ヌメリツバタケ(ハラタケ目キシメジ科ツエタケ属)
・夏から秋にかけてブナやナラ類の枯れ木上に発生する。
  近縁のヌメリツバタケモドキは日本特産といわれていて、ひだに著しいしわがあることが特徴となっている。どちらのきのこ
  も同じように食用になる
・傘は初め半球形からまんじゅう形で後には平らに開く。
・表面の色は灰褐色から白色で強いぬめりがある。
・ひだは柄に直生からやや上生気味で、並び方はややあらい。
・色は白色。
・柄は淡紫褐色から白色で繊維質で固く、つばをもつ。