前のページに戻る ホームページへ 次のページへ

2000.08.23作成
2001.02.26更新

わたしの好きな「遠藤淑子」ワールドにようこそ!

第18章 新刊『狼には気をつけて』について
〜みなさんの声〜


(2000−08−23)ツクオギさん、さっそくの投稿ありがとうございました。
(2000−08−24)洋子さん、さっそくの投稿ありがとうございました。
(2000−08−28)ながやさん、投稿ありがとうございました。
(2000−08−30)中野かおりさん、投稿ありがとうございました。
(2000−11−15)さかもとちあんさん、投稿ありがとうございました。
(2000−11−20)みいさん、投稿ありがとうございました。
(2001−02−26)ちきーたさん、投稿ありがとうございました。


 二巻を読んで。 ツクオギさん
1巻では全然思わなかったんですが、2巻になってからアレクの「フォレスト君依存度」が上がってきたような。
うーーーーん。確かに子どもだけど、子どもでもしっかりしてるキャラとして読んでたのでちょっと違和感←(一太君みたいなね)。今回のテーマはそこなんだろうか・・・・。
遠藤先生の描く、対等な関係の人々のかけあいが好きなんだけどそういうことなら仕方ない。(でもアレク&フォレストは1巻当時の関係のほうが好きですな)
これからどうなっていくんだろ。気になるところです。

 

 2巻について 洋子さん
ツクオギさんのような印象を私も受けました。アレクがちょっと子供っぽかったような・・・(子供だけど)。今回の話も良かったんですが、アレクには大人顔負けの客観的視野と言動で大人達をぎゃふんと言わせ続けて欲しい。

 

 いい台詞でいっぱいですね ながやさん
こんにちは、投稿ははじめてです、ながやと申します。
モーレツなる遠藤先生のファンですが、このたびの作品もまたしてもやられたー、という気持ちでうれしくなりました。
今回は正直な台詞が多くてなんというか、きちんと言えるのは素晴らしいと今さらながら感慨深くなりました。絵のヌケ具合も非常に作品としてマッチしていて良かったです。アホのフリで目線がズレてるってのもミョーな具合で非常にハマっておりました。
今後もムイムイこのペースで快進撃してほしいものです。

 

 2巻読みました。 中野かおりさん
パパしかいなかったアレクに、フォレスト君の占める割り合いが多くなってきたんだな〜と思いました。
大人ぶっても子供ぶっても、アレクをアレクとして扱ってくれるから、信頼して甘えることもできるんでしょうね。
上記に『子供っぽくなった』との意見もありますが…。所詮はフォレスト君は雇われの身!
どんどん酷使されていくんでしょうねぇ…。その不幸さ加減がファンは楽しみです(笑)
しかし外国ものって資料集めが大変みたいですよね。大丈夫、裁判所に見えました(笑)

 

やっと読めました。 さかもとちあんさん
 やっと買いました。しかも古本でした(笑)。まぁいいや。楽しかったです。
★250円も出して買ったかい有り。でも『お星さまプリーズ』と『ストリート』かぶ
ってません・・・!?父子家庭なところとか・・。

 

みじかくなった?気のせいか? みいさん
 やっと出ましたね、新刊。本屋さんになかなかないので漫画が充実してる本屋さんに行って見たら出ていました。そっこー買っちゃいました。
 前より一話一話が短くなった気がするんだけど違うかなあ?そのせいかいつもよりさっさかと話が進んでたような気がしました。
 アレクとキースの関係って年が年なら信頼しあった恋人同士みたい。
 それにしてもやっぱ遠藤作品はよいですなー。

 

依存してこそ強くなる?! ちきーたさん
アレク、ほんとにキースに依存度高くなってると思います。
でも、いくら遠藤マンガのヒロインとはいえ、まだ12歳の女の子、依存しまくっていいんじゃないでしょうか。ツクオギさんが「今回のテーマはそこ?」っておっしゃってますけど、ほんとそうかもしれない。
人間には、人生のうちどこかで、泣いてわめいてわがまま言って、それを全面的に受け入れてもらう経験、というか記憶が必要なんじゃないのかとしみじみ思いました。普通は幼児のうちにすましてるでしょ、でもアレクは1歳で母親、6歳で父親から離れて生きてきたじゃないですか。学校の友達もアレだし。
アレクがキースに「かまってそばにいてどこにも行かないで!わたしさびしい!」ってぶちまけた時、本当にほっとしました。よかったね、って。
これからアレクがキースと恋人になろうと別れることになろうと、キースに受け止めてもらった記憶が心の底にある限り、アレクは自立して生きていけるようになった、・・・と思うのですがいかがでしょう。

 


前のページに戻る ホームページへ 次のページへ