> サイト一覧 > 詰将棋を解く / 先月の懸賞詰将棋
 

玉方/11玉、21桂、33銀、34銀、44銀/攻方/15歩、24龍、42と/持駒/飛金桂/

【作者】松本 誠

【正解】22龍、同銀、12飛、同玉、24桂、23玉、14金、33玉、32桂成まで9手。

【解答数】161名→誤解2名

★玉方3枚の銀が異彩を放つ初形。少し考えてみると、有効な攻めが少ないことに気付きます。

★持駒を使うなら14飛ですが、12歩合、同飛成、同玉、22金、同銀、14龍、13歩合、24桂、11玉くらいで手が切れます。もうひとつ有力なのが、思い切って21龍と切る手。しかし、以下同玉、13桂(31飛は12玉、24桂、同銀、32飛成、22歩合)、12玉、24桂、同銀、22金、同玉、32飛、13玉で詰みません。こうなったらしらみつぶし。かけられる王手をすべて試していけば、正解の22龍を発見することができます。

★2手目同玉は32飛で簡単なので、同銀と取ります。一見すると穴熊が強化されただけ。しかしその裏で、33銀が動いたことによる大きな弱点が生じました。5手目24桂が、その弱点を突く一打。あとは簡単な手順で詰みます。

★初手一発という言葉が相応しい作品。実戦風の初形ということもあって、最強の龍をタダ捨てする初手からは、かなりの意外性と迫力が感じられると思います。


◆「トップページ懸賞詰将棋」現在在庫0作……[12月以降]未定………皆様のご投稿をお待ちしております。

◆作品投稿はこちらから→【投稿フォーム……当ページ更新時点までの投稿作で、採否検討中のものを除き、採用予定にお名前がない場合は不採用となります。

(採否検討中=連絡可能な電子メールアドレスが記載されている作品には、必ずこちから採否をお伝えする返信メールをお送りしています。このメールが未着の場合「採否検討中」になります。毎月下旬にまとめて返信することが多いです。)


坂野孔一「これが詰むのかという感じ」

★驚かせたい時に出題したい作品。

藤崎博也「一見して 初手、2二竜捨てが見えたので、あっという間に解けました。今回はかなり早かったと思いますが、いつもそうとは限りません。」

★お見事!

南里憲司「初手が大胆」

タカシ「形を崩さず、2四に桂を打つのではないかと予想がついた。そこから龍捨てが浮かんだ。」

石原 守「銀を利用されないようにと考えていたので初手はあり得ないと思っていたのですが,他の王手が続かないので最後に考えてやっと解答できました。」

清水 有「1手目に竜と3手目に飛車を2枚共捨てる中々の詰将棋だあ〜」

★24桂が見えているので飛捨てに抵抗はありませんが、それでも立派な捨駒です。

有吉弘敏「初手面白い。良くこの初形で成立したと思う。」

鈴木康弘「「津軽半島最北端(=竜飛崎(先))というヒントはどうでしょう?」」

★ヒントには向きませんが(^^;、座布団1枚進呈。

ひいくん「一目で初手が見え、すぐ詰んだ。」

空蛙「なんとなく2四に竜がいるのは邪魔だと思いましたが、いきなり2二竜にはびっくりです。銀で取らせて2四への利きをなくすのもよくできています。」

キリギリス「初手に意表を突かれました。」

北原幹久「形からして2四桂を打ちたい。それにもっていくには先ず銀が2二に移動してもらわなければ…龍もどこかで動かなければ…と考えると、2二金と打ち銀を動かし、1二飛と捨て1四龍とずれて2四桂を実現する…だが、どうしても1枚足りない。しばらく考えて、あっそうか!と気づいた。その足りない1枚を節約する絶妙手2二龍。同玉と獲れないのがミソ。盲点を衝く大物捨てにしばし感動した作品であった。」

安井 進「竜王を いきなり捨てる 非常識」

野甚蔵「初形の三枚銀にまず圧倒された。いきなりの22龍にはビックリしたが、変化も適当(同玉には32飛)であとはすいすい解けて、今月も楽しかった。」

べら「初手の発見。桂馬の打ち場所から推測しました。」

高橋隆樹「初手の龍捨てと3手目の飛捨てが指し難い。24の龍が飛では紛れようがなくて悩まないかも?3枚銀のスクラムを嘲笑うような手筋が爽快でした。」

★これは龍にする一手。

小林常保「初手の2二龍が凡手でないので逆に発見が早かった。実質的には3手詰でしょう。平成29年10月1日(日) 午後1時43分 解答を送信」

大井芳行「龍と飛の連続タダ捨てが詰将棋らしい手」

アニメおたく「初手一発ですね。瞬間芸もたまには面白いです。」

井上浩一「1五歩があるので、2四の龍を捨ててそのあとへ桂を打つという構想がすぐにひらめきました。龍の捨て場所も、1三だと2四桂打に同銀と応じられそうで、2二に違いないと判断。変化も少なく、すっきりした手順で気持ちよく解けました。」

口岩健一「9手詰めっていうのが最大のヒントだね。そんな短手数は、この筋しかないね。」

吉田真一「初手が要という印象。紛れも少ないので今月は易しい方でした。」

井上泰夫「初手からの勢いのある攻め方に、迫力があった!」

shima「途中ほぼ無仕掛。龍→飛と強い駒から捨てる手順は爽快です。」

河下大五郎「初手21龍ではわずかに詰まないようですね。」

伊原恒裕「誰もが、夢見る手順かも。強力な攻撃陣、余詰めを、簡明に防げたものです。好作。」

★銀3枚の配置が巧み。

日坂 仁「玉を12の地点までに引き寄せるのに飛車2枚を連続で捨てるのは爽快です。」

武藤 博「初手が判れば、比較的簡単?でした。(問題図の竜であるべき理由が?)」

三森 満「初手が見えませんでした。」

山椒魚「2二龍を発見して、すぐ解けた。」

内藤英一郎「連続大駒捨てでお決まりの桂馬攻め。どうしても2一龍から攻めたくなり少し迷走しました。」

原田雄二「驚愕の初手22龍。お見事です。」

西村 章「初手、駒を打っても詰みそうにないので21龍かなと思いましたが、22龍でしたか。ヒントがノーヒントというのも面白い!」

kabo「「9手詰」と書いてあるので、持駒数との関係で駒取りはないと踏むと、初手の王手が限られるために何とか解けました。初手がとても気持ち良く、解後感の良い作品でした。」

伊藤孝志「ノーヒントというのが、最大のヒントになりました。第一感でこの初手は思い浮かびませんね。」

★ちゃんとヒントになっていたようでホッとしました(^^;

池田 明「銀が3枚ならんでいるのがユーモラス」

ハマG「龍をばっさり捨てて桂に換え、飛を歩の代わりに使うとは痛快」

天才少年「小学生レベルの問題でした(笑)」

佐藤 司「初手一発の感が無きにしも非ずですが、英断の一着は大いに評価できます。」

松田圭市「初手は14飛から考えた。15歩が二歩禁のためかと初見では思った。」

★たしかに、余詰防ぎ用の配置と錯覚しそうですね。

R.Mueller「寸止めの22龍が最初に浮かぶようになりたいです。」

初冠「初手一発だが、解後感は悪くない。9手詰の佳作。」

ふーあんこにゅ「初手に色々考えたがどれもダメ、諦めかけたときに「あー、そうか」。まさか龍捨てからはいるとは。初手さえ分かればあとは簡単だったかな。何だか居合いの呼吸のようで、初めの一太刀でばっさりという感じ。さすがは強豪、松本氏。」

あなすい「2二龍 同玉は詰むと見えたのですんなり解けました。実戦でこういう手が指せたらかっこいいなと思いました。」

うーまん「初手が全て。」

久保貴史「作者の想いが伝わる空の龍捨て。12飛から小駒の収束は、その残焼の後片付けに過ぎない。」

福島 宏「初手22龍が意表をつく妙手。これが24桂打を可能にすることに気付くと、あとは簡単。」

marsall「まさに初手一発!でも発見までに時間がかかった・・・。」

★初手さえ分かれば、あとは簡単。

中村隆之「初手が気持ちいい」

堀口真志「初手の発見がすべて」

RINTARO「初手一閃!異様な銀3枚の配置が花を添える。」

有田和洋「この衝撃は久々、しびれた。」

青江邦正「初手が巧い。」

松岡利忠「いきなり竜捨てに驚いた。」

渡辺将輝「飛車2枚捨てて主役の桂の場を作る。」

木村 正「初手1三飛で詰めば もっと面白い!」

こじ「龍の特攻が真っ先に閃きました。久しぶりに早く解けた気がします。大駒を連続で捨てて小駒で仕留める、気持ちが良い手順ですね。」

桑折恭一「初手、13飛や21龍とかいろいろ考えても詰まない。ヒントを見ても詰め筋が全然解らなかった。駒をゴチャゴチャ動かしていたら、24桂と打てれば詰みそうということで、やっと初手22龍が判った。ヒントにもあるように、初手が分かると後は簡単な7手詰め、でも初手だけの作品としては楽しめました。」

twd「初手に気づかなかったのが全てです。時間がかかりました。龍の配置が絶妙です。それにしても、桂馬は手薄な場所に手がかりを作ることに長けた駒ですね。」

★手がかりの少ない時は頼りになります。

松浦義成「初手が強烈」

福島博司「今月はちと遅かった」

久米 徹「初めて応募します。初手の発見が難しかったです。」

山田 正「玉方4四銀の意味を教えてください。歩でもよいのでは?」

★初手21龍〜31飛〜33飛成、という余詰対策です。

Jim Tan「Great problem ! The first move is crucial. ▲2一竜 was my natural first move. But after many tries, this starting move lead to inconsistent mates which lead me to believe that I was fundamentally wrong. I had to look hard at the structure to convince myself a double hisha sacrifice was the right way forward. It was a very satisfying solve, good work !」

★The first move requires courage. If understand this move, the rest is easy.

山岸 格「初手にそんなに迷わなかったので簡単でした。」

岩田章利「龍のいる所に桂が打てたらなあ、捨ててみよう。」

★素晴らしい!

莊山「初めに一目見た時、初手22龍で詰む詰将棋だったらすごいなあと思ったら、本当にそうでした。」

坂本栄治郎「初手意表。」

大野芳樹「難しく考え過ぎました。龍が邪魔駒であり、1五歩を活かそうとすれば解けますね。飛車ではなく、龍にしてあるところに悩まされました。こういう作品が多いですね。」

GANBAN「初手、ズドンと音が出ました。」

治山治水「一手目の龍切りはなかなか分からず少し悩みました。実戦では最初の一手に大事な龍を切るなんての勇気はでませんね????? 中身の濃い問題でした。。。」

★実戦で指せたら、自慢の一局になりますね。

西尾行広「初手、強烈で気持ち良い。」

加藤光雄「初手22龍から12飛が見えにくかった。」

水沼誠一郎「一手目がすごい」

三宅周治「連続の飛車捨てが豪快ですね。」

吉野松樹「初手が鮮やか。」

renbajinharuhi「12飛、同玉、22金、同銀、14竜は残り桂1枚では詰まない。12金、同玉、32飛も不詰。そこで一閃初手22竜。同玉は32飛でどこへ逃げても金打ちで桂あまりなので、しかたなく同銀。あとは流れるような手順で解決。最大の攻めゴマのように見える初手竜捨てが痛快な作品。」

山田毅久「龍、飛をいきなり捨てる!素晴らしい。」

今野盛基「易しめでした。」

岩橋 進「「初手の発見」アッと驚く初手2二竜、同銀以下1二に飛車を捨て2四に桂を据えて1四金から3二桂成にて詰上る。」

バビル3世「初手がポイントだがわかれば1本道。スマホ詰パラでいうとLV6くらいかな?」

竹内亮太「初手一発!ですが見つけるまでに色々読まされました。」

中村丈志「初手は第一感ではなかった。」

大森常一「初手が分かれば容易。銀が玉の行動を制約している。」

佐々木昭則「要になりそうな龍を捨てるのはわかりましたが、最初は、13龍ばかり考えていました^^; 22龍といきなり捨て、手掛かりが消えたように見えましたが、これが邪魔駒で、24桂が可能になりました。小気味いい良作です^^」

★桂を動かして21金も見えますが、やはり駒不足。

白石直人「これは気づかなかった。2二金や2一龍は何度も試したが、何もないところに要の龍を捨てる初手は盲点だった。」

あれれれ「初手が分かれば。」

久冨伸緑「初手を発見出来たらあとはすんなり出来た感じです。玉方の4四銀は歩ではいけないのでしょうか。」

吉田清一「初手2二龍は意表を突かれました。でも、初手が思いついたら、後は優しい手順でした。」

波多野賢太郎「初手が見えず、9手詰でこんなに悩んだのは久しぶりかもというくらい悩みました。龍捨ては絶妙の一手ですね。他にも詰みそうな手がいろいろあるのに、これじゃなきゃ詰まないというのがすごいですね。」

木火「意外と一瞬で詰みました。大駒が連続で消えるのは面白いですね。」

本多「初手が多くてなかなかとけませんでした。試しにえいっと2二竜を読んだら詰んでびっくりしました。」

川浜次夫「初手がすべてでした。(解けてしまえばナーンダって感じですが、なかなか気づかない手でした)」

小峰耕希「守備銀3枚が重いのは否めないけど、初手22龍なら許しましょう。」

藤原章人「いろいろな初手を考えて最後に22龍になりました。やっぱり鮮やかでいいですね。」

平本健生「意外性のありすぎる初手でした。」

上谷昌昭「持ち駒に桂馬があればまずは打ってみたくなるところですが、この形では守りの銀を引き寄せるだけなので却下。初手に軽く2ニ龍と捨てるのが、桂馬を打つスペースを作るとともに玉方3三銀の効きを逸らせる一石二鳥の手。同玉は3ニ飛から簡単なので同銀の一手ですが、これで玉方が一気に窮屈になりました。あとは玉をつり上げて桂馬を打てば一件落着。でも実戦だったら深く考えずに2一龍と食いちぎってしまいそうだな…」

占魚亭「スパッと英断の初手竜捨て。もう1手、好手があれば……。」

市橋宗士「前にも書いたと思うが、初形でこの駒が邪魔だと一瞬でわかれば中級いや上級者と言えるのでは? 勿論私はえらい時間がかかってからでしたが。そして連続してもう一枚を捨てる、この序の3手一組のスカッとした手順は、雨模様続きを吹き飛ばしてくれそう。初手を決めるのに逡巡したのは、実はこの3手目が見えていなかったに過ぎない。(1五歩があるので)桂を打つ形が見えなくはなかったがこの連続捨てには気付かなかったといえる(作者会心の手順では? と、いうことで、今月も、作者「降臨」を期待しつつ、解説、及び皆様のコメを読める日を待ちましょう。I'm looking forward to reading your comments on this problem, thank you.)」

作者「初手、そこそこ大事に見える竜を贅沢に捨てるのが決め手。」

★作者は24龍→32馬という案も考えていたそうですが、24龍で正解だったと思います。

大村重樹「ちょっとトリッキーな手順でした。盤面から2枚の飛車がなくなる、さっぱりとした印象を持ちました。」

片岡正人「初手が難しい!実戦でやったらカッコイイですね」

丸山薫生「ネットの詰パラは初めてでしたので難問かと緊張しましたが、初手が分かれば後は簡単なスッキリした問題でした。ヒントには苦労されたこととお見受けしますw」

佐藤安男「初手2二龍は詰将棋でなければ絶対に思いつきません。詰将棋でも辿りつくのに時間がかかりましたので…初手が分かれば容易でした。」

青木武彦「初手に飛車を打つ手順ばかり考えてしまいました。」

池田秀三「まさに初手一発だが、それにしても印象は強烈。」

岡崎紀之「初手22龍! 強烈なインパクトです。好手はこれしかありませんが、充分です。これが短編の理想のような気がします。」

★詰将棋は好手が一手あれば、ですね。

大塚康平「詰まなさそうで詰む感じがいいですね。」

APTX4870「初手の龍捨ては意外な一手。連続の大駒捨ては気持ちのいい手順。」

870「2四の龍が邪魔になる事に気付ければ…ですね。」

S.Kimura「この初手はヒントを見るまで全く考えませんでした.」

依田邦久「邪魔駒消去の初手から流れる手順。ヒントそのままですね。」

坂野 均「あれこれやってから決断の初手を発見。後は易しい。」

戸星善公「一目で解けてうれしくなり応募します。すかっとします。」

松本 繁「初手はどうみても21龍では露骨なので考えたくないところですが、王手が結構かかるので普通はやりますよね。結局、詰まないとなって22龍とするのが普通の思考回路でしょう。」

長谷川和久「一目、持駒桂は竜のいる地点から打ってみたい。」

林 和則「初手2二龍が発見できればあとは簡単に詰みますね。」

北町奉行「遊び半分?で22龍から考えたら詰んでしまったので、こんなはずはないと何度も考えてしまいました。1分以内で解けたのは初めてです。」

★疑心暗鬼ですね(^^; お見事です。

高田明浩「22竜と豪快に行くのが気持ちよかったです。」

藤野勝好「3手目、飛車で玉を一つ前に出させるのが面白い。」

塩谷時蔵「22龍はやや指しづらかったが、同玉は32飛があるので同銀の一手。12に玉を吊り上げて、銀の利きが無くなった24に桂打ちで収束が見えてきた。」」

山本孝志「初手の発見を、いつできるかに限ります。2手進んだ局面から手が流れるのが残念。」

大沼修平「24に桂馬を打つ筋が全く見えず苦戦。最近解いた9手詰では、一番難しかった。」

藤井美大「実戦で指されたら、驚愕する。」

★この手で詰められたら、それはそれで自慢できそうですね(^^;

青山良秀「序の二手で局面がぐっと狭くなり、後続手が分かり易くなりますね。」

時たま解き卵「22竜と、「ノーヒント〜!」と言いながら突っ込みました(笑)」

福原徹彦「龍、飛を立て続けに捨てる。24桂からは易しい。」

中野 実「9手詰と言うヒントがなかった方がよかったと思います。平成29年10月31日(火)午後11時55分 解答送信 今月で5ヶ月連続 Last解答者ですか?」


【当選者発表】

■お一人様で何通もの解答を送られた場合、もっとも先に届いたもののみ有効とします。また、お名前(ハンドルネーム)は必ず記載してください。記載のなかった場合、メールアドレスの最初の部分(「@」の直前)の一部を掲載させていただきす。お名前、アドレスともに記載のない場合は、短評のみ掲載し、正解者リスト掲載や抽選からは除外いたします。悪しからずご了承ください。

詰パラ最新号を5名様に進呈いたします(定期購読者の方は誌代1ヵ月分入帖)。

■解答時にメールアドレスを記載された方には、発送先をお尋ねするメールを送りますので、折り返し必要事項をお知らせください。

当選者はこちらの皆様です!

 当選者……岩田章利さん、岡田栄二さん、小林常保さん、塩谷時蔵さん、中野勝仁さん

■おめでとうございます(^-^)


【正解者(変則五十音順、敬称略、@ABは解答到着上位3名、LAST!は最後】

【英字】 APTX4870■GANBAN■Jim Tan■kabo■marsall■renbajinharuhi■RINTARO■
R.Mueller■shima■shinshin0000■S.Kimura■twd■yk■
【記号・数字】 870■
【ひらがな】 あなすい■あれれれ■うーまん■えぐち■こじ■そらお■ひいくん■ふーあんこにゅ■べら■むらちゃん■やまなみとほに■
【カタカナ】 アニメおたく■キリギリス■タカシ■バビル3世■ハマG■ピッコロ■ヒマ人■ポチ■

【あ】

青江邦正■青木武彦■青葉■青山良秀■有田和洋■有吉弘敏■池田 明■池田秀三■石原 守■市橋宗士■伊藤孝志■井上浩一■井上泰夫■伊原恒裕■今井一之■岩田章利■岩橋 進■初冠■大井芳行■大塚憲次■大塚康平■大沼修平■大野芳樹■大村重樹■大森常一■岡崎紀之■岡田栄二■岡山 忍■
【か】 片岡正人■片山 知■加藤光雄■上谷昌昭■苅田隆介■河下大五郎■川浜次夫■北原幹久■北町奉行■木村真二■木村 正■口岩健一■久保貴史■久米 徹■桑原英明■桑折恭一■小林常保■小峰耕希■近藤寛己■今野盛基■
【さ】 酒井康智■坂野孔一@■坂野 均■坂本栄治郎■佐々木昭則■佐藤 司■佐藤安男■山椒魚■塩谷時蔵■清水 有■白石直人■鈴木康弘■占魚亭■莊山■空蛙■
【た】 高島康太■高田明浩■野甚蔵■高橋隆樹■滝沢 創■竹内亮太■治山治水■出口智博■天才少年■時たま解き卵■戸星善公■
【な】 内藤英一郎■永澤廣知■中野勝仁■中野 実LAST!■中村隆之■中村丈志■西尾行広■西村 章■西山 勇■日坂 仁■野涯英樹■野中正義■
【は】 長谷川和久■波多野賢太郎■花田幸弘■林 和則■原田雄二■久冨伸緑■平本健生■福島 宏■福島博司■福原徹彦■藤井美大■藤崎博也A■藤野勝好■藤原章人■堀口真志■本多■
【ま】 松浦義成■松岡利忠■松田圭市■松本 繁■丸山薫生■水沼誠一郎■南里憲司B■三森 満■三宅周治■武藤 博■木火■
【や】 安井 進■安井 豊■柳沢孝志■山岸 格■山田毅久■山田 正■山本勝典■山本孝志■吉田真一■吉田清一■吉野松樹■依田邦久■
【ら】  
【わ】 渡辺将輝■

 

このページのトップへ