ヒロヒダタケ(ハラタケ目キシメジ科ツエタケ属)
   ・ハラタケ目のキノコには,傘の裏にヒダを持つもの
 が多い。その名の通り,ヒダは傘の肉の厚みに比
 べて幅広である。
・傘の表面はシックな感じの銀灰色の繊維模様。

・夏から秋にかけて広葉樹の朽ち木上やその周辺の
 地面に群生する。
・柄は丈夫で硬い。
・傘は初め丸山形で後に開いて平らとなり、中央部は
 ややくぼむ。
・色は灰褐色から黒褐色で放射状の繊維紋がある。
・ひだは幅が広く白色で、時として、灰褐色のふちどり
 がある。並び方は疎で柄に湾生する。
・柄は白色または淡灰色で表面は繊維状。根もとに白
 色で糸状の束になった菌糸がつく。