ツエタケ?(ハラタケ目キシメジ科ツエタケ属)

    ひだが柄に垂生しているので,ツエタケではないような気がしますが。どなたか教えて下さい。
  

      ・夏から秋にかけて各種の広葉樹やアカマツ、竹
 などの林内地上に発生する。

・細長い姿を杖に見立てての命名である。柄の根
 もとは深く地中に入りこみ、掘っていくと時には
 40cm近くの長さになることもある。

・傘は初め半球形からまんじゅう形で後には平ら
 に開くが、中央部は山形にふくらむ。

・色は淡灰褐色から淡褐色で表面には多くのシ
 ワがある。湿っている時はぬめりがある。

・ひだは白色で並び方は疎。柄に直生から上生
 する。

・柄は細長く、傘とほぼ同色で上部はやや淡色と
 なる。根もとは土の中に深く入りこむ。