ファイル分割・結合ソフト
for Windows


説明      |      基本操作      |      詳細      |      エラーメッセージ      |      注意事項

1.ファイル分割

       分割ファイルの画面

        


    1)分割ファイルの選択

       @ 分割するファイル名のボタンをクリックするとファイルを選択するパネルが開きます。
          

       A分割したいファイルを選択後、"開く"のボタンをクリックします。
          

       Bファイルが選択されると
            ■"分割するファイル名"に選択したファイルパスが設定されます。
            ■"ファイルサイズ"が表示されます。
            ■"分割先フォルダ名"に選択したファイルと同じパスが設定されます。
            

            ■分割するファイルをフルパスで直接、入力しても構ませんが、分割先フォルダとサイズは表示されません。
            ■本プログラムのアイコンに分割したいファイルをドラッグすると、上記が設定された状態で起動します。

    2)分割先フォルダの設定

        @設定されたフォルダと異なるフォルダに分割ファイルを出力したい場合、分割先フォルダの
           ボタンをクリックします。
            
           ■分割先フォルダ名に直接入力しても構いません。

        Aフォルダの参照が開き分割先フォルダを選択後、"OK"のボタンをクリックします。
            


    3)分割サイズ
 
       分割サイズの設定には5つの方法があります。メディアにチェックを入れると設定内容が変わります。
   
       @FD(フロッピーディスク)
          ■1.44MB、1.2MB、720KBから選択します。
          

       AMO
          ■128MB、230MB、640MBから選択します。
          

       Bmemory(スマートメディアやメモリースティック等)
          ■16MB、32MB、64MBから選択します。
          

       C分割サイズ指定
          ■分割されるサイズ設定は1KB〜999MBまでです。
          

       ■@ABのサイズはメディアが未フォーマット状態のサイズで記述されている場合がありますので、
          分割ファイルのサイズはフォーマット状態で入るようにサイズを小さくして作成しています。
          Cは入力したサイズで分割します。

       D分割数指定
          ■分割数設定は2〜999までです。
          

 
       ■一度起動したら、前の設定がWindowsインストールフォルダーに残ります。

    4)結合バッチファイル(.bat)の出力
       ■結合用バッチファイルで本プログラムが移動先PCになくてもファイルの結合ができます。
       ■結合用バッチファイルの作成をしない場合はチェックを外します。
        

    5)分割ファイルの作成

        以上を設定後、実行ボタンをクリックすると分割ファイルの作成を開始します。
        


    6)分割ファイル作成の実行

        ◆ファイル分割中はダイアログパネルにて処理状態をお知らせします。
        

       ■キャンセルボタンを押すと処理を中断します。
        

       ■処理中断のメッセージが表示されると正しくファイル分割ができていません。
       ■一旦処理を中断すると、初めから分割処理をやり直さなければいけません。


2.分割されたファイル 1) 例) 分割するファイルがtestdata.txtの場合          2)元ファイル名に_x(xは番号)を追加して分割ファイルを作成します。          ・testdata.txt_1〜testdata.txt_5(分割ファイル) ・testdata.bat(結合用バッチファイル) ■分割ファイルは最大999個までです。999個を超える場合は処理を中断します。 ■"結合バッチファイル(.bat)の出力" にチェックを入れておくと、拡張子をとったファイル名 に.batを追加しバッチファイルを作成します。 @分割したファイルの "元ファイル名_x" および 元ファイル名.bat" を他のPCに移動します。 A移動先のPCで "元ファイル名.bat" ダブルクリックするとDOS画面にてファイルの結合を行います。
3.ファイル結合 分割したファイルは結合用バッチファイルを起動することにより、結合できますが 本プログラムでも結合できます。 結合ファイルの画面          1)分割ファイルの選択 @ 分割されたファイル名のボタンを押すと、ファイルを選択するパネルが開きます。          Aファイル選択ダイアログパネルで分割されたファイルを選択後、"開く"のボタンを押します。 ■分割ファイルは10以上あっても9までの分割ファイルしか表示しません。 ■分割ファイルの選択はどの番号のファイルでも構いませんが1つだけです。 ■ファイル結合時は選択したファイルの元ファイル名_1からファイルを検索して結合していく ため、どの分割ファイル名_番号を選択しても構いません。            Bファイルが選択されると ■"分割されたファイル名"に選択したファイルパスが設定されます。 ■"結合先フォルダ名"に選択したファイルと同じパスが設定されます。 ■"結合ファイル名"に _x を省いたファイル名が設定されます。              2)結合先フォルダの設定 @設定されたフォルダと異なるフォルダに結合ファイルを出力したい場合、結合先フォルダの ボタンを押します。          ■結合先フォルダ名に直接入力しても構いません。 Aフォルダの参照が開き結合先フォルダを選択後、"OK"のボタンを押します。          3)結合ファイル名 @設定されたファイル名と異なる名前にしたい場合は、直接入力します。          4)結合ファイルの作成 以上を設定後、実行ボタンをクリックするとファイル結合を開始します。          5)結合ファイル作成の実行 ◆結合中はダイアログパネルにて処理状態をお知らせします。          ■キャンセルボタンを押すと処理を中断します。          ■処理中断のメッセージが表示されると正しくファイル結合ができていません。 ■一旦処理を中断すると、初めから結合処理をやり直さなければいけません。 ■注意 ファイル結合時は分割ファイルで選択した元ファイル名に_xが追加された ファイルを1から順番に探して結合しています。仮に同じフォルダに同じ ファイル名の_xから続く余分なファイルが存在する場合、正しいファイル 結合が行われません。 バッチファイルで結合する場合は、余分なファイルに関係なく正しく結合が 行われます。