> サイト一覧 > 詰将棋を解く / 先月の懸賞詰将棋
 

玉方/11香、14歩、21桂、22玉、32銀、44歩、51馬/攻方/34角、42銀/持駒/飛2銀/

【作者】西村 章

【正解】33銀打、同桂、21飛、同玉、31飛、22玉、11飛成、同玉、13香、22玉、12香成まで11手。

【解答数】151名→誤解1名

★桂香の配置から実戦型と呼ばれる初形。将棋の実戦なら、51銀不成と馬を取る手も有力ですが、ひとつ間違うと逆転されそうです。詰みのある局面は逃さないようにしたいものです。

★初手31銀打は13玉で、持駒の飛2枚が使いにくく詰みません。初手26飛と離して打っても、23歩合くらいで失敗です。正解は33銀打! 唯一の金気である銀を手放すので、指しにくい一手です。対して、13玉と逃げれば23飛、同銀、同角成、同玉、24飛以下、同銀なら23飛、32玉(12玉は33飛成)、22飛打、同銀、43飛成まで、いずれも早い詰み。よって2手目は同桂となります。

★持駒は飛だけなので攻めにくそうに見えますが、21飛と捨てて手が繋がります。4手目同銀も13玉も23飛と打って早詰なので、同玉と取ります。以下は易しい手順で、香を奪ってすっきりと詰み。

★初手の好手を始め、持駒はすべて捨ててしまう爽快な手順。桂が動き、香が消えたことで、実戦型としてはうまく捌けた展開と言えるでしょう。初形と詰上りが同じ駒構成なのは珍しいかもしれません。


◆「トップページ懸賞詰将棋」現在在庫0作……[4月以降]未定………皆様のご投稿をお待ちしております。

◆作品投稿はこちらから→【投稿フォーム……当ページ更新時点までの投稿作で、採否検討中のものを除き、採用予定にお名前がない場合は不採用となります。

(採否検討中=連絡可能な電子メールアドレスが記載されている作品には、必ずこちから採否をお伝えする返信メールをお送りしています。このメールが未着の場合「採否検討中」になります。毎月下旬にまとめて返信することが多いです。)


吉田真一「最初の形が自然で、残しておきたい銀を初手に使ってしまうのが面白い。正解だといいのですが・・・。」

RINTARO「桂香どちらも動くところが良い。」

★実戦型として合格点。

白石直人「途中の駒取りが見えにくく、危うく不詰かと思った。」

北原幹久「西村さんは詰パラ本誌の作品で登場回数こそ少ないが、味のある作品を創られる方だ。そのセンスに学ぶところが多いし、ちょっと氣になる存在でもある。この作品、重い3三銀打から入る初手は氣づきにくい。残り二枚の飛だけで詰むとは考えにくいから尚更。同桂に2一飛が用意されているところがまた秀逸である。あれ?!同玉で飛一枚、詰むのかあ?ああなるほど!香を奪うのか。やあ、愉しませてもらった。衣更着の初日、小生の創作意欲に火を付けてもいただいた。感謝である。」

久保貴史「詰パラ新年号の当選ありがとうございました。本作は3手目までが強烈な印象でした。」

marsall「ゴチャゴチャしているところに銀をぶち込む初手が意外。同銀の変化の23飛〜22飛打もゴツくていい。」

★飛のパワーも見どころ。

今野盛基「最終手非限定が少し残念。」

安井 進「飛を駆使し 死地に追い詰め トドメ香」

内藤英一郎「持ち駒を使い切っての上がりがとても潔ぎよくよかったです。」

タカシ「実戦図形で隙がなさそう。しかし、3三に銀を放り込むことによって、打開できる。実戦でこの場面になっても、限られた時間では詰筋に気付かないかもしれない。」

口岩健一「二手目△同銀なら、▲2三飛から▲2一飛成でも詰んでるね…13手かかるけど。」

南里憲司「初手の、焦点の、銀打ちが、好手」

坂野孔一「7手目11飛成が意表を突く」

★詰将棋なので、見えにくいのは仕方ないですね。

藤崎博也「初手の3三銀打を発見するのに時間がかかりました。久しぶりの難問、かつ傑作と思います。」

安井 豊「2手目同銀の変化も面白い。」

治山治水「今回は何か問題を勘違いしていた様でなかなか解答に至りませんでした。初手が分かれば簡単な様で!(^^)!」

本多「初手3三銀打がごつくてなかなかうかびませんでした。3一銀打、1三銀、1二飛などを追ってしまい難しかったです。」

リラ「実戦的で力強い手順ですね!」

アニメおたく「この一手が続きいつもよりやさしかったです。ほっと息抜きの月でしょうか。」

★初手が難手と感じていたので、息抜きとは想定外(^^;

福島 宏「「33銀打、同桂」で「21飛打」を可能にしたのがポイントか? 」

高橋隆樹「強力な二枚飛車の連携となるかと思えばさにあらず。意外な収束でした。」

山田毅久「敵の密集地にゴツンと一発。力強い。」

石原 守「最初に考えたのは銀を残して飛車から使い始めることでした。銀がないと王手がかからない気がしたので。2一に隙間ができると,強力な飛車が打てるんですね。1一の香を利用するとは始めには考えていなかったです。」

福島博司「とりあえず2/2に」

鈴木康弘「変化手順に思いのほか味がある。」

★変化で上乗せ。

加賀信也「連続飛車捨て、気持ちいい。」

野甚蔵「ややこしいところに銀を打つのですが、変化がすっきりしているので嫌味はありません。13玉には23飛からばらばらにすればよいし、同銀には23飛〜22飛打から43飛成できれいに詰みます。続いて21飛の好手、31飛の連打が決まり、とても良い感じに仕上がっていると思います。」

S.Kimura「初形の51馬と44歩は余詰対策でしょうか?」

★いずれも、初手24飛などの余詰対策です。

大森常一「1一香を取る狙いが面白い構想です。」

kabo「実戦形である上に、香車がちゃんと生きる手順で解き甲斐のある詰将棋でした。あまり見慣れない手順で、勉強になりました。」

山岸 格「2手目同銀の2三飛から2ニ飛打の変化がきれいで好きです。」

原岡和生「33銀打は詰まないと思ってました。。。どんな勘違いをしたかは、恥ずかしくて書けません。でも、そのおかげで30分近くも楽しませていただきました。」

★そう言われると、どんな勘違いか気になりますね(^^;

原田雄二「初手33銀打が好手ですね。」

青江邦正「2一飛が巧い」

うーまん「還元玉かな?」

★10手目は21玉でもよいので、主張はできませんが……。

あなすい「初手3三銀に対して一三玉は2三飛 同銀 同角 同玉 2四飛 一三玉 2二飛成まで」

日坂 仁「玉方の銀をずらすための銀打捨てが決め手。」

佐藤 有「33銀打ちを最初に読むはずもなく。」

亀井慎太郎「33銀は、桂馬で対応しないと行けない事が分かれば、後は、自然の流れの如く。最後、22に玉が移動する方が積極的だし、22の地点が光る問題でした。」

三森 満「初手がなかなか浮かばなかった。」

片平冨二夫「1手目が気付き難かったです。」

ハマG「初手が詰将棋らしくない感じの手ででちょっと意外」

shimacharo「銀がずれれば23飛を打てることに気づけば簡単。」

uma「初形で飛車を打てる場所が少なく、銀を温存したい先入観が働いたため、初手33銀打は盲点でした。13玉は23飛から精算、同銀は23飛、32玉、22飛打以下詰みなので、同桂とするしか無いですが、一気に21飛〜31飛の手順がスルスルっと見えて視界が開けました。7手目は一瞬銀を取りたくなりましたが、香の方が詰みますね。実戦型の好形の初形ながら、初手の見えにくさと変化に骨があり、難しかったですが楽しめました。」

★7手目32飛成は同玉、23銀、42玉で失敗。

あれれれ「なかなか初手が見えません。」

斎藤史佳「駒を取る順が苦手で、回答まで時間がかかりました。」

木火「初手の銀が非常に打ちにくいですね。」

土門 薫「実戦なら無理でした。ありがとうございました。」

坂本英治郎「狭い所での攻防面白い」

黒木雅明「13玉と逃げられた時に詰むように攻めていくのがポイント。ということで、初手はがつーんと33銀打。」

奥谷祐希「初手がなかなか難しかったです。最近は裏からまず奇手を試すようになっています。」

★指し将棋には悪影響?(^^;

GEDZI「TEDの連続出題記録更新、おめでとうございます(^^) 初手がありそうでない、ごつい手でしたね。」

★ありがとうございます(^-^)

山椒魚「焦点の銀捨てが見えづらい。」

kentara7「初手が気持ちのいい手で、後は流れるような手順で爽快でした。」

renbajinharuhi「初手一閃、焦点の捨て銀。あとは飛2枚の捨て駒で玉を危険地帯に誘導し、合駒効かずの香で収束。捨て駒を楽しむ作品。最終手は12角成、12香成どちらでも正解ですか?」

小林常保「初手で2四飛としたため迷路に はまりました。素直に3三銀打にしておけば後はスラスラ詰でした。平成31年2月2日(土)午後3時43分に解く→2月5日(火)午前11時10分 解答 送信」

大野芳樹「初手は、焦点の銀打ちですね。実戦的な作品でした。」

松岡利忠「33銀打ちは考えにくい。うーーん、どう、評価していいのか?」

浅沼英樹「初手を見つけるのが大変でした。」

北畑和美「初手と3手目の連携がいいですね。2枚の飛車がきれいに捌けています。」

大井芳行「玉方1四歩と4四歩の配置の意味を教えてください。余詰防止なら その余詰手順を教えてください。」

★14歩も、初手24飛対策ですね。

ふーあんこにゅ「「まあ、こう指すところだよな」という感じで進めたのですが、最後に香を取るのがなぜか盲点になってしまい解くのに時間がかかりました。因みに真面目に余詰め筋を読んではいませんが、5一の馬は必要なんですかね??」

高田明浩「豪快な飛車捨てが、快感でした」

原岡望「まさかの初手 14歩はなくてもよいのでは?」

ピッコロ「3一飛、2二玉までは何度も読んだのに、香を拾う手順に気付かず、手間取ってしまいました。」

池田 明「持駒3枚が全て捨て駒になる作品は珍しいですネ!」

川端 潤「初手が打ちにくい。後は一瀉千里。」

中村丈志「さわやかです」

くまお「焦点の駒打ち、大駒のただ捨て、銀は初手に使えといった詰将棋あるあるをなぞっていったら、熊のぼくにも解けました!」

★熊!?

吉田清一「3手目の2一飛がカッコいい手!」

木村 正「持駒も含めて 金以外の駒が配置されてますが このような作品は「金(きん)なし図式」と言いますか?」

川浜次夫「前回の感想に登場した隠語は“曲詰”でした。とっさに連想したのは曲芸で、これは高度な技術を要する詰め将棋なのだろうか、などとバカなことを考えてしまいました。」

★初形や詰上りの形に意味があるものが曲詰。曲芸のような詰将棋ですね。

犬飼健一「実戦形。ついつい手が出ちゃいます。」

片岡正人「飛車打ちのスペース作りが面白かった」

伯井清行「「3三銀 同銀 2三飛 3二玉」まで来た時、「2二飛」以下の7手詰みが見付かったので、初手はこれしかないと思い、必然手の後、9手目の「1一飛成」が見付かった。」

片山 知「不利感の強い3三銀から詰むとは意外でした。他の王手が続かないため比較的早期に発見することができました。」

山田 正「初手3三銀打と「打」を記入しないと不正解扱い(×)にしますか?何名いましたか? 後続の詰手順が正解なら論理的限定として正解にしますか?」

★詰めていると理解できれば正解の、ゆるい採点となっています。

上谷昌昭「桂馬を跳ねさせてその空いた穴を利用するところがニクいです。」

井上泰夫「銀と飛でガンガン攻めて詰ましたのが爽快に思えました。」

依田邦久「初手飛車打ちではダメ。飛車を湯水のように捨てて香車に置き換えて詰めあげる。鮮やかな収束でした。」

三宅周治「34角と2枚飛車の連携プレイに拍手。」

神吉秀典「2枚連続の飛車捨ては詰将棋の醍醐味ですね。」

荘山「33銀〜21飛と捨て、ここから1筋に展開は予想外でした。」

ミソシル「私の棋力ではかなり難しかったです。トータル2時間以上は考えたと思います。これで合っていると思うのですが…。」

近藤寛己「初手に気付くまでに10日かかりました。あとは10分で。」

★3手目以降は軽快に。

五十嵐歩「なぜか初手12飛から考えましたが、どうやっても詰みそうになかったので、次に33銀打を検討。同銀、13玉は詰みがわかったのですが同桂から22玉後の手順がわからず違う初手を検討。初手を一通り検討した後にもう一度初手12飛から検討したところ香をとる手順が見えたため解答としました。」

酒井康智「絡みつく感じの初手がいい感じです。」

空蛙「2一の地点を空けて、すぐにそこに飛車を捨てるのがうまい手順ですね。初手3三銀に対して同銀の変化もよかったと思います。」

若林基之「持駒にものをいわせて詰め上げるのが、なんとも実戦的ですね。」

山田行人「馬は何のためにあるんだ?」

小田啓太「守備の銀がよく効いてます。」

佐々木昭則「初手はすぐに思いつきましたが、その後の変化が難しかったです^^; 2枚の飛車を含めた3枚の捨て駒で、香を召し取って詰ますとは、なんとも贅沢ですね^^ 本当に現実味のある実戦形ですね。」

★51馬が少し気になるくらいですね。

武藤 博「3手目と5手目の連続「飛車捨て」が決め手。特に3手目。」

鳴重寿人「初手は焦点なので、見えやすかった。上から飛車打って、更に飛車で下段に落とす筋かなと思ったけど、11飛車成からの手順は綺麗ですね。」

長谷川和久「初手33銀打は目には入るが、考えるのはどうしても一番最後になってしまう。」

★一番厄介そうなところから攻めます。

APTX4870「香車が質駒だと気づくのに時間がかかりました。」

水野靖彦「王手が限られ,解きやすかった。」

himatsume「香を取るのが意外でした。」

伊原恒裕「変化も割り切れて、好手あり。好作。」

吉野松樹「初手の破壊力がすごい。」

丸島亮輔「焦点の銀とでも呼びましょう。」

吉川康夫「持ち駒をすべて捨ててしまいました。」

さんちゃご「実戦形配置の脇役と思われた香車が、とどめの駒になるとは…! 少し嬉しいサプライズでした。」

原田椅子「重量感のある作品。香取が盲点だった。」

神野来樹「持ち駒を全部捨てるなんて…」

★詰将棋らしいところ。

堀口真志「銀は3一から打つものとばかり思っていた。」

清水 有「持ち駒が豊富で2枚の飛車を捨てて決まる・・」

小野寺隆「最終手は角成にはしたくないなあ、となんとなく思いました。初期配置攻め駒不動…なんて。」

堀江一輝「守備駒が強力で悩まされました。21飛がなんとも形容しがたい凄い手。」

篠田直人「玉を何処に誘導するのか難しかったです」

中山正夫「実戦形で好作品です。」

井上浩一「初手は限られていますが、どれも詰みそうになく、迷いました。1一の香を飛車でとる7手目も、あまりにも当然の手なので、かえって盲点となり、やさしいわりに解答に時間がかかりました。」

Junction「実戦形で、11の香を取って詰ます順が良い。」

坂野 均「21飛が主眼の1手。次に安い方の香を取るのもいい」

山本孝志「なぜか自然に解けました。収束が流れるのが残念です。」

松本 繁「初手33銀打ちの後、13玉なら、12飛車打ちから、精算して詰みますが、香あまりになるんですね。2月は日数が少ないのであやうく忘れるところでした。」

藤野勝好「玉方の桂香をうまく使っています。」

★好印象ポイント。

池田秀三「初手確かに好手だが(いつも解き終ってから、確認のためヒントを見ます)、13銀や24飛は明らかに続きそうにないので、むしろ第一感だった。絶連に近いと言えば言えるし、最終3手が甘いという批判はあるかもしれないが、初手より一貫した気持ちのいい捌きで十分楽しめる作品と思う。」

宇貞光明「初手で少し迷った。24飛車は、23合で上手くいかない。21そして31と飛車を連打するのが、狙いか。氏にしては、易しい初心者向きの作品か。」

青山良秀「初手好手だが最初に目が行く所でもありますね。13から逃げられたら捕まりませんので。」

市橋宗士「今回もヒントに助けられた。2枚の飛を香に変換して詰上げるなんて、なんて実戦的なんだ。4一金があれば理想だがさすがに駄目、しかし馬一枚で余詰が防げているのだろうか? また、2枚の歩もちゃんと意味付けがあり、きれいな実戦形、作者の実戦譜からの発想だろうか、恒例の作者「降臨」を期待しつつ、「解説」と皆様の「感想」を読むのを楽しみに、最忙の年度末の月を迎えましょう。「梅は咲いたか、桜は・・・」」

作者「好形の実戦型11手詰が出来ましたので投稿します。易し目ですが、33銀打、同桂とハネさせてから21に飛車を捨てる感触が面白いと思います。」

★投稿には変化・紛れが詳細に記されており、読みの入った印象を受けました。

占魚亭「21地点を空けさせた後は、一気に畳み掛けるのみ。」

福原徹彦「これは難しかったです。詰みがなかなか見えませんでした。」

岸本昌大「意外に時間がかかりました。」

中野 実「玉方1一香が最終的に質駒になるのが面白い! 平成31年3月1日(金)午前5時30分 解答送信→今月もLast解答者ですか?3/1 」


【当選者発表】

■お一人様で何通もの解答を送られた場合、もっとも先に届いたもののみ有効とします。また、お名前(ハンドルネーム)は必ず記載してください。記載のなかった場合、メールアドレスの最初の部分(「@」の直前)の一部を掲載させていただきす。お名前、アドレスともに記載のない場合は、短評のみ掲載し、正解者リスト掲載や抽選からは除外いたします。悪しからずご了承ください。

詰パラ最新号を5名様に進呈いたします(定期購読者の方は誌代1ヵ月分入帖)。

■解答時にメールアドレスを記載された方には、発送先をお尋ねするメールを送りますので、折り返し必要事項をお知らせください。

当選者はこちらの皆様です!

 当選者……ハマGさん、斎藤史佳さん、中山正夫さん、市橋宗士さん、キリギリスさん

■おめでとうございます(^-^)


【正解者(変則五十音順、敬称略)】

【英字】 APTX4870■GEDZI■himatsume■Jim Tan■Junction■kabo■kentara7■
marsall■renbajinharuhi■RINTARO■shimacharo■S.Kimura■uma■VAN■
【記号・数字】  
【ひらがな】 あなすい■あれれれ■うーまん■えぐち■くまお■さんちゃご■そらお■ひいくん■ふーあんこにゅ■むらちゃん■やまなみとほに■
【カタカナ】 アニメおたく■キリギリス■タカシ■ハマG■ピッコロ■ポチ■ミソシル■リラ■

【あ】

青江邦正■青山良秀■浅沼英樹■五十嵐歩■池田 明■池田秀三■石原 守■市橋宗士■伊藤孝志■犬飼健一■井上浩一■井上泰夫■伊原恒裕■今井一之■宇貞光明■大井芳行■大塚憲次■大野芳樹■大森常一■岡山 忍■奥谷祐希■小田啓太■小野寺隆■
【か】 加賀信也■片岡正人■片平冨二夫■片山 知■上谷昌昭■亀井慎太郎■苅田隆介■川端 潤■川浜次夫■神吉秀典■神野来樹■岸本昌大■北畑和美■北原幹久■木村真二■木村 正■口岩健一■久保貴史■黒木雅明■桑原英明■小林常保■小山雄三■近藤寛己■今野盛基■
【さ】 斎藤史佳■酒井康智■坂野孔一■坂野 均■坂本英治郎■佐々木昭則■佐藤 有■山椒魚■篠田直人■清水 有■白石直人■新行内昌芳■鈴木康弘■占魚亭■荘山■空蛙■
【た】 高田明浩■野甚蔵■高橋隆樹■滝沢 創■治山治水■出口智博■土門 薫■
【な】 内藤英一郎■中野 実■中村丈志■中山正夫■鳴重寿人■西山 勇■日坂 仁■野涯英樹■野中正義■
【は】 伯井清行■長谷川和久■花田幸弘■原岡和生■原岡 望■原田椅子■原田雄二■福島 宏■福島博司■福原徹彦■藤崎博也■藤野勝好■布施英治■堀江一輝■堀口真志■本多■松岡利忠■
【ま】 松本 繁■丸島亮輔■水野靖彦■南里憲司■三森 満■三宅周治■武藤 博■木火■
【や】 安井 進■安井 豊■山岸 格■山田毅久■山田 正■山田行人■山本勝典■山本孝志■吉川康夫■吉田真一■吉田清一■吉野松樹■依田邦久■
【ら】  
【わ】 若林基之■

 

このページのトップへ