> サイト一覧 > 詰将棋を解く / 先月の懸賞詰将棋
 

玉方/13桂、22玉、31飛、42歩、53銀/攻方/25馬、34歩、43角/持駒/金香/

【作者】堀江一輝

【正解】23金、同玉、33歩成、同玉、34馬、22玉、24香、11玉、33馬、同飛、21角成まで11手。

【解答数】146名→誤解1名

★初手24香で合駒は何?……と考えてしまう形。23歩合、同香成、同玉、24歩、12玉で詰みません。次の候補は33歩成。馬角の連携を狙いますが、同飛と取られて取っかかりがなくなってしまいます。他に手はないように思えますが、虎の子の金をいきなり捨ててしまう23金が正解。

★3手目、すぐに香を打つと12玉で困ります。ここで33歩成を利かすのが味良いところで、同飛なら24香、12玉、21角成まで。よって同玉と取る手に、34馬と動かして、圧力をかけます。香一本では頼りないように思えますが、24香と打つと玉は隅に逃げるしかありません。最後に攻めの要だった馬を捨てて、すっきりと詰め上がります。

★24に金を打つと詰まず、香を打つと詰むことから、金先金香(金が先で、金香の順に使う)と言えるでしょう。いきなり金を捨てる意外性、軽手の歩成り捨て、決め手の馬捨てと、3回の捨駒のタイミングや指し味に巧さを感じる一局でした。

★誤解1名は7手目23香でした。誤入力かもと思いましたが、残念。


◆「トップページ懸賞詰将棋」現在在庫2作……[3月以降]未定………皆様のご投稿をお待ちしております。

◆作品投稿はこちらから→【投稿フォーム……当ページ更新時点までの投稿作で、採否検討中のものを除き、採用予定にお名前がない場合は不採用となります。

(採否検討中=連絡可能な電子メールアドレスが記載されている作品には、必ずこちから採否をお伝えする返信メールをお送りしています。このメールが未着の場合「採否検討中」になります。毎月下旬にまとめて返信することが多いです。)


白石直人「金を残しておきたい気持ちがしてしまって初手になかなか気づけなかった。初手が分かったらあとはストレートだった。」

★金を残すのは本能ですよね(^^;

石原 守「香の持ち駒は使用方法が限定されるので考えやすいですね。 1三の桂は香の打つ場所を限定するものでしょうね。しばらくぶりに盤駒用意せずに解けました」

★13桂は香限定、53銀は9手目限定の配置。

今野盛基「初手が浮かび難い。」

西村 章「初手33歩成とやってしまって失敗。それならばと23金から入って解決しました。25馬を綺麗に捌いて清涼詰と今年の最後を飾るにふさわしい好作品でした。今年も大いに楽しませてもらいました。来年からもどうぞよろしくお願いいたします。」

空蛙「金を打って玉を2三に呼ぶことで3三歩成を玉で取ってもらえるところがうまいですね。ヒントはちょっと言い過ぎでは?」

★以前なら「33歩成のタイミングは?」というヒントを出していたでしょうね。言い過ぎくらいがちょうど良いようです(^^;

タカシ「金は最後に取っておきたいので、初手で捨てる順は最後に読む。そこに意外性がある。後は難しい手順はないので、2三金が光り輝いている問題。」

安井 進「巧妙に 雪隠迫る 清涼詰め」

ひいくん「23金から33歩成が好感触」

山田毅久「金先金香。この筋に出会うのは久しぶりで、妙に新鮮で気持ちよかった。」

★たしかに、余り見かけないかも。

伯井清行「「2三金」の後に「3三歩成」の手順が見事。」

高橋隆樹「飛車の守備をはぐらかす33馬の押売りが決め手。狭い中にも手順が巧妙に工夫された佳作だと思います。」

大野芳樹「一見、香打ち後の合駒問題だと思いましたが、結構素直な作品でした。いきなり金捨てから入るのだけが意外でした。」

坂野孔一「初手は33歩成の一手に見える」

小林常保「「金はとどめに使うな!」と云う指棋とは逆の格言もありました。平成30年12月1日(土)午後4時44分に解く→12月1日(土)午後5時5分 解答 送信」

福島 宏「素直な作品と思いました。」

吉田真一「土曜日も仕事なので、解答が少し遅れました。▲3三歩成が何となくスジっぽいのでこのそのタイミングを・・・と思ったので考えやすかったような気がします。先月と今月が間違っていなければよいのですが・・・。」

野甚蔵「金を捨て23のスペースをつぶしてから33歩成とする手順は、味わい深く高級感がある。変化もすっきりで、解いていてとても楽しい作品だった。」

ヨダクニヒサ「時間差での歩成りから入り、流れるような手順でした。爽快感のある作品でした。」

藤崎博也「初手で いきなり 持駒の金を2三に打ち捨てるのがポイント。同玉に3三歩成で同玉以外は早詰。平易ながら清涼感のある作品でした。」

リラ「金より香!てっきり合駒問題かと思って手こずりました。」

★歩か桂の合駒で詰みません。

marsall「初手香じゃなく金を打つのが意外。3手目の33歩成も軽くていい味。後半一本道だけど角が一枚消えて気持ちいい。」

★最後の捨駒で引き締まります。

米谷倫幸「パッと見、初手って2四香だよねー そだねーと思った人は自分を含めてどれだけいただろう。」

RINTARO「金先金香。一目24香だが、金より香の方が価値が高いことが分かる。収束も変わった感じで好作。」

井上泰夫「玉をうまく攻めていき、駒が働いているのが良かったです。」

アニメおたく「金打ちから歩成りという弱モーションがなかなか見えませんでした。収束もピタッと決まって気持ちいいですね。」

あなすい「2四から香車打ちが見えたので早く解けました。ヒントが役に立ちました。」

日坂 仁「初手に玉頭に金を打つのは躊躇した。」

三森 満「初手香打ち合駒からを考えて、難しいなあとひとやすみした後に、初手金打ちにたどり着きました。馬捨てから角成が良かったです。」

本多「3三歩成と2三金から2四香はすぐ見えたので、組み合わせを考えました。」

青江邦正「初手は意外。ヒントに助けられた。」

ふーあんこにゅ「見るからに3三歩成っぽいがそれをどこで入れるか、で結構考えさせられました。初手金打ちが生理的にやりづらかったです。解いた後でヒントを読みましたがいつになく「直球」のヒントですね・・・。」

★いつもは微妙に変化していますか?(^^;

麟太郎「初手頭金には驚いた。」

口岩健一「1三の桂馬が解答を唯一無二解にしてるのがいいね。」

★創作のテクニック。

井上浩一「初手、2三歩成か2四香で迷った。ところがどちらも詰みそうで詰まない。大切な金をいきなり捨てるのは意外だった。馬捨てできれいに詰み上がるのも嬉しい。」

松岡利忠「飛車を移動させる。」

大井芳行「玉方5三銀の配置の意味を教えてください。余詰防止ですか?」

松田圭市「ヒントを見てしまった…。」

亀井慎太郎「33歩成るが、まず、浮かぶ手でしょうが、その前に、23金と打つのが味のある手ですね。限定打など、本当、一筋の手順で、素晴らしく、爽快でした。」

内藤英一郎「意表をついた初手でよく計算されていました。」

S.Kimura「初手に意表を突かれました」

山岸 格「玉が2三なら簡単そう…と思えたので早く解けました。」

池田 明「盤面に金と銀がなくても持駒に金があれば「貧乏図式」とは言えなくなりますか?」

★盤上貧乏?という言葉はなかったでしょうか……。

治山治水「師走の問題は非常に簡単でしたので、正解or不正解かが心配です。なんとか3一の飛車の顔が立って最後に動いた時に the endでした。来年もよろしくお願い致します。(-_-)/~~~ピシー!ピシー!」

南里憲司「香車を打つタイミング」

近藤寛己「24香、23桂合、21金、を本線に考えて、手間取りました。ひねくれた性格が裏目に出たわけです。」

ハマG「初手歩成捨てだと平凡だと思い23金とひねってみたら当たりました」

中村丈志「創るのはたいへんそうです。」

★割とすんなり作れたかも?

松ヒ一郎「初手と三手目の発見がすべて。」

酒井康智「分かってみれば変化が少なく解きやすかったです。」

uma「第一感が33歩成でしたので苦労しました。初手33歩成だと同飛とされ、23に玉がいれば24香〜21角成で詰みますが、22玉だと詰まなさそうです。そうすると初手は23金ですが、最初に金を捨てる不利感が強く悩みました。33歩成で同玉とした後、34馬〜24香と離して打ち、33馬で飛車の利きをそらせて決める手順はなるほどと思いました。玉方13桂は、24香と限定させる意味もあったのですね。」

木村 正「初手に2四香としても詰まないのがよい!」

renbajinharuhi「初手が全て。輝く23金で香を残す意外性。」

大塚匡記「初手にびっくり。」

鈴木康弘「初手にいきなり金を捨てて玉を2三に引き付けてから3三歩に歩を成り捨てるのがポイント。2四香があるのでこれを飛車で取れない。」

山田 正「詰将棋を解く → 一言で云えば「試行錯誤の繰り返し」でしょう」

キリギリス「馬を捨てて角を成る収束が素晴らしい。」

★盛り上がります。

原田雄二「初手は23金でした。」

丸島亮輔「実践的に、詰むや詰まざるやの場面で金はつい大事にしたくなってしまいます。」

有田和洋「まず金捨てから考える詰将棋脳。」

★もう将棋は指せません……なんてことはないですか。

若林基之「盲点ですねー!!初手33歩成が一目なので。」

twd「金香の持ち駒で金を捨てることも驚きですが、2三金と捨ててから3三歩成とする手順にも驚かされました。収束の感触もよく、素晴らしい作品だと思います。」

原岡和生「配置の13桂の意味を考えていて、堀江様のレベルの高さを感じました。私なら、安易に13歩と置いて7手目の香を以遠打有のままにしてたと思います。勉強になりました。」

★42歩を除くと……と考えるのも楽しめます。

北原幹久「しばし盤面を眺めること1分。3三歩成の筋だなと直感する。だが、直ぐには3三同飛で進展はなし。さらに10秒考えて、2三金を発見する。後は一瀉千里&一気呵成!初手に虎の子の金を放出するのは不詰感が漂うので、考えにくいというのがしたり顔の作者の意図、解図者の盲点。楽しい作品だった。」

坂本栄治郎「きれいに捌けた。」

堀口真志「香はとどめに残すべし?」

あれれれ「一度2三に誘ってからになるのですね。」

佐藤 有「香車の価値が高そうではあるものの、やっぱり金を残すほうから読んでしまいます。」

川浜次夫「感想を読むのが楽しみです。前回は“還元玉”と“尾岐れ”という専門用語らしき言葉を発見しました。(それぞれカンゲンギョク、オワカレと読むことをネットで知りました) ということは、今回も尾岐れなのでしょうか(いつも作意とは違うと思われる方を選択しているヘソマガリさんがいて、楽しませていただいています)ところで、5三の銀がなければどんな手があるのでしょう。」

三宅周治「2枚角の連携プレイに拍手。」

藤田貴博「勉強になりました。」

木火「最後の最後に眠っていた角が動くのが面白い形ですね。」

坂野 均「初手の金打ちで玉が狭くなったのに驚いた。」

川端 潤「難しい変化もなく気持ち良い作、せわしい年末にぴったり。」

うーまん「最後は、4三の角が捌けて爽快。」

shima「33歩成、同玉と答えそうになるところ、23金の意外性はなかなかのもの。なんとなく最後の5手詰で誤解がありそう」

★惜しくも全員正解ならず。

吉川康夫「2四香から2一馬の手順が見えました。」

ピッコロ「初手2三金が考えにくかったです。」

佐々木昭則「34歩が邪魔駒なのかなとは思いましたが、わざわざ要となりそうな金をいきなり捨ててまで、この邪魔駒を消去するのは思いつきにくいです^^; 後は2枚の角の連携プレーで、きれいに仕留めました。見事です^^」

Hisyou「実戦ならおそらく見えない詰まし方と思う。」

北畑和美「初手に迷うが,ヒントを見たら,本当に直球だったのでびっくりした。」

福島博司「おそなった あすた 誕生日」

★遅ればせながら、おめでとうございます。

浅沼英樹「ヒントで解けました。」

神野来樹「ヒントを見ずに解けたのでうれしかった。初手に迷った。」

山本勝典「最初に金を捨てるのが好手。33歩成を同飛は24香から21角成でした。」

佐藤 樹「爽やかな手順で楽しかったです!」

バビル3世「ヒント これをいっちゃおしまいよ。軽快そのものですね。」

鈴木飛鳥「初手が印象的でした。」

清水 有「詰ます、詰ますと7手目の24香で後は33馬を捨てて21角成で決まる。」

吉野松樹「角と香車の連携が良い。」

上谷昌昭「初手はまず2三香でしょう、仮に金打ちから始めても次は2四香でしょう、という予測がことごとくはずされる。成り捨てた歩のあとに馬を移動してようやく香車打ち(限定打)が実現。1一に逃げこまれても馬捨てで綺麗にきまる。持駒の金を残すことにこだわると苦戦しそう。そして5三銀の存在理由が謎として残りました(余詰め対策なのでしょうが読みきれなかった)。」

カーズィ「初手▲2三金打が見えれば、あまり問題はなさそうですね。ただ、△3三玉の場面で▲3四馬はどこか逃がすようで見えにくいですね。」

荘山「23金〜33歩成で同玉と決めさせて、馬を捨てての収束は鮮やか。」

渥美雅之「初形が簡潔で解きたくなる。作意はピリッと決まって解いた後の爽快感あり。」

安田昌弘「かなり頭をひねって、何とか解けました(正解かどうかは不明)。素晴らしい手順に唸りました。私には、こういう詰将棋はとても創れません。勉強になりました。」

★逆算創作をお試しください!

犬飼健一「3三歩成、同飛、2三金に、同玉なら詰むのにと考えたら、手順前後して詰んだ。」

原田椅子「馬捨てが入ったところいいね。」

長谷川和久「初手、金のただ捨ては少し抵抗がある。」

きねじゅん「金は決め手に残せ。という格言がありますが、真っ先に捨ててしまうのですね。金(昨日)より香(今日)のほうが重要ということでした。」

★「金(昨日)より香(今日)」とは面白いですね。

池田秀三「この初型を見れば、33歩成から入る人がほとんどで、それがうまくいかないと次に考えるのが24(23)香だと思う。私もそれで苦戦、23香、同玉、33歩成、同飛の局面で持駒に香があれば詰むことに気づいて、ようやく初手に気がついた。最初に金を捨てるとは鮮やかなトリック!ところで毎年、今年こそ全解と思いながら、つい解答し忘れたり、ミスったりでなかなかかないませんでしたが、今年は果たしたつもりだがどうでしょうか(或いは一二度落ちているかも)?来年も宜しくお願いします。 」

★このページの末尾に年間全解者を掲載!

Junction「飛車の網の目をかいくぐるための金捨てや33馬が面白い。」

神吉秀典「33馬、の後12玉、22馬でも正解ですか?」

★正解です。

銀田香三「初手はヒントを見てしまった。平成最後の年末問題で紛れの少ない優しい(易しい)問題だった。」

武藤 博「初手の「2三金」が決め手。金は詰み上げに使うものと思い込んでいたので、初手に使うとはまず考えませんでした。」

高田明浩「軽快作を、堪能できて良かったです!」

市橋宗士「2枚馬を活用するには3四歩が邪魔だが、初手で捨てると同飛以下不詰、温存したい金から捨てる、やりにくい手順だ、駒数が少ないためか、機構(からくり)はさほど難解なわけではないが、変化をしっかり読まないと正解とならない、何故、歩でなく桂なのか? 何故銀配置されているのか? 香の打場所、馬の手順の限定だと思うが、歩のほうが簡素に見えるし、銀より(攻め方)4四歩のほうが広がり感はないと思うんだけど・・・ 初手で香打ちが不詰なのは、解説にお任せするとして、どういう原図で始められたのか、または、どんなアイデアから発想されたのか、作者降臨を期待しつつ、(詰)将棋を愛するすべての方に、明けましておめでとうございます。」

★13桂・53銀は、13歩・45飛も一案。好みですね。

作者「初手金を捨てるのはやりにくい? あとは筋よく迫れば難しくないと思います。本作は逆算での創作です。玉の位置は当初12にあったのです。しかし22に置いても完全作であるとわかり移動させました。駒を追加しなくても良かったのは幸運でした。」

★12玉なら不採用(^^;

山本孝志「初手、24香や33歩成では詰まないので、金を打ってみるときれいな手順で詰む。これは、金先金香でしょうか?」

松本 繁「最初、4手目33同飛車、24香車、12玉、34馬、同飛車から詰みと思っていましたが、34馬に23に合駒されると詰まないんですね。いつも月末に応募するので慌てました。この場合、24香車、12玉、21角成で簡単な早詰でした。来年も楽しみにしています。」

白石裕也「平成最後の詰将棋パラダイスの懸賞問題なので、初めて送ってみました!!」

★初解答、ありがとうございます!

三上幸寛「後半に残しておきたい金を初手に使う、それも捨てる「不利感」は絶品です。初手探しが本局の見どころ‼」

岡崎紀之「香を残して先に金を使う「金先金香」。」

さんちゃご「金をとどめに残そうとする将棋指しの本能を逆手に取った好作。皆様良いお年を。」

青山良秀「24香から21角成の筋が見えれば解決ですね。」

北町奉行「香ではなく、高い金から打つのは盲点ですね。最後、解答を打ちこんでいる時に、33馬を同飛と取る手に気づき、一瞬、あれっと思いましたが、21角成で詰んでました。最近、将棋は指さなくなりましたが、このサイトのお陰で将棋から離れずにいられます。来年もよろしくお願いたします。」

★こちらこそ(^-^)

福原徹彦「初手で金を手放すのはやりにくいですね。解いてからヒントを見ると、まさにその旨が書かれていました。それでは、よいお年を。」

中野 実「3手目にイキナリ2四香とできないのが詰将棋らしい。平成31年1月1日(火)午前2時16分 解答送信→今月もLast解答者ですか?」

久保貴史「23金から33歩成が味」


【当選者発表】

■お一人様で何通もの解答を送られた場合、もっとも先に届いたもののみ有効とします。また、お名前(ハンドルネーム)は必ず記載してください。記載のなかった場合、メールアドレスの最初の部分(「@」の直前)の一部を掲載させていただきす。お名前、アドレスともに記載のない場合は、短評のみ掲載し、正解者リスト掲載や抽選からは除外いたします。悪しからずご了承ください。

詰パラ最新号を5名様に進呈いたします(定期購読者の方は誌代1ヵ月分入帖)。

■解答時にメールアドレスを記載された方には、発送先をお尋ねするメールを送りますので、折り返し必要事項をお知らせください。

当選者はこちらの皆様です!

 当選者……荘山さん、井上泰夫さん、安井 進さん、小山雄三さん、久保貴史さん

■おめでとうございます(^-^)


【正解者(変則五十音順、敬称略)】

【英字】 Hisyou■Jim Tan■Junction■kabo■marsall■renbajinharuhi■
RINTARO■shima■S.Kimura■twd■uma■VAN■yamamoto■
【記号・数字】
【ひらがな】 あなすい■あれれれ■うーまん■えぐち■おかもと■きねじゅん■さんちゃご■そらお■ひいくん■ふーあんこにゅ■むらちゃん■やまなみとほに■
【カタカナ】 アニメおたく■カーズィ■キリギリス■タカシ■バビル3世■ハマG■ピッコロ■ポチ■ヨダクニヒサ■リラ■

【あ】

青江邦正■青山良秀■浅沼英樹■渥美雅之■有田和洋■池田 明■池田秀三■石原 守■市橋宗士■伊藤孝志■犬飼健一■井上浩一■井上泰夫■今井一之■上野知之■大井芳行■大塚憲次■大塚匡記■大野芳樹■岡崎紀之■岡山 忍■
【か】 片平冨二夫■片山 知■上谷昌昭■亀井慎太郎■川端 潤■川浜次夫■神吉秀典■神野来樹■北畑和美■北原幹久■北町奉行■木村真二■木村 正■銀田香三■口岩健一■久保貴史■桑原英明■小林常保■小山雄三■近藤寛己■今野盛基■
【さ】 酒井康智■坂野孔一■坂野 均■坂本栄治郎■佐々木昭則■佐藤 樹■佐藤 有■山椒魚■清水 有■白石直人■白石裕也■鈴木飛鳥■鈴木康弘■荘山■空蛙■
【た】 高田明浩■野甚蔵■高橋隆樹■滝沢 創■治山治水■出口智博■
【な】 内藤英一郎■中野 実■中村丈志■西村 章■西山 勇■日坂 仁■野涯英樹■野中正義■
【は】 伯井清行■長谷川和久■原岡和生■原田椅子■原田雄二■福島 宏■福島博司■福原徹彦■藤崎博也■藤田貴博■布施英治■堀口真志■本多■
【ま】 米谷倫幸■松岡利忠■松ヒ一郎■松田圭市■松本 繁■丸島亮輔■三上幸寛■南里憲司■三森 満■三宅周治■武藤 博■木火■
【や】 安井 進■安井 豊■安田昌弘■山岸 格■山田毅久■山田 正■山辺充央■山本勝典■山本孝志■吉川康夫■吉田真一■吉野松樹■
【ら】 麟太郎■
【わ】 若林基之■

【2018年度年間全題正解者の皆さん】お見事!(^-^)
Jim Tan■kabo■marsall■renbajinharuhi■RINTARO■shima■S.Kimura■twd■
あなすい■あれれれ■うーまん■そらお■ひいくん■やまなみとほに■
アニメおたく■キリギリス■タカシ■ハマG■
青江邦正■有田和洋■池田 明■池田秀三■石原 守■市橋宗士■井上浩一■大井芳行■大塚憲次■大野芳樹■
片山 知■上谷昌昭■川端 潤■川浜次夫■木村 正■口岩健一■久保貴史■桑原英明■小林常保■今野盛基■
坂野孔一■坂野 均■坂本栄治郎■白石直人■空蛙■
野甚蔵■高橋隆樹■滝沢 創■治山治水■
内藤英一郎■中村丈志■西村 章■野涯英樹■
長谷川和久■原田雄二■福島 宏■福原徹彦■藤崎博也■本多■松岡利忠■
松本 繁■南里憲司■三森 満■武藤 博■木火■
安井 進■安井 豊■山岸 格■山田毅久■山田 正■山本勝典■山本孝志■吉田真一■吉野松樹■

 

このページのトップへ