「すべて新品でST管並四ラジオを作ろうかな?」プロジェクト


 男の自由時間「真空管ラジオ・アンプ作りに挑戦!」では、秋葉原で入手できる希少中古部品を集めてST管5球スーパーを作るという、製作記事が掲載されていました。(その本を読んだ読者の方々は、その製作記事のラジオを組み立てたり、真空管ラジオのキットを捜している様ですね・・・。)
 そこで僕はそれに対抗(?)して無謀にも、「すべて新品でST管並四ラジオを作ろうかな?」プロジェクトを立ち上げようと考えたのでありました!よい子は決してまねをしないでね・・・? ( -_-) キットも良いですが、部品を集めて作ったラジオの方が、愛着がわくと思いますヨ!僕が今まで部品を集めて、組み立てたラジオ等はこちらです。

並四ラジオの参考回路図はこちらです。


まず肝心の真空管から。左からUZ−6C6(ナショナル)、UY−76(ベスト)、6Z−P1(マツダ)、KX−12F(マツダ)のそれぞれ箱入りの新品です。しばらくラジオの修理をやっているうちに、いろいろと集めた物ばかりです。秋葉原で新品を揃えようとすると、真空管だけで2万円近くするかもしれませんねぇ?(ちなみにこれらの真空管は、現在新品でそれぞれ3〜5本、中古ではそれぞれ15〜27本の手持ちがあります。僕の所では、真空管等は販売はいたしません。)


次に、主要部品です。左から豆コン(メーカー不詳)、並四コイル(スター製)、並四用電源トランス(東栄変成器製)、30H/30mAチョークコイルと12KΩ:8Ωの出力トランス(ノグチトランス販売東栄変成器製)、22μF+10μF+2.2μF/350Vのブロック型電解コンデンサー、といずれも貴重な物ばかりです。袋打ちコードと丸形電源プラグ(ナショナルWH4000)も新品で揃えました。トランス類と電源コードを除くと、いずれも現在では新品は極めて入手困難です。(並四コイルはミズホ通信製の復刻版なら新品で入手が可能ですが・・・)


シャーシーはミズホ通信製の新品並四用穴あき済みS−4を使う事にしました。(楽をしてしまいました・・・。)これは現在でも入手が可能で、助かります。真空管ソケットは4・5・6ピン(UX,UY,UZ)は現在でも新品で入手が容易ですが、7ピン(Ut)は新品での入手は非常に困難です。この並四ラジオには使用しませんので、良いのですが。


秋葉原から買ってきた365pFの単連バリコン(米国Philmore社製)、シールドケース、トップグリットキャップ(アノードキャップ)です。シールドケースは通常の物は新品で入手が困難なので、2分割式のシールドを購入してきました。これで主要部品はすべて新品で揃った事になります。後必要な物は抵抗やコンデンサー類など細かな部品だけです。


シャーシーにおおまかな部品を取り付けてみました。やはりすべて新品なので、普段見慣れている汚れたラジオに比べると雲泥の差です・・・。これなら部屋の中で組み立てても汚くならないので、これから冬に向かって、最適です・・・? ( ^_^ ;)v 並四コイルは、スター製を使うのがもったいないので、別の新品を使う事にしました。穴あきシャーシーは楽ですねぇ・・・?


内部の電気配線が完了したところ。きれいに組み上がりました。結局、低周波チョークコイルは高いので、抵抗で代用する事にしました。


とりあえず、バラック仕立てで鳴らしてみました。新品のST管ラジオは、大変貴重ですね!キャビネットに入れるか、前面パネルを作ってラジオらしくするか、どちらかにしなくては・・・。


裏面の様子。真空管も新品なんで、綺麗です!


組み立てが完成したところ。前面パネルは渋く、黒に塗装してみました。バーニアダイアルを取り付けて、かっこいいです!タイトルやスイッチの表示には、自分が好んで使うコムデック社製の銘板革命を使用してみました。これはなかなか便利で綺麗に仕上がります。新品の真空管を使うのはもったいないので、飾ってながめてます・・・。( -_-) その後シャーシー下部には、感電防止の為に、アルミでカバーを取り付けました。

・・・という訳で、やっと完成しました。ご意見・ご感想もお待ちしております。どなたか同じ物を作った方がおられましたら、是非とも感想などお待ちしております!

読者様の真空管ラジオのページでは、読者の方々が修理した真空管ラジオや、自作した真空管ラジオ等を紹介したいと思います。お持ちの方はコメントと写真(サイズの小さい物)を、メールにて是非ともお送りください!御自慢の作品をお待ちしております!よろしくお願いします!

参考までに、現在東京・秋葉原で主要部品の入手できると思われる販売店を紹介します。(希少品なので、売り切れの場合もあります。)
僕も、各店舗も、部品の在庫を保証するものではありません!オークションハムフェアでも入手できる場合があります。
僕の集めた部品と全く同じではありません。(特に真空管は、新品の入手は困難です。)
一部、回路図と定数や部品構成が異なっています。(回路図どおりに組み立ててはおりません。あくまで参考です。アレンジして組み立てました。)
価格はあくまでも参考であり、店によって多少違います。(値段は正確ではありません。税抜き価格です。)
関西では、部品は大阪・日本橋の東京真空管商会スーパービデオ(お店は現在移転しました)、デジット共立電子などで入手出来ると思います。

品   名 規   格 個数 入 手 先 参考税抜き価格
真空管(中古) UZ-6C6(再生検波) 1本 キョードー内田ラジオ、他 2,500円〜
真空管(中古) UY-76(低周波増幅) 1本 キョードー内田ラジオ、他 2,500円〜
真空管(中古) 6Z-P1(電力増幅) 1本 キョードー内田ラジオ、他 2,500円〜
真空管(中古) KX-12F(片波整流) 1本 キョードー内田ラジオ、他 2,500円〜
真空管ソケット UX(4ピン) 1個 キョードー、他 350円
真空管ソケット UY(5ピン) 1個 キョードー、他 350円
真空管ソケット UZ(6ピン) 2個 キョードー、他 350円
グリットキャップ UZ-6C6用 1個 キョードー、他 500円
シールドケース UZ-6C6用 1個 キョードー、他 600円
電源トランス 並四用 1個 東栄変成器 2,500円
出力トランス 12KΩ:8Ω 1個 ノグチトランス販売東栄変成器 850円
アンテナコイル 並四用 1個 ミズホ通信内田ラジオ 1,500円
単連バリコン 365pF 1個 内田ラジオ 3,000円
ミゼットバリコン 100pF 1個 シオヤ無線電機商会 920円
シャーシー ST管、4球用 1個 ミズホ通信内田ラジオ 2,400円
可変抵抗器 500KΩA/SW付き 1個 千石電商瀬田無線、他 190円
ダイナミックスピーカー 12cm/8Ω 1個 シオヤ無線電機商会、他 300円
ブロック電解コンデンサー 22+10+2.2μF/350V 1個 科学教材社 300円
電解コンデンサー 10μF/50V 2個 瀬田無線、他
フィルムコンデンサー 0.0022μF/630V 1個 瀬田無線、他
フィルムコンデンサー 0.047μF/630V 1個 瀬田無線、他
フィルムコンデンサー 0.1μF/630V 1個 瀬田無線、他
セラミックコンデンサー 220pF/500V 2個 シオヤ無線電機商会、他
セラミックコンデンサー 100pF/500V 1個 シオヤ無線電機商会、他
カーボン抵抗 2MΩ/0.5W 1個 瀬田無線、他
カーボン抵抗 1MΩ/0.5W 1個 瀬田無線、他
カーボン抵抗 510KΩ/0.5W 1個 瀬田無線、他
カーボン抵抗 240KΩ/0.5W 1個 瀬田無線、他
金属被膜抵抗 47KΩ/1W 1個 瀬田無線、他
金属被膜抵抗 10KΩ/1W 1個 瀬田無線、他
金属被膜抵抗 3KΩ/1W 1個 瀬田無線、他
金属被膜抵抗 680Ω/2W 1個 瀬田無線、他
金属被膜抵抗 3KΩ/5W 1個 瀬田無線、他
ヒューズ&ホルダー 0.5A/125V 1組 瀬田無線、他
アンテナターミナル 赤・黒 1組 瀬田無線、他
電源コード 125V/7A 1本 瀬田無線、他
その他・・・ 一式 瀬田無線、他

PS.最近真空管ラジオキットをお探しで、僕のページをご訪問して頂く方が大変多いようですが、真空管ラジオのキットは現在ではあまり種類も無く結構高いです。キットを作るのもいいですが、このページの様に1つずつ部品を集めてラジオを作ってみては如何でしょうか?僕のようにすべて新品を集めるのは、ものすごく大変でお金も掛かりますが、中古品もまじえて部品を揃えたり、真空管もmT管を使用するなどすると、まだまだ現在でも比較的容易に部品を集める事ができます。是非ともチャレンジしてみてください!!!組み立てに関してのご質問やご相談もお待ちしております。ちなみにST管並四ラジオのキットは現在82,000円もするそうです。確かにかっこいいですが・・・。

読者様の真空管ラジオのページでは、読者の方々が修理した真空管ラジオや、自作した真空管ラジオ等を紹介したいと思います。お持ちの方はコメントと写真(サイズの小さい物)を、メールにて是非ともお送りください!御自慢の作品をお待ちしております!よろしくお願いします!