大瀬戸町福島海岸(海水浴場周辺)の西彼杵層群蛎浦層
fukushima01.jpg (30202 バイト)

海水浴場側(南東側)に地層が傾斜しています。
つまりこの場所から海水浴場に近づいていくにしたがい,地層の上位になることになります。

fukushima02.jpg (13235 バイト)

  海水浴場の南側の磯です。ここには,西彼杵層群蛎浦層の砂岩層が露出しています。蛎浦層の地層は,下部の“マカロニ砂管層”と上部の“蛇ノ目砂管層”に分けて考えることが多いです。     蛎浦層はおもに砂岩からできていて,貝化石・砂管(サンドパイプ)などを含み,とくに上部は著しく石灰質になっています。この石灰質の部分にできたのが,七釜鍾乳洞です。れき岩層もはさまれますが,泥岩層は一般的に少ないです。

fukushima03.jpg (19764 バイト)

  海水浴場北岸の磯です。左側(西側)から崎戸層板浦層,蛎浦層と時代が新しくなります。つまり,地層が右側(東側)に傾斜しているからです。しかし,3地層の境界ははっきりしません。
 ここの蛎浦層から,動物の骨の化石を採集しました。