> サイト一覧 > 詰将棋を解く / 先月の懸賞詰将棋
 

玉方/13歩、14飛、21玉、24歩、33銀、34歩/攻方/42角、44龍/持駒/金/

【作者】藤井憲郎

【正解】31角成、12玉、42龍、22金合、11金、23玉、22馬、同銀、33金、同銀、12龍まで11手。

【解答数】147名→誤解4名

★「解けてうれしい詰将棋」で活躍されている藤井憲郎さんの登場です。

★初手11金も見えますが、同玉、33角成、22桂合(香合は同馬〜42龍で詰み)、41龍、21桂合(香合は同龍〜32銀〜12香で詰み)と受けられて詰みません。33龍の銀取りを見て31角成から入るのが正解です。対して同玉は予定通り33龍以下、また11玉は21金、12玉、42龍、22香合、同龍以下、いずれも早い詰み。12玉とかわす手に42龍が、当然とは言え力のこもる一手です。

★この龍を銀で取ると22金の一発なので、合駒の登場です。22香合くらいで逃れそうですが、23金が良い手。以下同玉、32龍、12玉、21馬まで早詰。この手順中の32龍を防ぐため、合駒は金であることが判明します。金は質駒としては好都合なので、ここからは逆用を視野に入れた攻め。5手目11金が好手で、同玉は22龍、同銀、21金以下11手駒余り。仕方のない23玉に対し、金を取って詰め上げます。

★残念ながら下図の先行作がありました(北原幹久さんご指摘)。初手14桂の逆算(対して同歩は31馬以下)が入るとは、流石小西さんと言ったところ。勉強になります。

玉方/13歩、15飛、22玉、24歩、33銀、34歩/攻方/41馬、43飛/持駒/金桂/


◆「トップページ懸賞詰将棋」現在在庫0作……[6月以降]未定………皆様のご投稿をお待ちしております。

◆作品投稿はこちらから→【投稿フォーム……当ページ更新時点までの投稿作で、採否検討中のものを除き、採用予定にお名前がない場合は不採用となります。

(採否検討中=連絡可能な電子メールアドレスが記載されている作品には、必ずこちから採否をお伝えする返信メールをお送りしています。このメールが未着の場合「採否検討中」になります。毎月下旬にまとめて返信することが多いです。)


久保貴史「いつも藤井さんの詰将棋を拝見しております。これからも元気な作品を観させてください。」

★「解けてうれしい詰将棋」での登場回数は200回以上!

南里憲司「大駒の押し売り」

藤崎博也「4手目、金以外の合駒ならば 2三金、同玉、3二竜、1二玉、2一馬 までの早詰。金合がポイントですが、あっという間に解けました。やや物足りない感じといっては失礼でしょうか?」

石原 守「久しぶりのノーヒントで朝のうちに解答できました。持ち駒が少なく打てる場所も限られているので考えやすかったです。1四飛は合駒に使わせないためかなと思ったのは正しかったようです。」

★初形の14飛が金だと、4手目は飛合と金合が同手順での詰みとなり、合駒非限定となります。それを避けるため、14飛が配置されています。さて、実は14飛には別の意味もあるのです。ご一考を(答えは少し下で)。

三宅周治「42竜と詰め上がり図に拍手。」

ピッコロ「初手が3一角成か1一金しかないので結構早く詰みました。詰め上がり図がいいですね。」

青江邦正「収束は巧い」

有吉弘敏「1手1手の変化の作り方が上手いです。」

伊原恒裕「すっきりまとまり、好作。14飛にどんな意味が、と分かるまでに、解けました。」

口岩健一「最初、初手▲1一金かと思ってしまった。」

★11金からの誤答が2名。

ひいくん「金合限定のための飛車にもうひと働きさせたい」

西村 章「14飛の配置は何だろうと思いつつ解きましたが、4手目金合を見て納得。飛合は品切れなのですね。」

内藤英一郎「結構スムーズにわかりました。」

岡崎紀之「11金がポイントですね。形も簡素で解後感も良いです。」

山岸 格「金合させる為だけに存在する1四の飛車の存在がちょっと悲しい・・・。」

★ここで答え。14地点を埋めるだけの駒(例えば14香)だと、3手目13馬!という強手が成立。14飛はこの順も防いでいるのです。

shima「すんなり解けました(^^)」

yoshi-take「14飛配置は合い駒限定も兼ねてますね。」

安井 進「前回に 続いて妙手 いちイチ金」

★川柳短評、和みます(^-^)

近藤寛己「好形、好手順、まだまだありますね。」

★残念ながら衝突がありました。好形作は日に日に厳しくなっていきます。

高橋隆樹「4手目は合い駒が金以外なら23金からの早詰み、そこで11金打ちが絶妙の手順ですね。」

タカシ「易しい詰将棋。玉方の1四飛は、金合い限定のためでしょうが、ちょっと違和感を感じた。」

今野盛基「玉方14飛は4手目を限定させる意味?」

小林常保「玉方1四飛の配置の意味を教えてください。飛の品切れで4手目「2二飛合」とさせないためだけの事ですか? いわゆる変化同手数詰(11手)を避けたいためですか?他の駒の角 金 銀 桂 香の配置は不可ですか? 平成29年4月1日(土)午後2時45分 解く。今月は初日の午前0時30分に解き始めるのはやめました。」

大井芳行「今年の1月と2月の出題に続き 詰上がり図で詰方の駒が最小限の2枚でした。」

★清涼詰でスッキリ。

小峰耕希「14飛の配置を見て、22金合が正解手順なのではと推測しました。」

★鋭い!

uma「初めて解けた(はずな)ので、応募しました。ヒントが無かったら難しかったかもしれません。金合いで無ければ23金、同玉、32龍から早いのですね。また、5手目の11金を見つけるのに苦労しました。同玉なら22龍、同銀、21金から駒余りになるので、23玉と逃げますが、22馬〜33金で龍の道筋をつけるのが気持ちの良い手だと思いました。一見取っ付きやすそうで、それぞれに考えさせられる変化があり、好作だと感じました。」

★初解答、ありがとうございます(^-^)

山田毅久「すぐ分かったが、攻め方最初の3手の感触が良い。」

福島博司「世間は年度初め、エイプリフール」

空蛙「今回は、比較的思い描いた展開で進み、気持よく解くことができました。1一金が好手だと思います。」

吉野松樹「3月の問題も5手目11金だったような、偶然でしょうけど。」

福島 宏「5手目の11金がポイント。後半が面白い。良い作品と思います。」

井上泰夫「初手を見たとき、終わりの詰め上がりはすぐには思いつかなかった!」

依田邦久「14の飛が形良し。きっちりと金を使いまわして詰めあげるのが感触良しでした。」

RINTARO「4×4の端正な形から、金合を中心にまとめた佳作。」

べら「初手11金を長いこと読んでしまいました。」

片山 知「詰将棋だとこの初手は必然ですが、1一金〜3三角成が密かな紛れですね」

★この紛れは何かできそうな気がしますね。

あなすい「すんなり解けました。収束の形は美しいです。」

山椒魚「飛車の配置が合駒請求を予想させますね。なぜか最初、3一角成には同玉で続かないと判断し、4二龍には2二合駒で詰まないと判断し、その後の変化を読まなかった。ここらへんの読みの精度が上がると早く解けるようになると思うのだが。今年も詰将棋解答選手権一般戦に参加しますが、どうなることやら。」

バビル3世「偶然似たようなのを創ったことがあったのですぐに詰んでラッキーでした。収束の手筋ですよね。」

ハマG「いきなりの大駒捨てはやはり意外。金合を逆用するのは痛快。」

S.Kimura「14が飛車だと金合が予想されるので少し残念でした.」

荘山「本譜は金合ですが、もし飛合ができても同じ?」

有田和洋「新鮮味には欠ける。」

松岡利忠「22に飛車を合駒にしたいが、14で使っているので、金合いのみ。11金が目玉。」

アニメおたく「42龍に対して金合しかないということがわかるまで結構時間を取られました。収束もすっきりして気持ちがいいです。」

★金合以外の手順は意外と見えにくいと感じました。

坂野孔一「好手は金合と11金位」

西尾行広「やさしい合駒問題でした。」

中村隆之「流れるような手順。銀が戻るのが良い。」

三森 満「1四に置いてある飛車の意味がしばらくわかりませんでした。」

武藤 博「5手目の「1一金」に気付きました。」

池田 明「2手目 1一玉とすると 2一金 1二玉 4二龍 2二合打 同金 同銀 同龍まで9手詰 駒余りとなるがこの変化も単純なので全体的に単調な詰手順の作品でした。11手詰で中合の発生する作品を出題してください。打合か移動合のどちらもよいです。」

大野芳樹「ヒントを見るまで、この手順の四手目2二金合で詰まないと判断してしまい、初手1一金の変化ばかり読んでしまいました。ヒントに助けられました。この作品は、全て読まされる奥の深い作品です。」

伊藤光恵「詰将棋の教科書のような感じがしました。」

木火「初手の変化では取られるだけだった銀の活躍っぷり。」

もくの「珍しく合駒も含めすんなり解けました。正解していることを願います。」

犬飼健一「初手が見えなくなってきた。3二金とか1一金を考えるようになってきた。」

白石直人「正解の5手目1一金が見えず、初手から1一金→3三角成とかなり迷った。こちらは合駒に対して同馬→4二龍で大体の合駒は詰むのだが、桂合+金合の場合に詰まない。玉方の飛車は見た感じ合駒に飛を使わせないためのように見えるので、恐らく金合が出ると予想したが当たった。」

★11金、同玉、33角成、22桂合、同馬、同玉、42龍、32金合、33銀、11玉、23桂、同金で逃れ。限定合で逃れるのは気持ちが良いもの。

世迷い言「見た目、難度、解後感、すべてがまさにトップページ向き。」

twd「本線はクセのないすっきりとした手順ですね。2手目1一玉の場合の2一金から4二龍という合い利かずや、4手目金合い以外の場合の3二龍から2一馬と寄せていく形は珍しい気がしました。」

佐藤 司「一時期、体調を崩されていた作者ですが、この所の作を見るにつけ、復調されたと思います。元気の良いトークで、皆を楽しませてくださいね。」

井上浩一「1四の飛車が不自然で、合駒を制限するためだろうと推定した。推定通り、4手目の合駒は横、後に利かない駒だと早詰ないし駒余りとなる。解答を金合に一本化するための1四飛らしいが、飛車合で詰まないなら、もっと良かった。」

花村晃斉「合い駒が見えづらかったな〜。」

木村 正「合駒(限定合)させた金を取り その直後に「タダ捨て」するのが詰将棋らしい手順です。詰将棋は将棋と違い「金はトドメに使うな!」と言う格言があります。作者「藤井憲郎さん」は何とお読みしますか?」

★けんろうさんですね。

坂本栄治郎「2二金が、しぶとい受け」

占魚亭「受方銀のスイッチバックを入れるとは流石です。」

市橋宗士「いやー、角捨てに気付くのに何日もかかるなんて。確かに玉で取られても竜入りで簡単だから、玉は遁走を企てるんですね。そしてヒント通りの合い駒、これにもけっこう時間がかかりました。でも盤面1四にあの駒がちゃっかり配置してあるではないですか。やはりヴェテランの方の作品はそつがない。奪った合駒をしっかり捨てて、気持ちの良い詰め上がり。たとえ桂香がなくても実戦型の美型だと思うし、4×4内にしっかり収まっているし、・・・って、作図技術が優れている故に、いかにも自然な配置にしか見えないが、わかる人にはわかる「技」等を駆使してみえるんでしょう(私にはわかりません・・・)、作者の「天の声」が是非聴きたいし、管理人さんの(いつもの)丁寧かつ的確な解説を期待しております。(★文字化けのため後略。)」

作者「やさし目ですが、解答者増が見込めます。」

★難度としてはかなり良いレベルだったと思います。

renbajinharuhi「珍しく初手に悩まない配置。32金は11玉ならば33馬で頓死だが、12玉で後続手がないので、31角成の一手。同玉は33竜の一間竜でおしまいなので、12玉。(11玉は21金、12玉、42竜の時に数で詰まされる)そこで42竜の一閃。同銀は22金の一手積みなので合駒だが、32に効かないと23金〜32竜〜21馬で早詰み。飛はないので22の合駒は金の一手。そこで2の矢の11金。同玉は22竜〜21金以下銀あまりなので、23玉。あとは馬と金を捨てる流れるような手順で収束。さわやかな後味。」

marsall「凝って11金から入ったら同玉22桂で詰まなそう、ということで素直に31角成としたら、割と素直な手順で詰んだ。」

kabo「細い攻めで、絶対手が連続するので、比較的簡単に詰めることができました。1四飛が重いですが、3手目13馬の筋消しと合駒の限定の観点から必要な配置なのですね。」

渡邉裕之「最初の数手は気持ち良いのだが、、、」

本多「1四飛がなんだろうと思いましたけど金合いにするためだったんですね。今感想書いてて気付きましたけど3一角成1二玉に1三馬の防ぎでもあったんですか。」

R.Mueller「初手、11金捨てからの余詰めを読ませる詰将棋なんでしょうね。以下、12〜16手ぐらいかかるけど不詰め、なんですが、途中の分岐(桂合連続やら金の中合やら)も大変多くて、そちらで楽しめ(苦しみ?)ました。本線は、先月と同じ11金の決め手さえ見つかれば簡単、とはいえ解けるのに2日かかりました。」

★そこまで楽しんでいただければ作者も満足のはず。

原田雄二「久しぶりに解答参加を再開いたします。角成で即詰むと思ったら、意外に粘るものです。」

佐々木昭則「もし、最初に11金が見えていたら、相当紛糾したでしょう^^; 幸い31角成が最初に見えました。5手目11金が捨て駒と思いきや、最後まで効いていました。詰め上り図からすると、曲詰でしょうか?」

★親指立ててグッジョブ?

水沼誠一郎「合駒で無理かと思いましたが、なんとかできました。」

治山治水「5手目の1一金を同玉とすると、銀余りで詰むので2三に逃げる一手。3月の問題同様に1一金打ちが見つかれば   ( ^)o(^ ) 一見落着です。」

吉田清一「合駒が金!一番やばそうだけど最善手。」

鈴木康弘「簡単に詰みそうに見えて、玉の逃げ方や合駒に妙防があってなかなか詰まなかった。攻め方よりも受け方の最善手に頭を使う問題。」

初冠「合駒の選択が難しくないのが良い。」

キリギリス「はじめ、初手1一金を考えましたが、2回桂合でダメでした。」

加島新之助「今月はやさしいですね」

大野一徹「11金打に同玉33角成のすじを試みました。実践ならこちらにも行きそうです。」

波多野賢太郎「実戦でこのように詰ましたら気持ちいいだろうなと思いました。先月に続いて(偶然ですね)、1一金がなるほどの一手。」

ワイト「先月の問題のおかげで▲1一金が見えやすかったかも(笑)」

★皆さん、よく覚えていらっしゃいます。

川浜次夫「1四の飛車は、合駒を金に限定するための措置なのかなぁ?」

中村丈志「三手目以降、心地よい手順」

塩谷時蔵「22金の限定合で、それを馬で取って、33に使い、銀で取らせて、12に龍が回る。テンポのよい進行で面白かった。」

清水 有「合駒だけの問題です王将の逃げ道がない。」

武者小路勝巳「これだけできれば将棋初段!のような問題でした。」

大野慎太郎「ヒントを見てようやくわかりました。」

Fin「難易度的にはそこまで高くないですが、センスの塊みたいな詰め手順で感動しました。」

★取られない駒が多いですが、攻方の着手が全て捨駒調なのは大きなポイントです。

山下 稔「5手目の1一金がとても良い味です。」

上谷昌昭「金合い限定のための1四飛配置が惜しい! 玉方3四歩を取り除き代わりに攻め方3五歩とでもおいておいたら金合いの代わりに飛車合いにできそうですが…余詰が生じてしまうかな?」

★同手順で詰むので飛合にするのは難しそう?

黒木雅明「合駒選びも楽しいですが,11金でこれにて一件落着。(パチパチパチ)」

無言「最後の3手詰めが思い付かなかった」

くまのプーさん大好き「玉方の頑張りが面白かった。楽しかったです。」

高田明浩「11金が、意外と好感触で良い作品でした。よろしくお願いいたします。」

APTX4870「先ずは龍を動き易くする角の成り捨て。予定通り、角のいた場所へ龍が。次に下段へ玉を誘導するために金捨て。でも、いずれも取ると早詰。最後は壁銀にして清涼詰。玉方14飛は13を守りつつ、合駒を限定するのに役立っていて渋い!」

山口亮一「合い駒にかなり悩んだ、実際に駒を動かしてなんとか詰ました、なかなかの難題でした。」

kentara621「1一金が発見できて、後はすっきり気持ちのいい詰め上がりでした。」

原田椅子「5手目の尻金の味がよい。」

山本勝典「11金が妙手」

岩瀬寛司「簡単な初形からこんな手順が表れるとは驚きです。」

あれれれ「王方の持駒に飛車があっても構わないのでしたら、1四の飛車の意味は?」

松本 繁「初手11金、同玉、33馬と銀を取ってうまいと思いましたが、桂か香合でだめですね。先月も5手目11金の筋がありましたが、今月も5手目金打ちで同じなのが面白く感じました。14飛は銀の方が23に利いているのでよいと思いますが、これだと飛合もできるので嫌ったのですか。」

★14銀だと、4手目香合が詰みません。

五十嵐創「作者の作品が好みです。本作は金合を強要して11金の足場作りが効いています。」

北町奉行「初手は11金しかないと思いましたが、同玉、33角成に22桂合いをされて、どうしても詰まず、30分近く考えてしまいました。」

長谷川和久「不自然に飛があるので金合があるかも、と思ったら的中した。」

坂野 均「14飛は何でもいいのかしら」

海賊王「易しい合駒物。」

山本孝志「3手目までは必然ですが、香合等で少考。ここで23金を見つければ後は金合を考えるだけ。私は変化の23金が良いかと思います。もちろん作意も良いですが。」

福原徹彦「取れない捨駒31角成はまずやってみたい手。11金も取れない捨駒で、止めの12龍を支える。」

林 和則「今回も1一金が鍵だった。」

青山良秀「角と龍の押し売りを両方とも取れないのが悔しい所。14飛は苦しい?配置」

橋本「紛れが全く無いのは残念だが、キレイな詰め上がりなので高評価。爽快詰め。」

★誘い手は控えめ、変化は多め、バランスは取れているようです。


【当選者発表】

■お一人様で何通もの解答を送られた場合、もっとも先に届いたもののみ有効とします。また、お名前(ハンドルネーム)は必ず記載してください。記載のなかった場合、メールアドレスの最初の部分(「@」の直前)の一部を掲載させていただきす。お名前、アドレスともに記載のない場合は、短評のみ掲載し、正解者リスト掲載や抽選からは除外いたします。悪しからずご了承ください。

詰パラ最新号を5名様に進呈いたします(定期購読者の方は誌代1ヵ月分入帖)。

■解答時にメールアドレスを記載された方には、発送先をお尋ねするメールを送りますので、折り返し必要事項をお知らせください。

当選者はこちらの皆様です!

 当選者……renbajinharuhiさん、占魚亭さん、福原徹彦さん、坂野 均さん、浅沼英樹さん

■おめでとうございます(^-^)


【正解者(変則五十音順、敬称略、@ABは解答到着上位3名、LAST!は最後】

【英字】 APTX4870■eeroberts■Fin■kabo■kentara621■marsall■
renbajinharuhi■RINTARO■R.Mueller■shima■S.Kimura■
twd■uma■yoshi-take■
【記号・数字】  
【ひらがな】 あなすい■あれれれ■うーまん■えぐち■くまのプーさん■そらお■ひいくん■べら■むらちゃん■もくの■やまなみとほに■
【カタカナ】 アニメおたく■キリギリス■タカシ■バビル3世■ハマG■ピッコロ■ポチ■ワイト■

【あ】

青江邦正■青山良秀■有田和洋■有吉弘敏■五十嵐創■池田 明■石原 守■市橋宗士■伊藤孝志■伊藤光恵■犬飼健一■井上浩一■井上泰夫■伊原恒裕■今井一之■岩瀬寛司■初冠■大井芳行■大塚憲次■大野一徹■大野慎太郎■大野芳樹■岡崎紀之■岡田栄二■岡山 忍■
【か】 海賊王■加島新之助■片山 知■上谷昌昭■苅田隆介■川浜次夫■北町奉行■木村真二■木村 正■口岩健一■久保貴史@■黒木雅明■桑原英明■小林常保■小峰耕希■近藤寛己■今野盛基■
【さ】 坂野孔一■坂野 均■坂本栄治郎■佐々木昭則■佐藤 司■山椒魚■塩谷時蔵■清水 有■白石直人■鈴木康弘■占魚亭■荘山■空蛙■
【た】 高田明浩■高橋隆樹■滝沢 創■治山治水■出口智博■
【な】 内藤英一郎■中村充男LAST!■中村隆之■中村丈志■西尾行広■西村 章■野涯英樹■野中正義■
【は】 橋本■長谷川和久■波多野賢太郎■花村晃斉■林 和則■原田椅子■原田雄二■福島 宏■福島博司■福原徹彦■藤崎博也B■布施英治■堀口真志■本多■
【ま】 松岡利忠■松倉弘明■松本 繁■水沼誠一郎■南里憲司A■三森 満■三宅周治■無言■武者小路勝巳■武藤 博■木火■
【や】 安井 進■安井 豊■柳沢孝志■山岸 格■山口亮一■山下 稔■山田毅久■山辺充央■山本勝典■山本孝志■吉田清一■吉田正志■吉野松樹■依田邦久■世迷い言■
【ら】  
【わ】 渡辺雄幸■渡邉裕之■

 

このページのトップへ