ヒイロタケ(ヒダナシタケ目タコウキン科シュタケ属)
・春〜秋、広葉樹の倒木、枯れ枝上に発生。
・傘径6〜7cm、傘、管孔の色も朱紅色。老菌になると褪色して、白っぽくなる。
・裏側の管孔が小さい

  ※これとよく似たキノコにシュタケがある。
     シュタケは北方系のキノコで、管孔がヒイロタケのように緻密でなく、大きいので区別はつく。