タモギタケ−土産用−(ハラタケ目ヒラタケ科ヒラタケ属)
・名の通り、ヤチダモなどの倒木や切り株によく生えるきのこなので、そういった木がある場所に出向かないと出会えな
 いかも。そのほかニレ、ナラ、カエデなどに出る、と図鑑には書いてある。
・傘は円形で平らに開き,中央部がくぼみラッパ状になる。
・表面は平滑,鮮黄色〜淡黄色。
・ひだは柄に長く垂生し,やや疎,白色のち多少黄色みを帯びる。
・柄はほぼ中心生,基部でお互いに癒着し,またしばしば数回分岐する。   ※栽培化されている食菌。
        
             商品名「ゴ−ルデンシメジ 」