> サイト一覧 > 詰将棋を解く / 先月の懸賞詰将棋
 

玉方/11玉、12香、14飛、21桂、24歩、32金、35歩/攻方/43角、61飛/持駒/角銀2/

【作者】西村 章

【正解】22銀、同玉、31角、11玉、22銀、同金、21角成、同金、23桂まで9手。

【解答数】147名→誤解2名

★穴熊崩れ?の実戦型。

★初手21飛成と切る手も見えますが、横に利きのない持駒ばかりでは捕まりません。そこで目をつけたいのが守りの金。質駒として利用できそうです。正解は22銀〜31角として金を誘う手順。対して31同金と取ると同飛成で攻方の思うツボ。ここは11玉と穴に戻るのが粘りの対応です。なお、2手目同金は21飛成、同金、33角、22香合、23桂まで、桂吊るしの詰みが隠れています。4手目33玉は34銀、44玉、64飛成まで。

★穴熊に再度22銀と捨てると、今度は同金と取らざるを得ません。そこで勢いに乗って7手目同角成と取ってしまうと、同玉で、(1)31飛成は13玉、23金、同玉、34角成、13玉以下、(2)21飛成は33玉、34金、42玉、32龍、43玉以下、いずれも詰みません。金ではなく、桂を取るのが意外な手で、同玉には42角成と開き王手の詰み。これで作意にも桂吊るしの詰みが登場します。

★実戦型から金を巡る攻防。ところが実際には桂を取るという意外性が楽しめる作品でした。

末尾に2017年度全題正解者一覧を掲載!


◆「トップページ懸賞詰将棋」現在在庫1作……[2月]決定、[3月以降]未定………皆様のご投稿をお待ちしております。

◆作品投稿はこちらから→【投稿フォーム……当ページ更新時点までの投稿作で、採否検討中のものを除き、採用予定にお名前がない場合は不採用となります。

(採否検討中=連絡可能な電子メールアドレスが記載されている作品には、必ずこちから採否をお伝えする返信メールをお送りしています。このメールが未着の場合「採否検討中」になります。毎月下旬にまとめて返信することが多いです。)


本多「さくさく解けました。」

久保貴史「たぶん3手目23銀の紛れのため駒を増やしたのはもったいないところ。」

★3手目23銀は13玉!とかわして逃れ。意図した紛れではなさそう?

小林常保「7手目「2一角成」が詰将棋らしい手。平成29年12月1日(金) 午前0時38分に解く 0時45分 解答送信(何番目でしたか?)」

タカシ「金を取って龍で追うと、1三玉で詰まない。そこであれっと思わせるのが見せどころか。」

日坂 仁「3手目が不利な感じで気づきにくかったものの、詰め上がりがとてもかっこいい。」

山椒魚「2二金の形にすることが大事なんですね。」

空蛙「穴熊には桂ですね。不動の6一飛の存在感!」

★縁の下とは言えないかもしれませんが、しっかり支えてくれました。

口岩健一「早詰みと駒余りの手順を除いたらこの解答になったって感じかな。」

キリギリス「▲3三角〜▲2三桂の筋が思い浮かびましたが、▲3一角〜▲2三桂でしたか。収束が妙手順でした。」

青江邦正「2一角成が意表を突く。」

★あまり見ない収束だと思います。

近藤寛己「気持ちよく解けました。」

kabo「初手が限られているのと9手詰という情報から、合駒請求も初手の駒取りもないと踏んで2二銀から読むと、意外にあっさりと詰みました。実戦でこれを詰められるようになると良いのですが。。。」

藤崎博也「初手2二銀で玉をおびき寄せればあとは簡単でした。」

伊原恒裕「収束がフシギ、初めてじゃ無いかしらん。好作。」

白石直人「詰将棋らしからぬ感じの詰め手順。紛れもそんなになく、あまり悩まずに詰んでしまった。」

吉田真一「手は広くないので割とすんなり解けたきがします。(正解だとよいのですが・・・)」

今野盛基「今月も易しい問題でした。」

内藤英一郎「初手が限定していて比較的スムーズにできました。今年も楽しませていただきありがとうございました。」

安井 進「遠くから 静かに睨む 飛の威力」

渡辺将輝「22銀〜23銀の筋ばかり考えてしまって苦戦しました。」

井上浩一「初手は2二銀以外考えにくく、3手目も3一角以外は詰みそうもないと、一見簡単そうでしたが、2一の桂をとるのが詰将棋らしくなくて、なかなか浮かびませんでした。意表を突かれた思いです。王方1四飛が歩でない理由はこれから考えます。これも詰将棋の楽しみですね。」

★7手目22同角成、同玉、21飛成、33玉、34金、42玉、12龍!以下の余詰防ぎが14飛の正体でした。他の方法(たとえば「12歩、14香」)でも対処できますが、作者は実戦型の見た目を第一に考えられました。

高橋隆樹「4手目33玉と上部脱出を図れば34銀、44玉、64飛成で7手、8手目同玉は42角成で9手の駒余り。コンパクトながら精巧な作品でした。」

西尾行広「7手目に金を取って詰みそうだが、逃れている。」

桑折恭一「4手目11玉になかなか気づかなかった。手数が示されてなかったら、7手詰めで回答したと思う。」

大井芳行「玉方6一飛が最後まで動かないのが面白い!」

高田明浩「いつも楽しみにしています。これからもよろしくお願いします!」

石原 守「3一角を取ったり,1一以外に動くと簡単に詰んでしまうので,3一角を考えてからはすんなりといきました。3一角をなかなか考えられなかったです。1四の飛車は何のためなんだろうと思いました。」

べら「有効な手が少なくて考えやすかったです。」

南里憲司「詰み筋の変化が、多くて、紛らわしかった。」

★攻方の着手はあまり悩まないものの、玉方の対応は考えさせられます。

松田圭市「上手くできていると思います。まだまだ実戦型はあるようですね。」

北原幹久「う〜ん、この作品をどう評価すればいいんだろう。初手の角打ちに限定様相がないので、多分、2二の銀打ちは必然手だ。そうなると、同玉も必然。同金には2一角成から3三角がある。3一角もこれしかない必然。次の2二銀も多分、必然。次の2一角成は新鮮だが、これだけだ。もう少しスパイスが利いてほしいと思うのは私だけではあるまい。実戦型のよさも、ちょっと半減?」

井上泰夫「角の二枚を使って、最後に桂馬でピタッ!と決めていたのが良かった!」

RINTARO「ありふれた形にありふれた手順だけど、気持ちよく解けたので良し。」

山田毅久「すぐ分かったが、▲22同角成では詰まないようになっているのに感心。」

★14飛の配置といい、気をつかうところです。

鈴木康弘「わずか9手ながら、導入(初手2二銀)と収束(2一角成)に妙手が盛り込まれている素晴らしい作品。」

松浦義成「2三桂までの持っていき方」

twd「2手目同金の変化も含めて、桂馬が鍵になっていますね。意外性のある桂馬の力を改めて感じさせられます。」

大塚康平「収束が綺麗だと思いました。」

ハマG「33角かと思いましたが合で不詰、敵の打ちたい所に打つ22銀しかない、となりました」

片山 知「見慣れない収束で面白いと感じました。1四の駒が飛である必要については、誰かが分析してくれているはずなのでその回答を待ちます。」

★(^^;

Jim Tan「erm, there seems to be another answer: ▲2二銀 △同玉 ▲3一角 △同金 ▲同飛成 △1三玉 ▲2二銀 △2三玉 ▲3四金 Except that this one requires kin capture. Otherwise, its nicely crafted. 4th move is impt to understand that if gote escapes to 33 to 44, then there is the earlier mate path of ▲3四銀 △4四玉▲6四飛成. I'm curious what the correct answer is now, that's a good thing, right ? :)」

★If the 4th move is △同金 , after that ▲同飛成 △1三玉 ▲2二銀 △2三玉 ▲3四角成 , gin will remain in mochigoma. Therefore it is not correct answer. I think that it is a good method to take 21kei instead of 22kin. It is difficult for me to write commentary on Shogi in English, so I would like to practice with comments to you.

池田 明「玉方1二香の意味を教えてください。歩でもよいのでは? 9手詰と言うヒントがなかったら迷った。」

原田雄二「7手目金をとらずに桂をとる。」

うーまん「変化はいろいろあるけど。」

野甚蔵「4手目に同金ならば同飛成以下9手駒余り。また、角・飛車のいずれかは捨て駒にしたいもの。収束がはっきりしない感じで解きにくかった。」

★詰将棋としては不思議な収束。

福島 宏「21角成がポイントと思う。桂の弱点を角が補っている詰め上りの形が面白い。」

平本健生「2一角成の妙手でした」

木村 正「2手目「2二同金」は以下 2一角成 同金 3三角 2二合 2三桂まで7手。4手目「3一同金」は以下 同飛成 1三玉 2二銀 2三玉 3四龍まで9手 金余る。また4手目「3三玉」は以下3四銀 4四玉 6四飛成まで7手。これらの変化手順もよい。玉方「6一飛」の配置でなく「5一飛」でも よいですか?」

★61飛のほうが変化の味が増しますね。

marsall「穴熊を固めさせる2回の22銀で詰むところが意外だった。」

三森 満「玉のそばに金を近づけて玉の退路をふさぐ。取る駒は金ではなく桂馬。実戦では指せない手ばかりです。」

吉田清一「7手目、▲2一角成と捨てる手が見えず、悩んでしまった。」

★3手詰と分かっていても悩みそう。

ふーあんこにゅ「7手目まではまあこうだろうな、というところ。但しそこでなぜか桂を取る筋に気づかず、金を取る方だとどうも詰まないので初手から考え直して・・・という感じでハマりました。解けたあとでヒントを読んで納得です・・・。」

大野芳樹「7手目2二金を取りたくなりますが、桂を取るのがポイントになります。毎度のことですが、思い込みや先入観がダメだと教えてくれる作品でした。」

堀江一輝「△32金と質を取って詰まそうとしたら、逆に頓死。そんな実戦を想像しました」

あなすい「2手目同金は2一飛成 同金 3三角 2二合 2三桂で詰み」

山田 正「いったん2二同玉とした玉が1一玉と雪隠(せっちん)に引っ込むのが面白い」

治山治水「新年明けましておめでとうございます。。今年も宜しくお願い致します。。。2017年最後は、わりかし易しい問題と思いましたが、一つ五手目に逃げられる様な筋が見えたが取り越し苦労でした。」

★こちらこそよろしくお願い申し上げます。

坂本栄治郎「銀と玉の攻防面白い」

丸山薫生「なんとも皮肉な穴熊崩しですね。21角成の感触が微妙ですw」

アニメおたく「せっかく雪隠から出られたと思ったのにまた押し込められて最後は桂馬に吊るされる玉が哀れ・・・」

佐々木昭則「今回、運よく初手22銀を見つけました。もし、33角打ちから入ったら紛糾したかもしれません^^;詰め上りは、意表を突かれました。まさか、桂打とは。。。 意外性のある面白い良作です^^」

小峰耕希「7手目21角成を同玉と取れないのは、チェスのバックランク・メイトっぽい要領ですね。これで2年連続で通年解答になっているはず。」

★調べてしまいました(^^; 合駒のある将棋ではちょっとイメージしにくい形ですね。

坂野孔一「意外に平凡な作意」

川浜次夫「9手で詰む幾通りかの手順のうち駒余りのないものを選んでみましたが、これでいいのかなぁ。」

ピッコロ「手が広く苦労しました。これ以外は逃げられるという手を探すことでなんとか詰ませられました。」

山本勝典「爽やかな佳作という印象です」

荘山「最初に角打ちもあるかな?持ち駒に金気がないのでどこかで金を入手するのかな?と予想しましたが綺麗な詰め手順で予想が外れました。」

山岸 格「攻め方の6一飛の意味は分かりましたが、玉方の1四飛の意味がまだ分かってないです。」

renbajinharuhi「33角が目につくが合駒で続かない。かといって21飛成、同玉、33桂も無理。したがって初手は22銀しかない。同金は21角成〜33角〜23桂で詰みなので同玉の一手。次の31角が取れないので、逃げ場所探しだが、11玉しか見当たらない。以下は王手が22銀に限定される。6手目同金に同角成に誘惑されるかもしれないが、21角成で解決。驚きの雪隠詰め。9手詰との記載がなければ6手目以降同金、同角成、同玉、31飛成、13玉、23金、同玉、34角成、13玉、33竜まで考えてあっ!(同桂がある)かもしれない。」

福島博司「ちと時間がかかった」

あれれれ「微妙に狭い王様です。」

花村 斉「うまく吊るせました。」

藤田貴博「実戦で出てきそうでとても参考になりました。」

さんちゃご「2手早く詰んでしまう“不正解”手順(4手目の応手3三玉…以下)の方が、詰め上がりの形は格好良いですよね。3五歩の意味がはっきりしますし、6一飛の配置(5一飛ではないところ)に作者の美意識を感じます。一方で、1四飛の意味が分かりませんでした。余詰め防止なのでしょうが…。ところで、自分が“羽生世代”(1歳違いですが…)であることを(勝手ながら)周囲に自慢している今日この頃です。」

★昔、小誌で「羽生数」という言葉を見ました(橋本孝治さんか若島正さんのエッセイ?? 記憶が曖昧です)。羽生さんご自身を「0」とし、将棋で勝ったことがある人は「1」、その人に勝ったことがある人は「2」、……と定めると、自分はいったいいくつになるのか……というような内容だったと思います。筆者は「3」ですが、皆さんはいかがでしょうか?

波多野賢太郎「手順も形も実戦的で、変化手順は結構読みが必要ですね。3五歩にも納得。好みが分かれそうな作品ですが、実戦向け作品ということで良いと思いました。」

shima「好感の持てる変化が豊富で、いいですね。」

堀口真志「3一角が俗手の好手」

S.Kimura「35歩の配置から31角と上に追い出すのはやりやすかったです.」

★この配置はヒントですね。

片岡正人「2二銀を2回打つのが面白い。」

もぐ「3手目までは一目みた期待のとおりでしたが、最後の収束形が浮かばず苦労してしまいました。不動駒が多いですが軽快でよかったです。」

竹内亮太「今月は易しめでしたが、穴熊の実戦形が良いですね。」

有吉弘敏「変わった収束。」

佐藤 司「1日にスラスラ解けたのですが、解答送信を放置していたら今日は10日。今年は、送信未済に気付かずに解答を失念したことも有りましたので、送信して良かった、そう思っています。」

初冠「ひと目、金を取るのかと思ったら違った。」

松岡利忠「どうしても、不動駒が気になる。」

★飛2枚が気になりますか。

武藤 博「金は取らない。(…デスネ。)」

田中裕也「狭いので読みやすいですね。」

岩橋 進「「初手は2二銀」初手3三角は2二合にて不詰、2二銀 同玉 3一角を決めて再び2二銀、同金に2一角成以下桂を入手して詰上る。」

大沼修平「初手が発見出来て後は簡単でした。穴熊の実戦からの創作か。」

占魚亭「金を移動させるための頭4手の仕込みが上手い。」

岡崎紀之「31角が打てれば後はスラスラいきますね。」

有田和洋「初形5一飛より6一飛が微妙に良いのか。」

松本 繁「7手目に金を取らないで21角成とするのが、詰将棋らしいですね。今年はうなるような出題がなかったような気がします。残念。」

のぞえり「31角、11玉の局面はかなりの不詰感。この収束知らなければもっと悩んでた。」

藤原章人「4手目33玉は34銀、44玉、64飛成まで、実戦的でいいと思います。」

北町奉行「初手22銀に同金は21飛成、同金、33角の詰みに気づいてからは早く解けました。」

時たま解き卵「最後は習いある手筋で締める。」

吉野松樹「金を取るのではなく、桂馬を取るのがポイント。詰将棋では金よりも桂馬の方が価値があるということはよくありますね。」

上谷昌昭「作意手順は早くに見つけられたのですが、玉方1四飛の配置の意味を考えているうちに月末近くに…飛車以外にすると余詰めがあるのでしょうか。」

田林ユウマ「一目33角かと思ったら詰まなくて焦った。拠点の作り方が指していて楽しい。」

★退路封鎖の手筋……とはいきませんでした。

依田邦久「薄曇りの感じでだぶる印象の22銀が続き、最後は綺麗な桂吊るしまでの小品でした。」

甘利信夫「初めて 詰めパラにネット応募します。 私にとって非常に興味深いサイトです。 これからも詰め将棋をどんどん解いて頭のトレーニングをしていきたいと思っています。(*^^*)」

★お楽しみください(^-^)

清水 有「詰め上がりが奇麗だあ〜」

中村隆之「二回の▲2二銀がよい」

APTX4870「変化手順では金、作意手順では桂を取るのが面白い。」

長谷川和久「初形を見て根拠は無いが桂があればなあ、と思った。」

佐藤 有「22銀同玉に23銀が習いある手筋であるところ、その裏をつく31角がうまい。」

市橋宗士「飛切りからの金頭桂の基本手筋かな、と思ったが違っていた(持駒に金がないじゃない)。2度目の銀打ちが打ちにくい手、詰め上がりが全然予測できていなかった。角を切った瞬間に、「あ、桂を打てばいいんだ」と気がつく始末、実戦的な詰め筋だった。1四飛の「raison d'etre」(レイゾン・デートル)が実はわかっていないが、まぁ、詰んでいるからいいや。というわけで、恒例(?)の「作者降臨」を期待しつつ、皆様へ、Happy New Year!」

作者「穴熊玉の詰将棋が出来ましたので投稿します。本局は7手目21角成と切るのが実践的な好手で狙いの一手です。」

★正算、逆算、いずれにしても21角成はうまく入りました。

池田秀三「ともかく玉を引っ張り出さねばならないので、まずは22銀。同金は21角成から33角で詰むので同玉。13に逃げられてはならぬので31角。とここまでは絶対と思ったが、応手は案外むつかしい。作意はすぐ読めたが、33玉にしばし考える。34銀から64飛成が見えてようやく解決。よく計算された好作と思う。」

原岡 望「穴に戻って詰まされるとは皮肉」

坂野 均「14は飛より歩の方が自然な配置に見えますが・・・。」

佐藤安男「初手2一飛成から持ち駒4枚もあるので,打っていけは詰むだろうと思ったら,さにあらず…諦めて,普通に2二銀から入ったら詰みました。」

水野靖彦「久しぶりの解答です。軽くまとまっていて楽しめました。」

山本孝志「12月の初めに解いてみたら簡単過ぎました。そして解答送信の大晦日にビール片手で詰めて見ると変化に味のある手順が多く好作だと気付きました。短編で駒取りは嫌われますが、この作品では桂馬を取っての吊るしが逆に良い感じがします。」

★最終手を指すまで、吊るし桂で詰むとは思えません。これが意外性に繋がりました。

福原徹彦「まだまだ詰まなさそうな穴熊ですが、詰んでしまうのですね。手順も結構意外でした。今年もあっという間に年末。今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いします。」

青山良秀「4手目、同金以下はやや俗筋と思い、こちらを作意と見ました。桂が貴重な質駒ですね。」

中野 実「平成29年12月31日(日)午後8時41分 解答送信 今月で7ヶ月連続 Last解答者ですか?」

★2017年もお疲れ様でした(^-^)


【当選者発表】

■お一人様で何通もの解答を送られた場合、もっとも先に届いたもののみ有効とします。また、お名前(ハンドルネーム)は必ず記載してください。記載のなかった場合、メールアドレスの最初の部分(「@」の直前)の一部を掲載させていただきす。お名前、アドレスともに記載のない場合は、短評のみ掲載し、正解者リスト掲載や抽選からは除外いたします。悪しからずご了承ください。

詰パラ最新号を5名様に進呈いたします(定期購読者の方は誌代1ヵ月分入帖)。

■解答時にメールアドレスを記載された方には、発送先をお尋ねするメールを送りますので、折り返し必要事項をお知らせください。

当選者はこちらの皆様です!

 当選者……marsallさん、空蛙さん、竹内亮太さん、dr.kumichoさん、田林ユウマさん

■おめでとうございます(^-^)


【正解者(変則五十音順、敬称略、@ABは解答到着上位3名、LAST!は最後】

【英字】 APTX4870■dr.kumicho■Jim Tan■kabo■marsall■renbajinharuhi■
RINTARO■shima■S.Kimura■twd■
【記号・数字】  
【ひらがな】 あなすい■あれれれ■うーまん■えぐち■さんちゃご■そらお■ちゃんちき■のぞえり■ひいくん■ふーあんこにゅ■べら■むらちゃん■もぐ■やまなみとほに■
【カタカナ】 アニメおたく■キリギリス■タカシ■ハマG■ピッコロ■ポチ■

【あ】

青江邦正■青葉■青山良秀■浅沼英樹■甘利信夫■有田和洋■有吉弘敏■池田 明■池田秀三■石原 守■市橋宗士■伊藤孝志■井上浩一■井上貴裕■井上泰夫■伊原恒裕■今井一之■岩橋 進■初冠■大井芳行■大塚憲次■大塚康平■大沼修平■大野芳樹■岡崎紀之■岡山 忍■
【か】 片岡正人■片山 知■上谷昌昭■苅田隆介■川浜次夫■北原幹久■北町奉行■木村真二■木村 正■口岩健一■久保貴史A■桑原英明■桑折恭一■小林常保B■小峰耕希■近藤寛己■今野盛基■
【さ】 坂野孔一■坂野 均■坂本栄治郎■佐々木昭則■佐藤 司■佐藤安男■佐藤 有■山椒魚■清水 有■白石直人■鈴木康弘■占魚亭■荘山■空蛙■
【た】 高島康太■高田明浩■野甚蔵■高橋隆樹■滝沢 創■竹内亮太■田中裕也■田林ユウマ■治山治水■出口智博■時たま解き卵■
【な】 内藤英一郎■中野 実LAST!■中村隆之■中村丈志■西尾行広■日坂 仁■野涯英樹■野中正義■
【は】 伯井清行■長谷川和久■波多野賢太郎■花田幸弘■花村 斉■原岡 望■原田雄二■平本健生■福島 宏■福島博司■福原徹彦■藤崎博也■藤田貴博■藤原章人■布施英治■堀江一輝■堀口真志■本多@
【ま】 松浦義成■松岡利忠■松田圭市■松本 繁■丸山薫生■水野靖彦■南里憲司■三森 満■武藤 博■
【や】 安井 進■安井 豊■山岸 格■山田毅久■山田 正■山本勝典■山本孝志■吉田真一■吉田清一■吉野松樹■依田邦久■
【ら】  
【わ】 渡辺将輝■

【2017年度年間全題正解者の皆さん】お見事!(^-^)
kabo■renbajinharuhi■RINTARO■shima■S.Kimura■twd■
あなすい■あれれれ■うーまん■そらお■ひいくん■べら■むらちゃん■やまなみとほに■
アニメおたく■キリギリス■タカシ■ハマG■ピッコロ■
青江邦正■有吉弘敏■池田 明■石原 守■伊藤孝志■井上浩一■井上泰夫■伊原恒裕■今井一之■大井芳行■大塚憲次■大野芳樹■岡山 忍■
片山 知■上谷昌昭■木村 正■口岩健一■久保貴史■桑原英明■小林常保■小峰耕希■近藤寛己■今野盛基■
坂野孔一■坂野 均■坂本栄治郎■山椒魚■鈴木康弘■占魚亭■空蛙■
高橋隆樹■
内藤英一郎■中村丈志■野涯英樹■
長谷川和久■波多野賢太郎■福島 宏■福島博司■福原徹彦■藤崎博也■堀口真志■本多■
松岡利忠■松本 繁■南里憲司■武藤 博■
安井 進■安井 豊■山岸 格■山田毅久■山本勝典■吉野松樹■依田邦久■

 

このページのトップへ