NO 特徴的な棲息地・繁殖地 天然記念物 海洋堂さまの解説 (C) KAIYODO
動物に関るリンク集(見つけられなかった場合は割愛)
145 カワウ よく知られた水鳥で川や海辺でみられ、岸辺の林などに集団で営巣する。潜水が得意だが羽毛が水をはじかないため、水から上がると翼を拡げて羽毛を乾かさなくてはならない。ちなみに「鵜飼い」で使われるのはカワウではなくウミウの方。
H.Hiraizumi's Birding Page - 地域と種別に野鳥を検索、身近な野鳥で環境を診断。探鳥会や保護、救護の案内、鳥事典とリンク集も。
146 ツシマテン(黒毛) 長崎県/対馬 対馬にすむテンの亜種で体色は西日本のスステンタイプに似ているが胸に不規則な黒斑があることが異なる。冬毛も頭に白毛が混じる程度で体はホンドテンのように黄色にはならない。生態はホンドテンと同じで意外に木の実などの植物質を多くたべる。
ツシマテン−World of Zoologyから絶滅危惧希少動物のページです。
147 ミコアイサ 冬になると九州以北の河川や湖に渡ってくる小型のカモ。オスは目立つ白黒模様で“パンダガモ”と呼ばれることもある。細めのくちばしと頭の冠羽がアイサ類の特徴で、この仲間は水中に潜って魚や水生動物を捕らえるのが得意。
H.Hiraizumi's Birding Page - 地域と種別に野鳥を検索、身近な野鳥で環境を診断。探鳥会や保護、救護の案内、鳥事典とリンク集も。
148 トラフズク 頭に「羽角」とよばれる耳状の羽をもつ「ミミズク」の代表種。中部日本以北で繁殖し冬になると西日本へも渡ってくる。昼間は木の枝にとまって休んでいるが、眼を閉じ、体全体を伸ばして樹皮の一部のように擬態するので、なかなか気づかれない。
H.Hiraizumi's Birding Page - 地域と種別に野鳥を検索、身近な野鳥で環境を診断。探鳥会や保護、救護の案内、鳥事典とリンク集も。
149 ニホンアシカ 島根県/竹島 かつては日本各地の海岸にすんでいた海獣で、本州以南に定住していた唯一の鰭脚類。カリフォルニアアシカの亜種とされているが、体は最も大型になる。日本海にある竹島が最後の繁殖地だったが、現在ではほぼ絶滅状態となっている。
絶滅動物のページ - ステラーカイギュウ、フクロオオカミ、ニホンアシカ等の絶滅の経緯、生態。
150 エゾモモンガ 北海道 北海道にすむモモンガの仲間で、本州以南にすむモモンガとは別種のタイリクモモンガの亜種とされている。南方系のムササビに対してモモンガは北方系の動物。冬の間は集団で巣穴を利用する習性もみられる。
clubモモンガ - エゾモモンガの観察記録と写真あり。
モモンガの森 - エゾモモンガの写真。
151 アオウミガメ 東京都/小笠原諸島:鹿児島県/屋久島,南西諸島:沖縄県 熱帯〜温帯の海にすむウミガメで国内では小笠原諸島や屋久島以南が産卵地として知られる。基本的に植物食で海草が好物。そのためか生息域は沿岸部が中心で子ガメもアカウミガメのような回遊生活は行わない。
身近なカエル・ヘビ - 奈良県周辺に生息する両生類と爬虫類に関するデータベース。
じゃぷれっぷ in FIELD Star - 国産爬虫類全種を図鑑形式で紹介。写真や飼育情報もあり。
152 キタキツネ 北海道 北海道にすむミツネ(アカギツネ)の亜種。本州以南にすむホンドギツネに比べ四肢の黒い斑紋が濃いのが特徴で、まれに毛の黒いギンギツネタイプもみられる。個体数は多く耕作地や市街地周辺にも出没する。
日本のほ乳類「雪原のいいづな」−日本のほ乳類を集めた図鑑サイト。写真豊富です。
153 オヤニラミ 西日本の河川にすむ中型淡水魚。エラブタにある一対の眼状模様が特徴で「ヨツメ」「カワメバル」ともよばれる。一生を淡水ですごし、5月頃、水中の枝や植物の茎に卵を産みつけ、オスが卵や稚魚の保護をする。
淡水魚類図鑑 - 神奈川県水産総合研究所内水面試験場による淡水魚類の図鑑。
電子図鑑滋賀の魚たち−滋賀県の淡水魚図鑑。写真が見られる。
154 クロアカコウモリ 長崎県/対馬 日本では対馬のみで生息が確認されている美しいコウモリ。名のとおり体色は褐色〜オレンジと黒のツートンカラーで皮膜のほとんどは黒い。朝鮮半島、台湾にも生息するが、国内の生息数は極めて少なく、生態もよくわかっていない。
コウモリの会−コウモリ専門のページです。クロアカコウモリの関連文献集があります。
155 タカアシガニ 岩手県〜九州西岸の水深200〜600mの海底にすむ巨大なカニで、肢をひろげた長さでは節足動物中最大といわれる。オスは成長に伴いハサミ肢が長くなり拡げると幅4mにもなる。泥の多い海底を歩いて餌の小動物を捕らえてたべている。
ハイパー海洋地球百科事典−海洋科学技術センターのサイトです。タカアシガニの写真が検索できます。
156 リュウキュウイノシシ 鹿児島県/奄美大島:沖縄県/西表島 奄美大島〜西表島の南西諸島にすむイノシシの亜種。本州などのイノシシに比べるとずっと小型で体重はオスでも40kgほど。以前は人間が持ち込んだものと考えられたこともあったが、現在では原始的な南西諸島固有の亜種であることがわかっている。
リュウキュウイノシシ−啓太郎さんの作る個人的動物図鑑。写真豊富です。
リュウキュウイノシシ−琉球大学風樹館のレッドデータブックからです。
157 ハス 滋賀県/琵琶湖:福井県/三方湖:神奈川県/津久井湖・相模湖 本来は琵琶湖、淀川水系特産種で日本唯一の魚食性コイ類。コイ科の魚の特徴として歯をもたないため「へ」の字の切れこみのあるアゴで小魚を捕らえてたべる。近年アユの稚魚放流に混じって各地の河川や湖に分布を拡げている。日本固有種。
淡水魚類図鑑 - 神奈川県水産総合研究所内水面試験場による淡水魚類の図鑑。
電子図鑑滋賀の魚たち−滋賀県の淡水魚図鑑。写真が見られる。
158 ワカケホンセイインコ 東京都 インド・スリランカ原産の中型インコで、市街地を中心に帰化している。東京都に最も多く生息するのは営巣に適した洞をもつケヤキなどの大木が多いためだと考えられる。他の野鳥とともに庭先の餌台にもやってくるが、常にその中では最強の存在。
ワカケホンセイインコのページ - 幸島司郎研究室の日本の三大都市圏で野性化が報告されているワカケホンセイインコの行動に関する研究。
159 ヒメアマガエル 鹿児島県/南西諸島:沖縄県 日本最小のカエル。奄美以南の南西諸島でごく普通にみられ、落ち葉の下や地中に潜んでいることが多い。後肢は長く意外にジャンプ力がある。カエルらしくない小さな頭が特徴で、オタマジャクシは透明で、魚の稚魚のよう。
びっきいとやまどじょう−内外の両性類を集めた図鑑サイト。写真豊富です。
両生類保全研究資料室(仮称) - 両生類と自然環境を考える人々の情報の場(日本産両生類データベース) 
160 トガリネズミ モグラに近い仲間の小さな哺乳類。北アジアに広く分布し、国内では北海道、本州、四国でそれぞれ亜種に分けられている。本州や四国では高山の林にすみ、昆虫やクモなどを捕らえてたべている。寿命は短く最長でも17カ月ほど。
日本のほ乳類「雪原のいいづな」−日本のほ乳類を集めた図鑑サイト。写真豊富です。
161 ニホンザル(2) 青森県/下北郡脇野沢町・佐井村:千葉県/富津市・君津市高宕山:岡山県/高梁市臥牛山:大阪府/箕面市箕面山:大分県/大分市高崎山:宮崎県/串間市幸嶋:鹿児島県/屋久島 本州・四国・九州から屋久島までの山地に群を作ってすみ、木の芽・葉・実などが主食で雑食性。サル類では世界で最も北に分布する種類で、尾は短く、冬には、厚い毛で被われる。日本固有種。
高崎山自然動物園 - 野生サルの見どころ紹介や営業の詳細案内。ライブカメラもある。
房総の動物たち - タヌキ、イタチ、テン、コウモリ等、千葉県に住む哺乳類を写真と解説で紹介。
日本の野生動物 - 山で会える野生動物たち
162 カスミサンショウウオ 西日本にすむ小型サンショウウオ。低山地の林床の落ち葉や石の下に潜み、夜になると出てきてミミズや虫を捕らえてたべている。晩冬から初春にかけてが繁殖シーズンで、産卵は湿地や池、流れの少ない水域で行われるため、これらは“止水性サンショウウオ”と呼ばれる。
びっきいとやまどじょう−内外の両性類を集めた図鑑サイト。写真豊富です。
両生類保全研究資料室(仮称) - 両生類と自然環境を考える人々の情報の場(日本産両生類データベース) 
163 ザトウクジラ 鹿児島県/南西諸島:沖縄県 大型のヒゲクジラの仲間で巨大な胸ビレが特徴。日本では小笠原や沖縄の近海で繁殖が確認されている。夏の間にアリューシャン列島付近で餌を食べ栄養をたくわえたクジラは冬になると繁殖地に現れ、ほとんど絶食状態で出産・育児・交尾をするといわれる。
Biggest tail - クジラの種類を絵と説明文でわかりやすく紹介。
Save the Whales - イルカ、クジラ類の飼育下の問題や捕獲問題、ホエールウオッチング等の情報、GIFアニメや素材等。
小笠原クジラ・イルカ図鑑−小笠原近海で見られるクジラ類を紹介するページ。
日本のほ乳類「雪原のいいづな」−日本のほ乳類を集めた図鑑サイト。写真豊富です。
164 オオミズナギドリ 北海道/松前大島:岩手県/三貫島:新潟県/粟島:京都府/冠島:島根県/星神島・沖島 海での生活に高度に適応した海鳥で、アホウドリの小型版といった雰囲気。離島で繁殖し、林床に2m以上の深い巣穴を掘ってねぐらや子育てに使用する。早朝、斜めになった大木を滑走路がわりにして飛び立っていく姿は有名。繁殖地のいくつかが天然記念物に指定されている。
H.Hiraizumi's Birding Page - 地域と種別に野鳥を検索、身近な野鳥で環境を診断。探鳥会や保護、救護の案内、鳥事典とリンク集も。
ミズナギドリ
−啓太郎さんの作る個人的動物図鑑。写真豊富です。
165 アカマタ 鹿児島県/南西諸島:沖縄県 奄美〜沖縄に生息するマダラヘビの仲間で、このグループでは最大種。山地から平地、耕作地までと生息域は広く、主に地上性。爬虫・両生類を中心に様々なセキツイ動物をたべていて、ハブをも襲ってたべることで有名。かなり気の荒いヘビだ。
じゃぷれっぷ in FIELD Star - 国産爬虫類全種を図鑑形式で紹介。写真や飼育情報もあり。
アカマタ−啓太郎さんの作る個人的動物図鑑。写真豊富です。
166 オキナエビスガイ 東京都:千葉県:神奈川県:静岡県:三重県/相模湾・伊豆諸島・小笠原諸島・房総半島沖・鳥羽沖 相模湾〜小笠原にかけて、水深300mの海底にすむ原始的な巻貝の仲間で、殻にスリット状の切れこみがあるのが特徴。表面の火炎模様が美しく、採集も困難なため、その貝殻はたいへん珍重されている。敵に襲われると白い液を出して身をまもる。
生きている化石−鳥羽水族館「TOBA SUPER AQUARIUM」の特集記事です。
オキナエビスガイ−海洋科学技術センターのハイパー海洋地球百科事典からです。
167 スズメ 日本全国で普通にみられる、なじみ深い小鳥。人間の生活に深く関わって生活していて、常に集落や市街地を中心に暮らし、巣づくりも人家の軒先などを利用する。雑食性で昆虫や草の実などをたべていて、昔からイネの大敵なのは有名。
H.Hiraizumi's Birding Page - 地域と種別に野鳥を検索、身近な野鳥で環境を診断。探鳥会や保護、救護の案内、鳥事典とリンク集も。
168 ミクラミヤマクワガタ 東京都/神津島・御蔵島 伊豆諸島の御蔵島、神津島のみに生き残った奇跡のクワガタ。原始的な小型の種類で、成虫は5〜6月に最も多い。地上種でほとんど餌をとらずに林床を歩きまわるという変わった習性をもつ。体色は全身黒一色だが、中には頭と胸が赤いものや翅に黄色の紋をもつものもいる。
日本の鍬形虫−クワガタムシの専門サイト。写真豊富。
くわがた狂の大馬鹿者達−クワガタムシの専門サイト。写真豊富。
海洋堂さまへのお詫び
参考に海洋堂さまの解説を転載しております。著作権を侵害してまことに申し訳ありません。典拠明記の上の引用としてご容赦くださいましたら幸いです。もし支障がございましたら、いつでも削除いたしますので、ご連絡ください。