玄武岩の岩脈  
場 所 :西彼杵郡大瀬戸町高帆山西海岸

 約8800万年前頃の中生代白亜紀の終わり頃にできたかこう岩の割れ目に,約800万年前の玄武岩マグマ(黒い部分)が割り込んで(貫入)いる様子が観察できます。
 柳海岸から南西へ約1.5km,海岸沿いに歩いたところにあります。
  所:佐世保市黒島串の浜海岸

 黒島の西端の海岸部に位置し,干潮時に現れる砂岩と泥岩でできた広い波食台に,地層の割れ目に縦に入り込んだ(貫入)玄武岩が帯状に3列平行に並んでいる様子が観察されます。
  所:北松浦郡福島町里海岸

 福島町里海岸では,砂岩の割れ目にそって入り込んだ(貫入した)玄武岩が,帯状にのびているようすがよくわかります。
 この玄武岩は,沖合にある南北80m,東西30mほどの弁天島まで続いています。
  所:北松浦郡福島町櫃崎海岸

    福島町の西側に位置し,ここの砂岩の海食台の割れ目に玄武岩が入り込み,帯状になっているのが観察できます。
 この岩脈の先の方には玄武岩がこぶ状(15m×11m)に盛り上がっています。このようになっている岩脈はとても珍しいものです。