。