> サイト一覧 > 詰将棋を解く / 先月の懸賞詰将棋
 

玉方/12歩、21龍、24玉、31香、34歩、42香、43歩/攻方/25桂、26龍/持駒/角銀2/

【作者】松田圭市

【正解】33銀、同香、15銀、23玉、13桂不成、同玉、31角、同龍、24龍まで9手。

【解答数】155名→誤解7名

★25桂を動かすのは必然ですが、どこで、どのように動かすのでしょうか。

★初手に桂を動かすと33玉で困ります。まずは33銀と捨てて、穴を埋めておくのが大事な一手。3手目は、今動かした香を狙って15角が有力そう。しかし、14玉と角頭に寄られ、23銀と打っても龍で取られて失敗。正解は15銀ですが、2枚の銀を早々と使い切る手順に抵抗があります。

★5手目が問題の局面。41角!が決め手に思える好打で、以下同龍、13桂成、同玉、24龍までの詰み筋がパッと閃きます。しかし、41角には32桂合が利き、13桂成、同玉、14銀、同玉、32角成、同龍で逃れ。正解は13桂不成! 32玉と逃げた時に21龍を狙っているので、13桂「成」では詰みません。お互いに不動の龍でしたが、最後に連続して動いて詰み。

★狙いの13桂不成はもちろんのこと、その前の銀打ちが解答者心理を読み切った巧みな逆算で、解きがいのある9手詰になっています。


◆「トップページ懸賞詰将棋」現在在庫2作……[9〜10月]決定[11月以降]未定………皆様のご投稿をお待ちしております。

◆作品投稿はこちらから→【投稿フォーム

(連絡可能な電子メールアドレスが記載されている作品には、必ずこちから採否をお伝えする返信メールをお送りしています。投稿から1ヶ月以上経過しても返信がない場合、電子メールアドレスの入力ミスや管理人怠慢の恐れがあります。管理人宛のメール掲示板にてご連絡ください。)


ふーあんこにゅ「空き王手前にいかに味付けするかという問題で、さほど迷わず解けました。ただ1三桂不成の前にいかにも打ちたくなる4一角は合駒されてダメなのですね・・・。」

★5手目41角の誤解が3名。

石原 守「5手目4一角から1三桂不成を考えたけどうまくいかなくて,桂不成から考えたらうまく詰みました」

伯井清行「筋は一目の詰め物だが、「1三桂」を「不成」とするのに1分掛った。」

★そして5手目13桂成の誤解が2名。

伊原恒裕「桂生が気持ちいい手。実戦でさせたら本望?」

★両取りの可能性がある分、実戦の方が出現率が高いかも!?

口岩健一「9手詰めでこの変化数…解くのに10分以上かかった。短手数問題としては、最高の出来だと思う。作者に拍手!」

南里憲司「焦点の捨て駒と、開き王手のタイミング」

木火「▲1四角・▲4一角が魅力的過ぎてそればかりに気を取られてしまいました。」

西村 章「難しかったの一言につきます。13桂不成がなかなか見えず久しぶりに苦労しました。さすがは松田さん。」

marsall「15角〜33桂不成の筋かと思って少し苦戦。33を塞いでからの逆方向だったか〜。」

★初手や3手目に15角は、とにかく14玉で困ります。

佐藤 有「配置から13桂生な気がしました。好きな形です。」

★詰将棋に慣れていると、初形から透けて見えます。

ひいくん「5手目4一角と打ちたくなる」

今野盛基「5手目の不成が見せ場。」

タカシ「最初に足の長い角を打ちたくなるが詰まない。1三桂不成を発見したときは、思わず膝を叩いた。」

小林常保「1三桂不成(生)が狙いですか? 令和元年7月1日(月)午後2時30分解く→2時40分解答送信」

岸本昌大「作意は桂不成だろうと当たりをつけて解きました。」

福島博司「ぎり1日」

坂本栄治郎「1三桂不成が、気持ち良い」

安井 進「絶妙の 桂が飛び込む タイミング」

本間瑞生「角をどのラインで使うかけっこう迷った」

★初形では空いていない31地点に使うのが正解。

北原幹久「これは案外と簡単だった。1三銀か3三銀か迷ったぐらい。後は桂を使った開き王手。すでに開き王手は何となく「桂不成」が見えてしまっていただけに迷うことはなかった。と言っても、最後の決め手の3一角が分かっていなければ指せぬ手順。最後の清涼詰まで合わせて明快で、愉しい作品だった。」

安井 豊「5手目、うっかり成ると32に逃げられる。」

吉田真一「桂不成が洒落た感じがします。間違えていないことを願います。」

青江邦正「2三玉には4一角かと錯覚。」

大野芳樹「5手目を4一角ばかり読んでいて、迷路に入り込みました。1三桂不成が盲点になりました。こういう落とし穴のある作品にはまってばかりですが、おもしろいですね。」

★詰将棋は、落とし穴にハマると、より一層楽しめます(^-^)

renbajinharuhi「5手目の13桂不成が妙手。13桂成でも詰みそうだが、32玉と逃げられ、21竜、同玉の時持ち駒飛角では配置が悪くて不詰。42香が無ければ22飛、31玉、53角以下詰み。余詰防止ですね。」

内藤英一郎「ここぞとばかりのダブル王手だと3二に逃げられてしまう、この不成が絶妙な名作です!」

日坂 仁「銀捨てにより退路を断ち、桂馬の不成捨ても爽快な手順。」

坂野孔一「33桂生かと思った」

★坂野さんなら、それで一局?

RINTARO「13桂不成が狙いの1手。」

空蛙「1五角や1三桂成に固執して三手目が見えにくかったです。そのせいか、5手目うっかり桂成としそうになりました。1三桂不成が好手だと思います。」

近藤寛己「桂不成りが入りました。パチパチ。」

苅田隆介「詰パラの本ありがとうございます。詰パラの本をもらうのはこれで4冊目です。前にもらった3冊は大事に持ってます。」

★ありがとうございます(^-^)

野甚蔵「初手は平凡だが、同香にすぐ13桂成は詰まず、15銀は下段に逃がすようで指しにくい。他の手をさんざん読んでやっと13桂生を発見し、一気に解決した。今月も工夫の一手を鑑賞できて大満足。」

井上浩一「昨夜、問題のメモをもって布団に入りましたが、考えているうちに眠ってしまいました。詰将棋は抜群の睡眠薬です。今朝、見直したら一瞬で解けました。桂不成がポイントでしたね。」

★睡眠薬になる場合と、ならない場合がありそうです(^^;

黒柳淳之「初手の3三銀で王の退路封鎖は分かりますが、5手目の1三桂不成が。ついつい1三桂成と行きたくなりますが、それだと王を逃がしてしまいます。そこを1三桂不成で逃がさないぞと。それから3一角と龍を無力化して、2四龍で収束。実戦なら“成”と行くかもしれないと言う心理を衝いた良作です。」

大井芳行「3手目「1五角」とできないのがよい」

藤崎博也「5手目の妙手1三桂不成を発見、ようやく詰みました。久しぶりに手ごたえのある問題でした。作者に乾杯!!」

原田雄二「「5手目13桂生が絶妙の一手。」」

GEDZI「3手目は▲1五角の一手と思い込んで迷路に入りました。緩みない9手詰めで解後感さわやか(^^)」

三森 満「初形の配置が「9」に見えます。」

★形で手数を示唆?

ハマG「15角と打ってしまい難航しました。」

高橋隆樹「初手角では詰まず銀が必須、5手目13桂不成が鮮やか、対して32玉なら21竜の早詰!、同玉にもう銀は無いが最後は31角から香合にも構わずに24竜でぴったり。9手詰としては最高難度で珠玉の名作でした。流石は「すなどけい」の著者の作品ですね。」

★2012年出版の「すなどけい」。次の作品集も見てみたいものです。

池田 明「8手目「3一同龍」としないで「2二合打」としたヘソ曲がりは私だけですか? 両方記載した方もいましたか?  8手目「3一同龍」の他に「2二合打」も正解なので清涼詰(詰上図で詰方の駒が最小の2枚)とは言えませんか?」

★初形も攻方2枚なので、清涼という印象は薄いかも。

山本紀明「5手目の桂不成に気づくのに時間がかかりました。」

原岡和生「左右反転させれば、? だと思った方も多いのではないでしょうか?」

kentara7「1三桂不成がぴったりで最後は綺麗な収束でした。」

若林基之「悩んだ。不成かぁ。」

木村 正「初形は何かの形てすか?フックみたい。 作者から特にコメントはありませんでしたか?」

福島 宏「「13桂成らず」が妙手。」

丸島亮輔「開き王手を急いではいけないのですね。」

★タイミングと移動先、開き王手は考えることが多いですね。

加賀信也「紛らわしい手が多く苦戦。13桂不成が光る。」

twd「一手一手の中身がとても濃い作品に思えました。1五、1四、4一が角の打ち場所として見えたこともあって、いろいろと迷いました。」

眞壁朝春「1三桂は不成じゃなきゃダメ!」

Junction「5手目41角がパッと見えてハマってしまった。32桂合で逃れている。」

岡山 忍「3二から4一へと逃げられると思い込み、手こずりました。」

山岸 格「ピッタリすぎる桂馬の捨て方にちょっと感動しました。」

山田毅久「桂の不成が意外に盲点となり、苦労しました。」

川浜次夫「前回の感想を拝見してから解答するよう心がけています。難易度とか妙手に対する感想が大半のようですが、専門用語も散見されます。前回は還元玉がありました。最終形からその意味は類推できますが、これって貴重なことなのですか。」

★還元玉は、動いた玉が初形と同じ位置で詰むことを指します。手数が短い作品ではよく見かけますが、長い作品、しかも玉がたくさん動く場合は少し驚くかもしれません。

kabo「本手順は早い段階で見えましたが、5手目は成るものとばかり思っていたので、6手目32玉の際の応手が見えずに苦戦しました。成生限定の美しい作品で楽しむことができました。」

ピッコロ「1三桂成としそうでした(^^;;」

本多「初手が広く、3手目も広いので正解だと思う順が見つかるまで時間がかかりました。」

カーズィ「5手目の1三桂不成が心地よい手でした。」

あなすい「三手目についつい1五角と打ちたくなり時間がかかりました。五手目 一三桂不成が決めの一手で素晴らしい。美しいと思います。」

リラ「桂不成がスカッとしていいですね」

Jim Tan「Nice problem, move 5 is the tricky move, ▲1三桂成 would not be a valid mate. Otherwise, its a fairly straightforward problem. Thanks for posting!」

原田椅子「流石はベテラン、魅せてくれますね。」

★今年の解答選手権出題作品でも実力を発揮!

S.Kimura「5手目が好手でした」

堀江一輝「一目桂生」

キリギリス「▲1三桂不成が素晴らしい。」

吉田清一「玉方に3三に逃げられると困るので、初手は直ぐに思いつきました。初手が思いついたら、その後もスラスラと解けました。少し物足りない感じがしました。」

上谷昌昭「3一の香車を吊り上げてその穴に角を打ち込む形は想像できましたが、味良い1三桂成の両王手は3二玉で続かず悶々…。2一にヒモをつける不成が正解だとは露ほども思いませんでした。」

バビル3世「論理的でわかりやすい詰将棋」

花村晃斉「ナラズがみえにくい。」

shimacharo「角は41に打つものと思いましたが、31とは意表を突かれました。」

★先に41角を考えさせるうまい形。

山田 正「金だけがない詰将棋でした」

uma「最初にフックのように見える初形に目を惹かれ、次に難しそうだなと思い、平日はやり過ごして土日で解きましたが、やはり難しかったです。土曜は33を塞ぐ初手「33銀」は確定だろうと思い、4手目まで辿り着きましたが、5手目は最初「41角」がちらつき迷路に嵌りました。合駒を打たれると詰まなそうです。翌日になってようやく「13桂【不成】」が見つかり解けましたが、自分の頭にない構想で驚きました。5手目の「13桂不成」が白眉でしたが、全体的に指し難い手が多く、今月も解けてほっとしました。」

井上泰夫「小さい駒から攻めて、どんな様子に成るか考えていたら大駒で終わらせたのが気持ちよくできました。」

吉野松樹「5手目、13桂不成。先月に続いて両王手は罠。」

★詰上り以外で両王手が出る方が珍しいかも!?

うーまん「5手目は盲点?」

Charlie「14角のような筋もちらつきましたが、桂馬の不成が好手で解決でした。」

片山 知「桂の不成が肝要です。初形が何かを表していそうな…」

原賀立太郎「迷うような手がない作品でした」

荘山「始めから良い筋の角打ちが随所にあり、それに時間を取られ難問でした。13桂不成がいいですね。」

片岡正人「最後の角打ちがなかなか出てこなかった!1四に銀を残さなければいけないのかと勝手に思い迷走しました。難問でした。」

松岡利忠「送付したかどうか、忘れてしまいました。念のため、送ります。」

河田 淳「久しぶりに解答しました。20年ぐらい前に解いた問題みたいな感じでした。」

鈴木康弘「2五の桂馬を両王手で捨てようとすると、罠にはまる。」

有田和洋「5手目からの逆算でしょうか。」

★同感です。

治山治水「今回9手詰めながら非常に難題。一週間位考えても5手目の桂不成りが発見できず、こっそりご教示頂き一見落着。よく考えて見ると歩詰め対策問題に何故か似ているような感じがするような??」

白石直人「5手目が核心ですね。これに3二玉と逃げると2一龍できれいに詰ませられる。」

川端 潤「13桂成32玉であれれ、しばらく考えました。気づいてみれば常套手段ですよね。」

アニメおたく「41角と打ちたくなるところで13桂不成が目玉なんでしょうがじつはその前の15銀がかなりやりにくい。ここには角を打ちたくなりますから。」

★前に利く銀を残したい気持ち、よくわかります。

佐々木昭則「初手33銀は何となくわかりましたが、5手目、41角と13桂成が見えてしまい、紛糾しました^^; 13桂不成が32玉からの逃げを防ぐ絶妙手でしたね!! 2枚の龍の駆け引きも見事です^^」

布施英治「すみません誤回答を先に送ってしまいました。こちらに訂正させてください。」

武藤 博「なんといっても、5手目の「1三桂不成」…(2一に効いている。)」

土屋 賢「3手目、普通は1五角と打ちたくなりますよね。」

黒木雅明「形からして13桂生は分かったが、いつ跳ねるかタイミングが重要。解いていて楽しい好作だと思います。」

久保貴史「5手目41角は合駒で詰まず。誘い手を潜め、狙いの桂不成を実現した好短編。」

酒井康智「やっぱり龍は強いですね(攻めも守りも)」

★龍と龍の対決が隠れたテーマ?

堀口真志「1三桂不成が狙いの一手ですね。初形は「?」の裏返し?」

中村丈志「桂が消えるのが良い」

吉川康夫「桂成らずに最後まで気づきませんでした。きづいたとたん、すべての霧が晴れたようです。」

楠田浩政「13桂不成が爽やかー」

小川晃生「ヒントを見て、5手目41角の呪縛がなかなか解けず・・・むしろヒントにしてやられた感じです。次回はヒントを見ずにチャレンジ(笑)」

★役に立たないヒントでした……(^^;

変寝夢「一目桂生だったが、15には角を打つもんだと思ってた。」

清水 有「5手目の13桂不成の王手で決まる。」

北町奉行「初手が広く、どれもそれなりに手が続くので、敵の龍を利用する13桂不成が浮かんだ後もかなり考えました。詰パラサイトで解けた問題の中で一番難しかったです。寝床で解いた後、急に42の駒が銀だったような気がしてきて、さらに寝つきが悪くなりました(笑)。」

田口 亮「4一角からの筋を考えてしまったため、3一角がなかなか発見できませんでした。」

あれれれ「5手目に紛れがありますね。間違えるところでした。」

長谷川和久「桂跳ね成りで竜との両王手を狙うと勝手に思い込んでいた。」

神野来樹「5手目の、13桂が見えなかった」

堀口一雄「3手目15角に誘われ、中々詰まなかったです。」

市橋宗士「明王手のタイミングが問題だが、ちゃんと脱出阻止の下拵えが必要だ、浮かせた香のもとの所に打つ角が出発点だろうか、例によって、作者「降臨」を期待しよう、このくらいの難易度なら何とか解けそうかな、と思って、作者の作品集「すなどけい」をAmazonで検索したら四千円からだった、ちょっと手が出ない・・・ 」

★4000円!?

作者「5手目 41角 同龍 13桂成 以下の誤答が何名いるか。作る側からいえば当然不成にしたいところですが。21龍の配置は飛でも良いのですが最終手余詰を消しています。」

★9手目24銀以下ですね。龍と龍の向き合う形がよいので、お得なキズ対策と言えそうです。

さんちゃご「今回の「解けた!」という達成感は何時にも増して大きかった。作者の松田氏には敬意と感謝を申し上げます。」

高田明浩「13桂ならないのが、好手!」

奥谷祐希「13桂成のほうが玉に当たるので良いかと思いましたが、不成でないとダメなところに苦労しました。」

松本 繁「最初、5手目41角、同龍、13桂成で詰みと思いましたが、角を取らずに、32合駒で詰まないんですね。後から、気づいて修正しました。間違えた人もいるのでは。」

山本孝志「初手33銀は逃げ道防止の為解りますが、その後に悩みます。余談ですが、桂馬が跳ねての王手は空き王手になるのでナラズを入れないと不正解になるので注意が必要です。」

大森常一「5手目の桂不成の感触がいい。」

占魚亭「変化に備えた5手目の不成が絶妙手。」

池田秀三「久し振りの9手詰。形から13へ桂をはねての開き王手と察しがつく。先ずは33を塞いで15銀、あとは32から逃走されないように気をつけて。」

坂野 均「この作品の価値は桂不成に尽きる。」

渡邉 聡「5手目が迷いました。」

小野寺隆「1五銀〜4一角とか3二銀〜1三桂成のコースで詰んだ!と思いましたが、3三が空いている上に銀が2枚しかなかったという…。」

北畑和美「41から角を打つ手ばかり考えて,同竜と取ってくれなきゃどうしようもないことに気づく。手順前後は怖い。」

青山良秀「一目見て、角を打って龍の効きをずらす筋とは思いましたが、13桂不成になかなか気付かず手間取りました。」

くまお「熊の僕はいつも鮭(サケ)のことばかり考えていますが、今回は強力な守りの龍の利きをいかにサケるかを考えてみたら解けました。」

★(ネ……ネタ切れ!?)

高橋堅悟「久しぶりに詰将棋に触れてみたくなって、たまたまこの詰将棋に出会いました。自分の実力からは少々難しい問題でしたが、根気よく考えて、答えを見つけた時はすごく爽快でした。また詰将棋を解いてみたいと思いました。」

★いつでもいらっしゃってください(^-^)

原岡 望「切り札を切るタイミングに迷う。好作」

中野 実「初手1三銀で詰めば すばらしい作品でした。 令和元年8月1日(木)午前5時59分 解答送信→今月もLast解答者ですか?早起きしないと締め切り直前に解答を送信できません!」


【当選者発表】

■お一人様で何通もの解答を送られた場合、もっとも先に届いたもののみ有効とします。また、お名前(ハンドルネーム)は必ず記載してください。記載のなかった場合、メールアドレスの最初の部分(「@」の直前)の一部を掲載させていただきす。お名前、アドレスともに記載のない場合は、短評のみ掲載し、正解者リスト掲載や抽選からは除外いたします。悪しからずご了承ください。

詰パラ最新号を5名様に進呈いたします(定期購読者の方は誌代1ヵ月分入帖)。

■解答時にメールアドレスを記載された方には、発送先をお尋ねするメールを送りますので、折り返し必要事項をお知らせください。

当選者はこちらの皆様です!

 当選者……木村真二さん、片平冨二夫さん、野中正義さん、kentara7さん、堀江一輝さん

■おめでとうございます(^-^)


【正解者(変則五十音順、敬称略)】

【英字】 Charlie■GEDZI■Jim★Tan■Junction■kabo■kentara7■marsall■
renbajinharuhi■RINTARO■shimacharo■S.Kimura■twd■uma■
【記号・数字】  
【ひらがな】 あなすい■あれれれ■うーまん■えぐち■くまお■さんちゃご■そらお■ひいくん■ふーあんこにゅ■むらちゃん■やまなみとほに■
【カタカナ】 アニメおたく■カーズィ■キリギリス■タカシ■バビル3世■ハマG■ピッコロ■ポチ■リラ■

【あ】

青江邦正■青山良秀■有田和洋■池田 明■池田秀三■石原 守■市橋宗士■伊藤孝志■井上浩一■井上泰夫■伊原恒裕■今井一之■大井芳行■大塚憲次■大野芳樹■大森常一■岡山 忍■小川晃生■奥谷祐希■小野寺隆■
【か】 加賀信也■片岡正人■片山 知■上谷昌昭■苅田隆介■河田 淳■川端 潤■川浜次夫■神野来樹■岸本昌大■北畑和美■北原幹久■北町奉行■木村真二■木村 正■楠田浩政■口岩健一■久保貴史■黒木雅明■黒柳淳之■桑原英明■小林常保■小山雄三■近藤寛己■今野盛基■
【さ】 酒井康智■坂野孔一■坂野 均■坂本栄治郎■佐々木昭則■佐藤 有■清水 有■白石直人■鈴木康弘■占魚亭■荘山■空蛙■
【た】 高田明浩■野甚蔵■高橋堅悟■高橋隆樹■滝沢 創■田口 亮■治山治水■津川貴久■土屋 賢■
【な】 内藤英一郎■中野 実■中村丈志■西村 章■西山 勇■日坂 仁■野涯英樹■野中正義■野村孝二■
【は】 伯井清行■長谷川和久■花村晃斉■原岡和生■原岡 望■原賀立太郎■原田椅子■原田雄二■福島 宏■福島博司■藤崎博也■藤野勝好■布施英治■変寝夢■堀江一輝■堀口一雄■堀口真志■本多■本間瑞生■
【ま】 眞壁朝春■松岡利忠■松本 繁■丸島亮輔■南里憲司■三森 満■武藤 博■木火■
【や】 安井 進■安井 豊■山岸 格■山田毅久■山田 正■山本孝志■山本紀明■吉川康夫■吉田真一■吉田清一■吉野松樹■
【ら】  
【わ】 若林基之■渡邉 聡■

 

このページのトップへ