プロフィール

プロフィール

 釣りを初めてしたのは、小学三年生の時で栃木県那須町の南ヶ丘牧場の釣堀で虹鱒釣りをしたのがきっかけです。それから小中学校は釣りブームがありました。(ちょうどアニメ、漫画で釣りキチ三平が流行っていた時期でもありました)毎年湯治に行く栃木県塩原町の箒川でルアーを使いヤマメを釣ったり。近所の調整池(今は残念ながら埋め立てられている)で見よう見まねでバス、ライギョ、鯉、鮒、モツゴ等を狙っていました。しかしながら中学三年位からは年に一回位しか釣りに行っていない時期もありました。  そして、時が過ぎ釣りをするきっかけになったのは、社会人になってからです。ダイワのロッドのサンスピン(約運十年前?に発売されたていたロッド)を片手に復活しました。あの故・西山徹氏(テツ・西山)に「懐かしいもの使ってるね」と言われました。  将来は家族で一緒に釣りをし、自分の見立てたタックルでビッグフイッシュを子供に釣ってもらうことを夢見るアングラーです。「William 世界を釣る!」というような訳には行きませんが…。

 

ページトップへ戻る

とにかく魚と釣りが好き

 とにかく魚が好きです。身近に親しみがある淡水魚ブラックバス、ブルーギル、雷魚、鯰、鯉、鮒、モツゴが好きです。また海水魚でもきっかけがあれば釣ります。ブルーギルは毎年30センチ以上のランカーギルを求めて霞ヶ浦を彷徨い歩いています。平成11年には自己記録25センチを釣りました。暖かくなったら小さい頃、夕方に調整池のポンプの上に乗って釣った小さい頃を思い出しモツゴ(東京、埼玉で言う、クチボソ)を釣りに行きたい。今思うとベイトフィッシュの動きの観察になってます。

ページトップへ戻る

大好きなルアーはミノー

 年間を通じてミノーを主力で釣ろうとするとトラウトが主になってしまいます。「戦法は正攻法」という気合いでトウィッチングをします。

ページトップへ戻る

魚を大切に

 必要以上の魚のキープは遠慮したいものです。釣りを一時のブームやファッションとしてでなく長い期間、皆で釣りを楽しみたいのなら。もちろん釣った魚を食べるならその分だけ持ちかえりましょう。

ページトップへ戻る

バーブレス(かえし無しの)フック(針)使用のすすめ

 私が中学生の頃、釣りに行った調整池でルアーを投げている子供が魚ではなくヘラブナ釣りのおじさんの頭にルアーを引っ掛けていました。バーブがあったせいで頭皮からフックが抜けず、出血していました。

 事故は不注意としても、フックがバーブレスフックだったら容易に抜けたのではないでしょうか。私はそれを見て以来、ルアーフイッシングに限らず、他の釣りをする時もできる限りバーブレスフックを使用しています。バイトを合わせ損なった時等にルアーのフック、針が自分に飛んできたりということも経験があります。また自分の服や帽子を釣ったりということも可能性としてはゼロではありません。魚のダメージだって少ないはです。

 私は釣行前に自宅でバーブをペンチで潰し、タックルボックスに入れて行きます。これにより、ルアーのパッケージ等のゴミを釣り場(フィールド)に落とすことが少なくなります。

ページトップへ戻る

ゴミを捨てない。〜感動はどちらが大きい〜

 釣りに行くのであってゴミ拾いに行くのではありませんが、最低限のマナーとして自分の出したゴミとポイントに入って目に付いたゴミを1つでいいから持ち帰って欲しい。そうすればもっと良い釣りができます。 いくら大物を釣ってもゴミだらけの汚いところで釣り上げた大物と綺麗な場所で釣り上げた大物、同じ魚種、大きさどちらが感動が大きいでしょうか。

 また、綺麗な方が魚の生育も良いでしょう。全ては長い期間の積み重ねです。管理釣り場でも同様です。家に帰ってのゴミの処理が大変だったら、ゴミを分別し、途中で立ち寄るコンビニやガソリンスタンドで給油の際に処分をお願いすれば良い。海外での釣りの経験は1カ所しかありませんが、観光都市オーストラリアのケアンズではゴミ一つ落ちてませんでした。

ページトップへ戻る

トップページへ戻る