ヒマラヤヒラタケ−土産用−(ハラタケ目ヒラタケ科ヒラタケ属)
・ヒラタケに類似するが、ヒラタケとは交配せず、ウスヒラタケとの
 交配が可能であることから、ヒラタケよりはむしろウスヒラタケ
 の仲間(亜種)のキノコである。
・一般的なウスヒラタケに比較して、傘の大きさが5〜15cmとか
 なり大型で(ヒラタケよりも一回り大型)、傘肉も厚くしっかりして
 おり、傘の色も灰褐色と濃く、外観的にはヒラタケに近い形状を
 している。
・ヒラタケに比べ発生時期が春〜秋と広範囲で、子実体の発生温
 度幅が広いことなどが大きな特徴である。

・ヒマラヤヒラタケは栽培が簡単で、高温でも発生する優秀な食
 用きのこであることから、日本においても今後の消費の伸びが
 期待される。