> サイト一覧 > 詰将棋を解く / 先月の懸賞詰将棋
 

玉方/11香、12玉、14馬、21桂/攻方/31銀、35飛、36桂、53角/持駒/銀2/

【作者】杉田 透

【正解】13銀、同玉、22銀不成、同玉、31角成、12玉、23銀、同馬、24桂、同馬、32飛成まで11手。

【解答数】125名→誤解4名

★桂香が枠にはまった実戦型。思わず手が出ますが、序盤に関門が待ち構えていました。

★角を活用するには22銀成、同玉、31角成と進めるのが最短です。ところが、取らずに13玉の形が意外にも詰みません。そこで一工夫を加えましょう。まず13銀と捨て、同玉に22銀不成と捨てるのです。文章で書けばたった一文ですが、かなり難しい手順でした。変化を確認しましょう。【2手目】23玉は24銀打以下。同桂は22銀成以下。同馬は32飛成、22歩合、24桂以下。【4手目】23玉は32銀、22玉、31角成、12玉、21銀不成以下。12玉は21銀不成、13玉、22銀以下。

★念願の31角成が実現すればあと一歩。7手目24桂は23玉とかわされてしまうので、これを予防すべく23銀と捨てておくのが味の良い着手です。桂を跳ね捨ててようやく詰みに至りました。誤解4名は、2手目同桂が2名、7手目13銀が2名。

★序盤のみならず、後半にも連続捨駒を盛り込み、とても引き締まった内容です。実戦型11手詰として、かなりの好作と言えるでしょう。


◆「トップページ懸賞詰将棋」現在在庫2作……[4、5月]決定、[6月以降]未定………皆様のご投稿をお待ちしております。

◆作品投稿はこちらから→【投稿フォーム……当ページ更新時点までの投稿作で、採否検討中のものを除き、採用予定にお名前がない場合は不採用となります。

(採否検討中=連絡可能な電子メールアドレスが記載されている作品には、必ずこちから採否をお伝えする返信メールをお送りしています。このメールが未着の場合「採否検討中」になります。毎月下旬にまとめて返信することが多いです。)


波多野賢太郎「序盤の変化を読むのが大変で玉方の応手に迷いました。角を成ってからは気持ちよく銀桂を捨てて、詰上がりもスッキリ。好作。」

RINTARO「序の変化が難しかったです。5手目以降は気持ちいい手が続きます。序の4手の逆算が成功しています。完成品。」

★見事な序でした。

久保貴史「12月出題の阪東英政さんの創作の様子に感動しました。坂東さん これからもお体を大切にされ、また作品を披露してください。楽しみにしています。」

福島博司「どうでしょう一番?」

★残念(^^;

佐藤 司「実戦型、それだけで解図欲が湧く、こんな人間は生きた化石なのでしょうか?」

★いえいえ、読み慣れた形は手を出したくなりますよね。

タカシ「強力な1枚の馬の守りを、飛、角、銀、銀、桂4枚で突破するところが面白い。」

青江邦正「2三銀が巧い。4手目に1二玉の変化が煩わしかった。」

口岩健一「変化の最短手順を見つけるのがやっかいだった。」

ひいくん「13銀から22銀としないと取ってくれないのが巧妙」

伊藤孝志「3手目2二銀不成の後の変化の確認に時間が懸りました。ヒントの「同玉と取ります」とはこのことなんですね。」

南里憲司「初手、焦点の銀捨て」

西村 章「初手第1感22銀成。同玉なら31角成以下詰むが、13玉で不詰。そこで13銀から22銀生の筋を考え解決しました。ただ2手目、4手目の変化がややこしかったので、紙に書いて整理して確認しました。詰上がり、何かの文字の様な、文字でない様な・・・・」

★ぴったりはまりそうな形ですね。

藤崎博也「初手の発見に時間がかかりました。。」

安井 進「巧妙に 馬利き外す 銀と桂」

今野盛基「小気味良い収束。」

坂野孔一「4手目23玉の変化に考えた」

アニメおたく「4手目の変化がもやもやしますがそれを乗り切ると気持ちのいいラストです。23銀でスカッとしますね。」

★最後まで緩みません。

福島 宏「最初「22銀」、「24桂」を試したが、うまく行かず、「13銀」にたどりついた。詰将棋らしい手と思う。」

内藤英一郎「4手目の変化結構あって駒余りにならないのはこれかな?なぜか何となく自信ありません・・」

べら「取りあえず角を活用させようと22銀成同玉を読んでから、初手を発見しました。23銀も含め捨て駒が気持ちいい作品でした。」

石原 守「2三玉にして3二飛成を狙うのか,邪魔な馬を動かすのか悩んでいるうちにやっと解けました」

木火「初手・3手目の手が広く考えにくい問題でした。」

小林常保「(1)2手目 同馬は3二飛成 22合打 同銀成 同馬 2三銀 1三玉 2二龍まで9手駒余り(2)2手目 同桂は2二銀成 同玉 3一角成 1二玉 2四桂 同馬 3二飛成まで9手駒余り(3)2手目 2三玉は2四銀打 同馬 同銀成以下早詰(4)4手目 2三玉は3二銀 1二玉 2一銀左不成以下早詰 以上(1)〜(4)の変化手順の発見に苦労しました。解説ではこれらの変化手順も明記してしてください。 平成29年2月1日(水) 午後6時4分に解く。」

池田 明「先月(平成29年1月)と同じく詰上り図で「詰方の駒が最小限の2枚」でした。詰上り図は何かの形ですか?曲詰ですか?この件について作者の杉田 透さんは何かコメントしてますか?」

★「コンパクト」という表現をされています。

twd「本線がとてもきれいにまとまっていると思いました。2手目、4手目の変化が深くて、難問でした。」

kabo「初手22銀成で同玉だと銀が余って9手で詰むのはすぐ見えたので13に逃げられないよう初手13銀と捨てる手だと考え始めたのですが、同玉だとどの変化も11手で詰むので???に。同桂だと21が空くので21銀が生じて9手で詰むことに気づき、ようやく変化手順と思っていた手順が本筋と気づきました。そしてヒントを見て、二重に納得しました。。。」

井上泰夫「銀が玉を詰ますのよく攻撃してました!」

山田毅久「実戦型から気持ち良い捨て駒連発。詰め将棋の王道。」

有吉弘敏「最初の3手に新味を感じます。」

キリギリス「詰めあがり図は想定できましたが、そこに到達するのは大変でした。」

ハマG「詰め上がりは駒形で清涼詰と見ました。」

塩谷時蔵「14の馬の利きが強烈。それをうまくかいくぐって、最後は32飛成を成立させるため翻弄するのがすっきりしました。あまり難しくなかったです。」

★お強い!

武藤 博「馬筋をずらして、飛成りで決まり!」

大野芳樹「一見簡単そうに見えましたが、変化や紛れが多く悩みました。解いてからヒントを見ましたが、まさしく直球のヒントでした。」

yoshi-take「4手目玉を逃げられてひやっとしましたが、23も12もきっちり割り切れてますね。美しい詰将棋だと思いました。」

山岸 格「4手目逃げた時に桂をもぎ取る変化が読み辛いですね。」

★駒取りは指しにくいです。

大森常一「銀の捨て打がワンクッションとして二度も入る。上手い。」

R.Mueller「馬筋をずらすのに、こんなに手間がかかるとは。」

高橋隆樹「4手目、23玉とかわすのは32銀以下駒余りの11手、同玉として角成に12玉と逃げ込めば23銀の好手を誘ってすっきりした詰上がり。今回は道に迷ってヒントにも助けられました。」

ピッコロ「変化が多く難解でした。詰め上がり図を想定できて何とか解けました。」

本多「2三銀より初手から5手目くらいまでの変化で悩みました。」

北原幹久「全体的に清涼感のある詰将棋である。しかも、そんなに難しくない。幾つかの手の選択に迷う程度だ。初手1三銀はこれしかないだろう。同桂は桂を跳ねて銀二枚の並べ詰め。同玉の一手に角活用のための2二銀不成。つまり銀二枚を使って3一角成を実現したことになる。2三銀が決め手の好手。同玉なら3二飛成で一手詰になっていることが実に大きい要素。最後は望み通りの清涼詰。最後、1二銀と捨てる手で解決すると信じて解答していたので、やや戸惑ったが、好作品である。」

★8手目同玉に32飛成も気持ち良いところ。

井上浩一「角の活用を妨げている3一の銀を捨てると直感し、初手2二銀成としたものの、1三に逃げられて詰まない。先に1三に銀を捨てると、変化はあるが、すべて詰む。持ち駒の銀2枚を捨て、盤上の飛、角、銀もきれいにさばけるすっきりした詰め上がりが嬉しい。」

ワイト「最初二手目に△1三同玉でも11手で詰む手順しか見えなかったので、変同か?と思って悩まされた。」

marsall「一目23銀からだったが、13銀と頭からのぶち込みが正解だったかー。でも23銀も後から出てきた。」

★23銀の実現は嬉しいですね。

治山治水「2枚の銀捨てで最初の位置に玉を戻し、桂跳ねで守備の要の馬を移動させ一間龍で詰みあがりの良い問題でした。」

鈴木康弘「初手の選択肢が多いので、思いのほか悩まされた。連続捨て駒で馬の利きを外し、飛車成りでとどめを刺す収束は鮮やか。」

原田椅子「2手目4手目の変化が深く、中々筋に入らない。この良形からたっぷり読ませる好作。」

空蛙「いきなり2二銀成では取ってくれず、1三銀から2二銀不成だと取ってもらえるところが面白いと思います。2三銀から2四桂も気持ちの良い手順です。」

三宅周治「角の活用と馬の効きをはずす銀使いがうまい。」

松岡利忠「邪魔な銀を捨てるのが先か、13銀が先か?少し迷う。」

小峰耕希「詰上りが先に見えたので、あとから変化読み。」

門田和雄「初手の13銀は打ちにくい、収束は気持ちがいい飛成。」

木村 正「初手1三銀はすぐに発見できたが その後の変化手順をいちいち見つけるのに苦労しました。例 2手目 同馬と同桂と2三玉の変化が本手順より難しい。4手目 1二玉と2三玉の変化も難しかった。7手目 2三銀の捨て駒が渋い(しぶい)手でした。」

現ノ証拠「初手や三手目の変化が何れも秀逸。収束は土台の桂を捌いて綺麗な清涼詰へ。ご馳走様でした。」

★この桂が消えて文句なし。

山椒魚「実戦形ですね。」

中村丈志「2二銀不成に逃げられたら読むのが大変そうに思えたが、読んでみるとそうでもなかった。」

renbajinharuhi「まずは詰将棋の基本の焦点に捨て駒したい所で13銀と打ってみたい。同馬は32地点への利きが消えるので、32飛成以下詰み。同桂は22銀成り〜31角成で早詰み。したがって同玉の1手。最後の決め手も焦点への捨て駒23銀と焦点への捨て駒に始まり、焦点への捨て駒に終わる作品でした。」

坂本栄治郎「2三銀の捨てが、意外。」

有田和洋「単純に3一の銀は消せないのが良い。」

★この回りくどさが見せ場です。

川浜次夫「いかにして3一角成まで導くか、でした。ただ、同玉以外の手を検証するのに手間取りました。」

あなすい「初手に色々悩みました。後はさらりと解けました。時間がかかりました。1三銀 同馬 3二飛成 2二合 2四桂の発見が遅れて時間がかかりました。」

渡邉裕之「素直な手で解答が合ってるか不安当たりますように!」

黒木雅明「序盤変化が色々ありましたが,ヒントに従ってすべて同玉でいきました。7手目の23銀,同馬のきめ細かいやりとりが好きです。」

★ヒントが役に立ちました。

大野一徹「序盤の王手に22銀成と13銀打が王で取られる手として目につきますが22銀成はあとが続きません。13銀打からスタートすると詰み手が自然とついてきました。」

S.Kimura「同じようでも初手22銀成だと詰まないのだから面白い.」

おゆきさん「簡単そうで変化を読まされた。」

荘山「31の銀を玉で取らせるように捨て、31角成を実現し、その後の23銀捨てからの24桂が味がありますね。先月送信を忘れたと思ってましたが、送信してました。(恥ずかしい!?)年間全題正解でした。」

★おめでとうございます(^-^)

堀口真志「銀を角に置き換えるのは見えるが、単に2二銀成ではダメ」

麟太郎「初手22銀成ばかり考えていて、初手が見えず苦戦した。」

伊原恒裕「簡潔な構図、キレイに収束。変化が複雑で、変別があるのかな。以前の変別論争には結論がついたのでしょうか。変別を作意と考えたら、変化は早詰め、作意は変化となって、客観的には判断出来ないな、と思ったことがあります。作意という主観が、重いのでは、と自分なりの結論を出しましたが。」

★変別=変化別詰が問題となるケースは滅多にありませんし、あまり気にしないでいきましょう。

上谷昌昭「初手2二銀成で悩めば作者の思うツボ? 最後は桂馬もうまくさばけて気持ちの良い詰め上がりでした。」

吉田清一「初手、焦点の銀捨てがかっこいい。」

あれれれ「銀捨てに味があります。」

松下 憲「いつもたのしませていただいております。ありがとうございます。」

大沼修平「難しい。初手22銀成から入って苦戦した。良問ですね。」

占魚亭「初形と6手目の局面の差異がポイント。全ては32飛成実現のため。」

佐藤誠也「4手目に12玉の変化、馬の移動合いを必死こいて考えてました。脱袋小路、よかった。」

shima「最初の3手の手が広いと、読む量が膨大になりますね。このくらい読まされると、解けたときの快感も膨大です(^^)」

★山は高いほど登りがいがあるとか。

清水 有「3手目の22銀引と捨てる7手目の23銀が良い後は色々と変化は有り。」

岩持広賢「軽やかに手が進みました。7手目の2三銀は中々見つかりませんでしたが、そこからは詰みまで一直線。」

依田邦久「13銀が利きが被る感じで良し。12玉でやり損なった感がありましたが、23銀で一発解決。」

池田秀三「初形から終り三手は24桂、同馬、32飛成と予想、まずは13を塞ぐため、銀打ち。同桂を本筋と予想したが、22銀成りで早詰めらしいので、同玉で読み直し。ともかく31角成りを実現したいので、邪魔な銀をどける22銀不成。以下、思ったほど簡単ではなかったが、何とか終り三手にこぎつける。」

★見事な予想!

長谷川和久「初手に迷い、変化も多く大変でした。」

岡崎紀之「初めて解答します。初手22銀成だと不思議と詰まない。7手目23銀の感触が良いですね。」

吉野松樹「題意はすっきりした手順だが、紛れが多く複雑。」

月末大忙「分岐が多く難しかった」

林 和則「玉方の馬の守りが案外強いため初手に悩みました。最後は2三銀、2四桂で馬を移動させて解決。」

中村充男「31の銀を消すのにもう1枚銀を費やすとは正に詰将棋そのもの。7手目に止めと言うべき3度目の銀捨て。他にも変化で、@《12玉,13馬》の配置で32竜→24桂跳ねからの詰み;A《23玉,14馬》の配置で32竜又は32馬又は32銀などからの詰み、等々、ホネがある。収束図はコンパクトな対称形!!」

谷口翔太「銀3枚を捨てて最後は桂捨て、気分の良い収束です。」

松本 繁「のんびりしているうちに27日になってしまいました。2月は28日までしかないのでうっかりしました。7手目13銀とすると微妙にだめなのであわてました。」

★誤解2名でした。誤記の可能性もありますが、やむを得ず×。

山下 稔「2二玉の位置で3一角成に持っていけば詰むと分かったのですが、そこまでの道程が大変でした。良い作品です。」

坂野 均「13銀は邪魔駒っぽいと判るが、13銀から22銀不成と捨てる非効率な手順が素晴らしい。」

市橋宗士「とっても難しかったです。初見で銀が一種の邪魔駒とは全然見えませんでした。逆に角を3五に引く手なんかも考えたので。しかし、玉方は実質馬一枚の守りで、攻め方がこれだけの駒と妙手連発しないと詰まないなんて、やはり「馬の守りは金銀3枚」は嘘ではなかった(?)。変化でも銀の成捨ての妙手があり、えらい時間がかかったんですが、(勿論、盤に並べて確認しています、その程度の実力なんです・・・)、いったい作者は、どういう構想だったんでしょうか、管理人さんの解説をしっかり熟読し、天の声を待つことにしましょう。て言うか、変化を正確に読み切れているか自信が全然ない、ヒント通りで詰んだので、たぶん正解だろう。ヴェテラン・上級者の方はやはりスラスラ解かれたんだろうか? 私には骨のある問題でした。」

作者「初手、3手目の変化が少しあり、適度に紛れもあります。詰上がりもコンパクトになっていると思います。」

★創作過程は不明ですが、詰上りからの逆算が決まったと予想。

苅田隆介「7手目の2三銀、9手目の2四桂にこの作品のすばらしさを感じます。」

北町奉行「1手目も3手目も銀を取らないと、盤上に銀が二枚並ぶことになり、その変化の方がややこしかったです。」

藤野勝好「2月は28日までしかないから余裕を持って解こうと気をつけていたが、なんだかんだで解答が最終日になってしまった。気をつけていなかったらアウトだった。」

佐藤安男「初手2二銀成,同玉が本線で,2手目1三玉が変化手順だとばかり思い込んでいて,かなり時間がかかりました。いつも思うことですが,思い込みは良くないですネ。遅れたついでにラストを狙ってみました。」

★ラストには、まだ余裕あり。

福原徹彦「初手の13銀や7手目の23銀がいい手だなー、と思いました。」

3時のおやつ「2二銀成では駄目で1三銀から2二銀不成でなければならないのが将棋の面白い所であり難しい所。」


【当選者発表】

■お一人様で何通もの解答を送られた場合、もっとも先に届いたもののみ有効とします。また、お名前(ハンドルネーム)は必ず記載してください。記載のなかった場合、メールアドレスの最初の部分(「@」の直前)の一部を掲載させていただきす。お名前、アドレスともに記載のない場合は、短評のみ掲載し、正解者リスト掲載や抽選からは除外いたします。悪しからずご了承ください。

詰パラ最新号を5名様に進呈いたします(定期購読者の方は誌代1ヵ月分入帖)。

■解答時にメールアドレスを記載された方には、発送先をお尋ねするメールを送りますので、折り返し必要事項をお知らせください。

当選者はこちらの皆様です!

 当選者……大塚憲次さん、月末大忙さん、今野盛基さん、おゆきさんさん、やまなみとほにさん

■おめでとうございます(^-^)


【正解者(変則五十音順、敬称略、@ABは解答到着上位3名、LAST!は最後】

【英字】 kabo■marsall■renbajinharuhi■RINTAROA■R.Mueller■shima■S.Kimura■
twd■yoshi-take■
【記号・数字】 3時のおやつ■
【ひらがな】 あなすい■あれれれ■うーまん■おゆきさん■そらお■ひいくん■べら■むらちゃん■やまなみとほに■
【カタカナ】 アニメおたく■キリギリス■タカシ■ハマG■ピッコロ■ワイト■

【あ】

青江邦正■青葉■有田和洋■有吉弘敏■池田 明■池田秀三■石原 守■市橋宗士■伊藤 出■伊藤孝志■井上浩一■井上貴裕■井上泰夫■伊原恒裕■今井一之■岩持広賢■大井芳行■大塚憲次■大沼修平■大野一徹■大野芳樹■大森常一■岡崎紀之■岡山 忍■
【か】 片山 知■門田和雄■上谷昌昭■苅田隆介■川浜次夫■北原幹久■北町奉行■木村 正■口岩健一■久保貴史B■黒木雅明■桑原英明■月末大忙■現ノ証拠■小林常保■小峰耕希■近藤寛己■今野盛基■
【さ】 坂野孔一■坂野 均■坂本栄治郎■佐藤誠也■佐藤 司■佐藤安男■山椒魚■塩谷時蔵■清水 有■鈴木康弘■占魚亭■荘山■空蛙■
【た】 高橋隆樹■谷口翔太■治山治水■出口智博■
【な】 内藤英一郎■中村充男■中村丈志■西村 章■根本 剛■野涯英樹■
【は】 長谷川和久■波多野賢太郎@■林 和則■原田椅子■福島 宏■福島博司■福原徹彦■藤崎博也■藤野勝好■布施英治■堀口真志■本多■
【ま】 松岡利忠■松下 憲■松本 繁■南里憲司■三宅周治■武藤 博■木火■
【や】 安井 進■安井 豊■柳沢孝志LAST!■山岸 格■山下 稔■山田毅久■山本勝典■吉田清一■吉野松樹■依田邦久■
【ら】 麟太郎■
【わ】 渡邉裕之■

 

このページのトップへ