> サイト一覧 > 詰将棋を解く / 先月の懸賞詰将棋
 

玉方/21歩、31歩、32玉、41桂、42歩/攻方/13歩、15銀、23歩、44金/持駒/角金銀歩/

【作者】松田圭市

【正解】22歩成、同歩、21角、同玉、11金、32玉、21銀、23玉、24歩、13玉、12金まで11手。

【解答数】135名→誤解1名

★盤上は小駒のみ。持駒に角はあるものの、大駒らしく使えるようには思えません。小駒中心の手順が予想されます。

★初手、とりあえず33歩と打つのは同桂で、41玉からの逃亡を作ってしまいます。ここは軽く歩成から入りましょう。同玉には12金、32玉、23銀、同玉、14角まで。一応角が面目を保つ手順です(他の手順でも詰むので「一応」です)。と金を歩で払って、3手目からが本作の狙いに関わる部分。

★平凡に攻めるなら、(1)3手目21銀、同玉、12角ですが、32玉で詰みません。斜め駒を残す(2)21銀、同玉、12金は、32玉、21角、23玉で打歩詰の局面を迎えます。12金をずらしておく(3)21銀、同玉、11金は、同玉で詰みません。正解は銀を残す(4)21角、同玉、11金という組み合わせでした。これで打歩詰を回避し、24歩と打てるのです。

★小駒のみのさっぱりとした見た目に、初形からは予見できない形で打歩詰回避を絡めているのがうまい作り方。角金の打ち方に詰将棋らしい妙味があります。


◆「トップページ懸賞詰将棋」現在在庫2作……[5月]決定、[6月以降]未定………皆様のご投稿をお待ちしております。

◆作品投稿はこちらから→【投稿フォーム……当ページ更新時点までの投稿作で、採否検討中のものを除き、採用予定にお名前がない場合は不採用となります。

(採否検討中=連絡可能な電子メールアドレスが記載されている作品には、必ずこちから採否をお伝えする返信メールをお送りしています。このメールが未着の場合「採否検討中」になります。毎月下旬にまとめて返信することが多いです。)


久保貴史「11金と隅にそっと置くのが粋。」

★打ちつける手ではないですね。

出口智博「珍しい攻めかたですね。」

小林常保「月替わりの初日の午前0時40分頃に 新作が発表されますが 深夜まで待機して午前1時22分に解きました。解答の送信は平成29年3月1日(水)午前1時35分頃ですが それより早く解答送信した方はいましたか?小生は何番目の解答者でしたか?打歩詰回避の1一金が ちょっと発見しにくい!」

★ご覧の通りの順番です。なお、特段の事情がない限り出題は0時丁度に行っています。

口岩健一「▲1一金が発見できるかだね。」

佐藤 司「こんな早い時間に解けてしまうとは・・・。こんなことも有るのですね。」

本多「1二金だと打ち歩になる・・・1一金があるなって気付いたら後は楽でした。」

苅田隆介「5手目の1一金が妙手ですね。あと3手目は2一銀を最初に考えましたが、2一角なんですね。ヒントにあった3手目、5手目を慎重にですね。」

★誤答1名は3手目21銀でした。

北原幹久「これは申し訳ないけど楽勝であった。「秒殺」と言ってもよい。初手2二歩成もこの一手であろう。紛れは「角打」か「銀打」か、「1一金」ぐらいだが、そんなには迷わない。いっそのこと角を銀に代え、「小駒図式」にしてしまえば…と思うが、もっと分かりやすくなってしまうのだろう。もう一つ二つパンチのある手がほしかった。」

青江邦正「1一金が巧い」

西村 章「サラサラと流れ落ちる「すなどけい」の様な手順の中に光る金打」

★「すなどけい」は作者の松田圭市さんの作品集。

ピッコロ「1一金の発見に苦労しました。」

安井 進「妙ちくりん 禁じ手避ける いちいち金」

南里憲司「ヒントに助かった」

池田 明「2手目 同玉は11角 32玉 33歩 同桂 43銀 同歩 33角成 41玉 42金まで11手桂・歩余り → この作意と同じ11手詰(駒余り)の変化手順がよい。3手目 21銀は同玉 11金 同玉で不詰。 また5手目 12金は32玉 21銀 23玉で次の24歩が打歩詰で不詰となる これらの逃れ手順も面白い。最初に角を捨ててしまうのが詰将棋らしい手順でした。」

RINTARO「打歩回避の11金に全てを賭けた作品。」

タカシ「詰筋がなかなか見えず、難しかった。普通に追っていくと打歩詰めになる。それをどう解消するかがテーマになっていることが分かった。そこから盲点の1一金にたどりついた。」

★打歩詰は詰将棋のためのルールだと認識させる一作。

藤崎博也「攻め方3手目は2一銀として角を温存したいところだが、あえて角を使い、手駒に銀が残るので次の1一金が可能となる。いずれも盲点でした!! 簡単ですが佳作と思います。」

ひいくん「12金とした後で21角11金に気付く」

べら「案外解きやすかったです。」

石原 守「3手目はすぐ気がついたのですが,打ち歩詰めを避ける1一金がポイントですね。このところヒントが難しいです。」

★まっすぐに球を投げるのは難しいですね(^^;

marsall「これは盲点を突く攻め方。2手目同玉の変化の12金もちょっと指しづらい。こういう作品、結構好きだなー。」

井上泰夫「角で誘ってから逃げ道を少なくしたのがうまい手で、良かった!」

渡邉裕之「1一金が見えるまで打ち歩詰めとの格闘でした」

福島 宏「最初、5手目に「12金」を考えたが、打ち歩詰めになるので、それを避けるため「11金」に到達した。」

坂野孔一「11金とはすごい」

内藤英一郎「すごく実戦的な配図でしたが、2一角がなかなか出てこなかった。」

shima「初手はこの一手。「3手目は21角か21銀→5手目は11金→6手目同玉に対して持駒角では詰まないため、3手目は角。6手目32玉以下は追い詰」という考え順で詰ませましたが、平凡すぎる手順に戸惑ってしまいました。「3手目は21角か21銀→5手目12銀か12角はいずれも詰まず、さらに3手目が角か銀か未確定→5手目12金→24歩が打歩詰で詰まず、依然として3手目が未確定→5手目11金を発見、打歩詰が見事解消!→6手目同玉に対して持駒角では詰まないため、ようやく3手目が角に決定!」という順を踏めばよかったんですね。」

★11金がすぐに見えるかどうかで評価は変わりそうです。

山椒魚「初手3三歩は同桂で絶望なので2二歩成くらいだが、そこから意外に悩んだ。」

波多野賢太郎「1二ではなく1一金が工夫の一手。狙いがわかりやすい作品でいいですね。」

福島博司「二日投稿 ちょっと早いかな」

中村丈志「これだけ駒があり、玉も狭いのになかなか詰まず驚いた。」

山岸 格「要駒のはずの1三歩が最後に打ち歩詰め逃れの「エサ」になるという感じが面白かったです。」

ハマG「効率の悪い雪隠の金がすぐれもの」

★普通は12金ですよね。

高橋隆樹「11に玉を呼んでの頭金が普通の発想ですが、予め22に守備駒を呼んだ上なら頭銀の狙いが盲点で、最後に打歩詰めを避けた13歩の配置が絶妙でした。」

バビル3世「ポイントは、3手目だなと思い解いた後 ヒントを見ると3手目と5手目を慎重にあった。3手目わかると5手目に気がつくはず。」

木村 正「打歩詰回避の5手目 1一金がシブイ手だが 後続の手順が単調でした。実質的には5手詰でした。」

有吉弘敏「なるほど。そういう事ですね。」

伊原恒裕「歩成は最近あったかな。11金も、この1手なのに、なぜか打ちにくい。もやもや感が良い味ですね。」

佐々木昭則「22歩成のあと、21銀ばかり考えていました^^;  角が主役に見えて、早々に退場してしまうとは。。。玉が目まぐるしく動く、リズミカルな良作です^^ 」

★唯一の大駒、大事に使いたくなるものです。

アニメおたく「セオリーと真逆に大きい駒から使っていくところが面白いです。特に11金が渋い。」

キリギリス「銀を残して▲1一金が巧妙。」

今野盛基「打歩詰みが見えれば11金の発見は容易。」

中村隆之「5手目が見えるかどうか」

鈴木康弘「1一金が一目打ちづらく、盲点になりやすい。1二に金を打った時の打ち歩詰め打開を考えてるうちに、この手を発見できた。」

S.Kimura「11金が見えなかった.」

大沼修平「11金がなかなか見えなかった。この詰筋は初めてみた。面白い作品。」

大森常一「1一金打が素晴らしい。実は2手目2二同玉に1一角を考えて悩んでしまいました。作意手順が分かってから、この変化が容易に解けました。」

★柿木将棋によると手数以内の詰みは6通りもあるのに、なぜか詰ましにくいですね。

空蛙「5手目に1二金だと思って、しっかり作者の罠に嵌りました。」

松倉弘明「5手目が発見出来ずに、20分も考えてしまいました。」

荘山「11金には唸ってしまいました!」

renbajinharuhi「33に駒を打つと同桂で逃げ道を広げそうなのでまず感覚的に22歩成から考えたい所。同玉は11角以下並べ詰みなので、同歩の一手。そこで21銀、同玉、12金、32玉、21角、23玉と進むと打ち歩詰め。打ち歩詰めには詰みありと思い、再考すると21角〜11金の順に思い至る。一見筋悪風だが、打った駒(金)の再活用を図る味わいがいい感じ。」

あなすい「3手目、邪念にとらわれ随分違うことを考えて彷徨いました。(桂馬を動かすような手や3四から角を打ちたい衝動などwつまらない妄想)一歩道を誤ると迷路に迷い込む問題だと思いました。おのれの未熟を思い知りました。」

★その邪念が創作の第一歩。

三宅周治「一見、筋悪の11金が妙手に変わる手順がうまい。」

小峰耕希「角捨ての後に俗手が続く感覚が独特。」

滝沢 創「1一金が面白いです」

井上浩一「今月は簡単に解けました。注意しなければならないのは、金を1二ではなく1一に打つことだけでした。最後はその1一金に敬意を表して1二金までとしました。」

twd「3手目に2一銀ばかり考えていたことが仇になり、1一金が完全に盲点となって、迷路にはまり込みました。解けてからヒントの意味をかみしめました。手順だけ見れば後半は並べ詰みですが、迷ってこの手順にたどり着いた爽快感は非常に大きいものがありました。」

★打歩詰を回避して打つ歩は、味わいがあります。

yoshi-take「これは意外な手順でした。5手目11金が先に見えてしまい、12金と打つと打歩詰になることは後から気付きましたが。(^^;」

木火「1一金に気づくまでが勝負でした。」

伊藤孝志「5手目1一金を発見した時は悪夢から覚めた想いでした。」

白石直人「持ち駒の歩の使いどころを考えると初手歩成りだろうとは思ったが、3手目と5手目の連続技を見つけるのが難しかった。」

大野一徹「3手目の角打に気がついてからはスムーズに行きました。」

山田毅久「点数が高い持ち駒から使うところがユニーク。」

近藤寛己「打歩詰回避のための迂回手順なのですね。解けて楽しいです。」

大野芳樹「打ち歩詰に悩み、角を有効に使おうと思い迷路に入り込みました。五手目の1一金は盲点になりました。解くまでの数日間、悶々としました。」

巌渕浩志「初手は一目こうやってみたい手。以下3手目に角か銀を2一に捨てて同王までは大体一気の読み。しかし5手目が意表の一手でこれを考えつくまでがしばらく試行錯誤。これを想定する事ができれば一気に収束。」

武藤 博「5手目の「1一金」が急所。」

岡崎紀之「軽い打歩詰回避の作品ですね。易しくて良いです。」

★易しいつもりでしたが、案外解答数は伸びず。

占魚亭「角先角銀。一瞬、9手目は打歩詰かと思いました。」

松岡利忠「11金の見えないこと、全く見えなかった。」

R.Mueller「打ち歩詰めは苦手です、11金を見つけるのに3日かかってしまいました。」

黒木雅明「詰キストとならば,初手は何も考えずに歩成から入りますね。楽しく解けましたが,ちょっと不動駒が多いのが気になりました。」

kabo「一枚足りない感と非定型の手順に悩まされました。玉方の守りは桂歩だけでも意外に堅陣ですね。実戦だと、うっかり23歩と叩いてしまい、玉に寄られて悩む構図が目に浮かびます。。。」

上谷昌昭「なぜか2四歩が打ち歩詰めのような気がして何度も確認してしまいました。2手目同玉に対して1一角と打った時に3二玉と逃げられるのがいやらしい変化ですが、3三歩から4三銀で守備駒をつり上げることで角が活用できるのですね。」

★32玉に23銀〜24歩が早いですが、格好良い詰ませ方ですね。

福田龍一「打ち歩の打開が大変でしたが、わかった時は爽快でした。」

清水 有「5手目の11金が全てで上部が狭い。」

塩谷時蔵「5手目、普通は12金だが、打ち歩詰回避の11金、気持ちがいい。」

坂本栄治郎「ジッと、11金がシブイ、「打歩に詰み有り!」」

ワイト「▲1一金がもったいない感じで中々見えなかった」

市橋宗士「盤面歩が多いと、ちょっと爽やかな感じ、変化もそれ程むずかしい、とは感じなかった。月の半ばで解けたのは久しぶりだ。初手角打ちなどの紛れはあるが、桂が働いてくると左辺へ逃亡されるので続かない(と思う)。1段目にベタベタっと打つ、異筋の手はあまり観たことが無い。背後から攻める、まるで鵯越えの戦法のようだ。作者は、どんな意図で作れらたのか、恒例の「降臨」を期待しつつ、桜の咲くのを待ちましょう。解答投稿数もぐっと増えそうです。」

★作者は一言「角と銀の差」と書かれていました。詰将棋の会合で作者とお会いした時に原図?の9手詰を拝見しましたが、この2手逆算が入ったのは大きいですね。

転職迷い「流れが掴めれば簡単だった。あとヒントがよくわからなかった。」

坂野 均「なんとも野暮ったい金打ちだがそこが売り。」

原田椅子「角金銀という打ち順が大事な駒から手放すようでやりにくい。」

門田和雄「▲11金で拠点をつくる手がおもしろい」

西尾行広「実戦では考えられない効率の悪い駒の打ち方。」

林 和則「下から攻めるとは、意外でした。」

依田邦久「11金と21銀の重さが感触良しでした。最後は金の再活用。」

藤野勝好「4一の桂を見て3筋から行かずに2筋をゴリゴリ。5手目が面白かった。」

★41地点を開放するわけにはいきませんね。

あれれれ「金打ちは意外な手筋ですね。」

もくの「たぶん正解だと思います…11金は気持ち良い一手でした。」

うーまん「1一金は、なかなか見えませんでした。」

北町奉行「初手22歩成に同玉は11角があると気づいてからは早く解けました。」

松本 繁「3手目21銀打ちは似たような形が何回か前にあったと思いますが、角を残したくなるのが人情。今回は、5手目11金が閃いて同玉なら、頭銀なので3手目は角打ちと気付いたのが本当のところです。普通に指すと打ち歩詰めなのでおかしいと思いつつ、時間がかかりました。」

池田秀三「22歩成、同歩、21銀、同玉、12角まで手なりで進めてン?まさか詰まない!?11金はすぐには見えない。俗手の好手に入るのかな?後は並べ詰みに近く、かえって不安になる。これで詰んでますよね。」

海賊王「意外と解きにくかった。」

谷口翔太「初手への応手、同歩or同王で小考。後はスイスイ、気分は最高。」

原岡望「角捨てがポイント」

鈴木 明「ヒントで助かりました」

kentara621「3〜5手目の連続駒捨てから実戦的な詰め上がりで爽快でした。」

長谷川和久「打ち歩詰め回避策が何気ない11金とは…。発見に時間がかかってしまった。」

山本孝志「初手は歩成ですが、その後考えます。11金が発見できれば後は追い詰。先に金を手放すのは指しにくいです。最近9手詰の出題がないので、「9手詰マスター」の作者に作ってもらいたかったです。」

★9手詰、お待ちしています!

佐藤安男「締切間近になっても解けず,今回初めてヒントを見ました。それでも,1一金はしばらく出てきませんでした。盲点になってました。」

★打歩詰問題は慣れが必要なようで……。

青山良秀「角先角銀は珍しいのでは?でも打歩回避は愚形の妙手の金打ちで。」

吉野松樹「5手目の11金が打ち歩詰め回避のためとはいえ指しにくい。」

現ノ証拠「金打ちが俗手の好手で綺麗に決まりますね。」

中村充男「Lastに限りなく近く!!」

福原徹彦「あっさりと、気楽に解けました。」


【当選者発表】

■お一人様で何通もの解答を送られた場合、もっとも先に届いたもののみ有効とします。また、お名前(ハンドルネーム)は必ず記載してください。記載のなかった場合、メールアドレスの最初の部分(「@」の直前)の一部を掲載させていただきす。お名前、アドレスともに記載のない場合は、短評のみ掲載し、正解者リスト掲載や抽選からは除外いたします。悪しからずご了承ください。

詰パラ最新号を5名様に進呈いたします(定期購読者の方は誌代1ヵ月分入帖)。

■解答時にメールアドレスを記載された方には、発送先をお尋ねするメールを送りますので、折り返し必要事項をお知らせください。

当選者はこちらの皆様です!

 当選者……もくのさん、伊藤孝志さん、原田椅子さん、佐々木昭則さん、山田毅久さん

■おめでとうございます(^-^)


【正解者(変則五十音順、敬称略、@ABは解答到着上位3名、LAST!は最後】

【英字】 kabo■kentara621■marsall■renbajinharuhi■RINTARO■
R.Mueller■shima■S.Kimura■twd■yoshi-take■
【記号・数字】  
【ひらがな】 あなすい■あれれれ■うーまん■えぐち■そらお■ひいくん■べら■むらちゃん■もくの■やまなみとほに■
【カタカナ】 アニメおたく■キリギリス■タカシ■バビル3世■ハマG■ピッコロ■ポチ■ワイト■

【あ】

青江邦正■青葉■青山良秀■有吉弘敏■池田 明■池田秀三■石原 守■市橋宗士■伊藤孝志■井上浩一■井上泰夫■伊原恒裕■今井一之■巌渕浩志■大井芳行■大塚憲次■大沼修平■大野一徹■大野芳樹■大森常一■岡崎紀之■岡山 忍■
【か】 海賊王■片山 知■門田和雄■上谷昌昭■苅田隆介■北原幹久■北町奉行■木村真二■木村 正■口岩健一■久保貴史@■黒木雅明■桑原英明■現ノ証拠■此本蓮士朗■小林常保B■小峰耕希■近藤寛己■今野盛基■
【さ】 坂野孔一■坂野 均■坂本栄治郎■佐々木昭則■佐藤 司■佐藤安男■山椒魚■塩谷時蔵■清水 有■白石直人■鈴木 明■鈴木康弘■占魚亭■荘山■空蛙■
【た】 高橋隆樹■滝沢 創■谷口翔太■津川貴久■出口智博A■転職迷い■
【な】 内藤英一郎■中村充男■中村隆之■中村丈志■西尾行広■西村 章■西山 勇■野涯英樹■野中正義■
【は】 長谷川和久■長谷川千夏■波多野賢太郎■林 和則■原岡 望■原田椅子■福島 宏■福島博司■福田龍一■福原徹彦LAST!■藤崎博也■藤野勝好■布施英治■堀口真志■本多■
【ま】 松岡利忠■松倉弘明■松本 繁■南里憲司■三森 満■三宅周治■武藤 博■木火■
【や】 安井 進■安井 豊■柳沢孝志■山岸 格■山田毅久■山辺充央■山本勝典■山本孝志■山本 徹■吉野松樹■依田邦久■
【ら】  
【わ】 渡邉裕之■

 

このページのトップへ