NO

特徴的な棲息地・繁殖地

天然記念物

海洋堂さまの解説 (C) KAIYODO

動物に関るリンク集(見つけられなかった場合は割愛)
049 アカメ 高知県/渡川:宮崎県/大淀川 高知県や宮崎県の沿岸にすむ大型の魚で全長1メートルにもなる。河口などでも見られるが本来は海水魚。光をあてると目が赤く反射するため「アカメ」と呼ばれる。日本固有種。"
アカメの国 - 高知県のアカメとアカメ釣りに関する情報。
050 スッポン 本州以南の河川にすむカメ。甲らはやわらかくて首が長く、水底の砂や泥の中に潜って魚などを待ち伏せして捕らえる。日光浴をする他は陸に上がることは少ない。"
身近なカエル・ヘビ - 奈良県周辺に生息する両生類と爬虫類に関するデータベース。
カメのページ - 猿沢池のカメの話や帰化しているカメについての意見が書かれてあります。
じゃぷれっぷ in FIELD Star - 国産爬虫類全種を図鑑形式で紹介。写真や飼育情報もあり。
051 タツノオトシゴ 日本各地の海にすむ。変わった姿をしているが魚の仲間。メスは卵をオスの腹にある袋の中に産みつけ、卵がかえるまでオスが卵を抱いて守る。"
タツノオトシゴ−へなちょこ動物園さんんpタツノオトシゴのページです。写真豊富。
タツノオトシゴ−タツノオトシゴに関する詳細な飼い方です。
タツノオトシゴ−鳥羽水族館のT.S.A.32号からタツノオトシゴの特集です。
052 アオウミウシ 本州以南の沿岸にすむ貝殻をもたない貝の仲間。海岸の潮だまりなどでもみられる。ウミウシの仲間は種類ごとに様々な体色をしていて、どれも美しい。"
ウミウシ研究所 - ウミウシの生態や飼育方法等。
053 アマミノクロウサギ 鹿児島県/奄美大島・徳之島 奄美大島、徳之島だけにすむ野生のウサギ。全身が黒かっ色で他のウサギに比べ耳や足が短く爪は大きい。夜行性で地面に穴を掘って巣を作る。特別天然記念物。"
奄美の野生動植物紹介−絶滅危惧種を中心に写真と解説で紹介。
動物の世界−瀬戸内町の自然の紹介ページから。
054 アユ 北海道西部以南の各地の河川でみられる。川の中流の岩や石の多い場所を好み、石の表面についた藻類を特殊な形をした歯でそぎ取ってたべている。秋に産卵し、ふ化した仔はそのまま海に下って、ある程度成長するまで海で暮らす。"
淡水魚類図鑑 - 神奈川県水産総合研究所内水面試験場による淡水魚類の図鑑。
電子図鑑滋賀の魚たち−滋賀県の淡水魚図鑑。写真が見られる。
055 オオハクチョウ 青森県/東津軽郡平内町:新潟県/北蒲原郡水原町・笹神村:福島県/耶麻郡猪苗代町:京都府/久美浜町 おもに北日本の水辺に渡ってくる大型の冬鳥。大きな群れをつくるが、基本的には家族単位で暮らしている。全身純白で美しいが、若鳥は灰色っぽい。"
H.Hiraizumi's Birding Page - 地域と種別に野鳥を検索、身近な野鳥で環境を診断。探鳥会や保護、救護の案内、鳥事典とリンク集も。
ねむろ野生動物図鑑 - 北海道の根室半島に生息するエゾシカ、キタキツネ、エゾリス等の野生動物を紹介。
056 オニイトマキエイ 東京都/小笠原村:沖縄県/西表島 熱帯の海にすむ世界最大のエイで、日本では西表島近海や小笠原諸島などでみられる。性質はおとなしく、大きな口を開けてプランクトンをたべている。通称「マンタ」。"
巨大エイマンタのコーナー−マンタギャラリーおある写真豊富なページ。
057 カヤネズミ 関東、中部地方以南にすむ小型の野ネズミ。草地にすみ、ススキなどの葉を使って小鳥の巣に似た丸い巣を作るが、冬になると地中にトンネルを掘って暮らすようになる。"
カヤ日記カヤネズミの全国分布図、観察記、ビデオ。
058 トド 北海道 北海道周辺の海に回遊してくるアシカの仲間。アシカ類では最大で体長3m以上、体重は1tを超えることもある。群れをつくって暮らしていて、様々な魚類を捕らえて食べている。"
059 クマゲラ 北海道:秋田/八幡平 北海道から東北地方の原生林にすむ大型のキツツキ。木の中にすむ虫を食べるが、中でもアリが好物。ブナなどの大木に穴を掘り、巣を作って子育てをする。国の天然記念物。"
H.Hiraizumi's Birding Page - 地域と種別に野鳥を検索、身近な野鳥で環境を診断。探鳥会や保護、救護の案内、鳥事典とリンク集も。
ねむろ野生動物図鑑 - 北海道の根室半島に生息するエゾシカ、キタキツネ、エゾリス等の野生動物を紹介。
動物・野鳥−北海道バーチャル自然体験のページから、動画や音声があるかも。
060 ジンベイザメ 暖かい海にすみ、最大18mにもなる世界最大の魚。外洋性のサメで海面近くを泳ぎながらプランクトンなどをたべている。このサメのまわりにカツオなどが集まってくるため漁師から「エビスザメ」と呼ばれることもある。"
ジンベエザメ - |ジンベエザメの呼称。
061 イノシシ(仔) 東北・北陸以南の本州・四国・九州・南西諸島にすむ。春から秋にかけて1〜2回仔を産み、仔は体にしま模様があり、「ウリ坊」と呼ばれる。がんじょうな鼻を使い地面を掘りかえして餌をあさる"
062 ヤマセミ 北海道から九州の山地の川や湖にすむ大型のカワセミ。黒白まだらの体と頭の冠毛が特徴。カワセミと同じく小魚が主食で岸辺からダイビングして獲物を捕らえる。"
H.Hiraizumi's Birding Page - 地域と種別に野鳥を検索、身近な野鳥で環境を診断。探鳥会や保護、救護の案内、鳥事典とリンク集も。
深山の鳥−岐阜県の野鳥の紹介サイト、写真あり。
動物・野鳥−北海道バーチャル自然体験のページから、動画や音声があるかも。
063 アナグマ 本州・四国・九州の山林にすむ大型のイタチの仲間。名前のとおり、長い爪で地中にトンネルを掘り、すみ家にしている。雑食性で昆虫や小動物の他、果実なども食べている。ヨーロッパのアナグマに比べ体色がうすいのが特徴。"
房総の動物たち - タヌキ、イタチ、テン、コウモリ等、千葉県に住む哺乳類を写真と解説で紹介。
064 マガモ 日本各地の川や湖に渡ってくる冬鳥。オスは緑色に輝く頭と首に白い輪模様を持つのが特徴。主食は水草などの植物で、逆立ちして水中の餌をあさる。北海道や本州北部では繁殖もしている。"
H.Hiraizumi's Birding Page - 地域と種別に野鳥を検索、身近な野鳥で環境を診断。探鳥会や保護、救護の案内、鳥事典とリンク集も。
065 セミクジラ 体長16m以上になるヒゲクジラの仲間。上アゴにある長いくじらひげを使ってプランクトンをこしとって食べている。大型クジラの中では海岸近くにも現れ、動きも鈍いため、かつては捕鯨の対象にされていた。"
Biggest tail - クジラの種類を絵と説明文でわかりやすく紹介。
Save the Whales - イルカ、クジラ類の飼育下の問題や捕獲問題、ホエールウオッチング等の情報、GIFアニメや素材等。
小笠原クジラ・イルカ図鑑−小笠原近海で見られるクジラ類を紹介するページ。
066 ヌートリア 愛知県:京都府:兵庫県:岡山県 岡山・兵庫・愛知など数県の水辺にすむ大型のネズミで全長90cm以上にもなる。南アメリカ原産の動物で、日本へは毛皮目的で輸入され、逃げだしたものが日本に帰化している。後肢にみずかきがあり、泳ぎがうまい。主に夜行性で水辺の植物を食べている。"
067 ミヤコタナゴ 栃木県:埼玉県:千葉県 関東地方のみに生息する小型のタナゴ。淡水の二枚貝の中に産卵する習性があり、繁殖期のオスは特に美しくなる。開発や河川改修などにより、現在絶滅の危機にあるとされている。日本固有種で国の天然記念物。"
淡水魚類図鑑 - 神奈川県水産総合研究所内水面試験場による淡水魚類の図鑑。
068 シマヘビ 北海道から九州にかけて普通にみられるヘビ。4本のはっきりした黒いしまを持つが、体色は地域によって多少異なる。水田や草地などにすみ、カエルやトカゲ、その他の小動物をたべている。"
身近なカエル・ヘビ - 奈良県周辺に生息する両生類と爬虫類に関するデータベース。
じゃぷれっぷ in FIELD Star - 国産爬虫類全種を図鑑形式で紹介。写真や飼育情報もあり。
ヘビ図鑑−石川森林図鑑の中のヘビ類の紹介。写真あり。
飼育方法−コオロギとイモリの店の生物の館から飼育方法のページです。
069 ハヤブサ 時速200km以上の猛スピードで飛び、鳥を専門に捕らえる猛禽の仲間。日本各地で見られるが、海岸近くに多く、北海道や東北の海辺の断崖に巣を作り繁殖している。飛んでいる鳥を空中で捕らえるのが得意。"
H.Hiraizumi's Birding Page - 地域と種別に野鳥を検索、身近な野鳥で環境を診断。探鳥会や保護、救護の案内、鳥事典とリンク集も。
070 ゲンゴロウ 体長4cm以上にもなるゲンゴロウの最大種。水生昆虫の中では泳ぎが最も上手で、弱った魚や小動物の死体などを捜して食べている。幼虫は岸辺の土の中で蛹になるため護岸工事された場所には生息できない。"
昆虫情報発信基地 - クワガタ、タガメ、ゲンゴロウについての情報。書籍、ショップ案内やリンク集等。
071 メグロ 東京都/小笠原村 小笠原諸島にだけ生息する独特の鳥で、日本では唯一のミツスイの仲間とされている。亜熱帯の林にすみ、昆虫や、木の実、花の蜜などをたべている。日本固有種で特別天然記念物。"
H.Hiraizumi's Birding Page - 地域と種別に野鳥を検索、身近な野鳥で環境を診断。探鳥会や保護、救護の案内、鳥事典とリンク集も。
072 ヤエヤマツダナナフシ 沖縄県/西表島 西南諸島の西表島に生息する大型のナナフシ。体長11cmにもなり、他のナナフシに比べ肢が短く、体が太い。おそらく日本最大級の昆虫のひとつ。タコノキやアダンの木に潜み、夜になると出てきて、その葉を食べている。"
丸瀬布村昆虫生態館 - 北海道紋別郡丸瀬布町にある。生態展示室のページに昆虫が紹介される。
073 ラッコ 北海道/根室市納沙布岬 北の海で見られる体長1mを超える大型のイタチの仲間。海面に浮かんで貝やカニを食べる姿は有名。かつての乱獲のため日本では見られなくなっていたが、最近、北海道の東端沿岸に現れるようになった。"
らっこ!らっこ!ラッコ! - 国内で飼育されているラッコのデータや水族館の紹介。
らっこのホームページ - ラッコの生態と飼育されている水族館の紹介。他にCDシングルについて等。
074 ニホンイシガメ 本州・四国・九州の川や池にすむ淡水性のカメ。きれいな水を好むため川の上流や山あいの池や水田で見られることが多い。「ゼニガメ」とは本来このカメの仔ガメを指すのだが、最近はあまり見られなくなった。日本固有種。"
身近なカエル・ヘビ - 奈良県周辺に生息する両生類と爬虫類に関するデータベース。
カメのページ - 猿沢池のカメの話や帰化しているカメについての意見が書かれてあります。
じゃぷれっぷ in FIELD Star - 国産爬虫類全種を図鑑形式で紹介。写真や飼育情報もあり。
075 イトウ(婚姻色) 北海道/北東部 北海道北東部にすむ、日本最大の淡水魚。かつては本州北部でも見られ、最大150cmにも達するが、最近大型の固体は少なくなっている。降海することはほとんどなく、他のサケの仲間とは異なり春に産卵する。繁殖期のオスは下半身がオレンジ色に染まる。"
076 エゾシマリス 北海道 おもに地上で生活するリスの仲間で、背中に5本の太いすじがある。日本では北海道のみに分布し、地中にいくつもの部屋をもった巣穴を作って暮らしている。最近、本州ではペット用に輸入されたチョウセンシマリスが逃げ出して野性化している地域もある。。"
北の森から−北海道在住の作者がエゾリスやエゾシマリスの生態などを写真に撮らえたページ。観察集もあり。
動物・野鳥−北海道バーチャル自然体験のページから、動画や音声があるかも。
077 ヤンバルクイナ 沖縄県/沖縄島北部 1981年に発見された、沖縄県北部の森林にすむクイナの仲間。翼の発達がわるく、ほとんど飛べない。地上性で虫などの小動物を捜してたべているが、夜は木の枝にとまって眠る。日本固有種で国の天然記念物。"
やんばるの動植物−日本の地域情報から沖縄やんばるエリアのページです。ヤンバルクイナの鳴声が収録されています。
078 ウスバカゲロウ(幼虫) 別名アリジゴク。岩陰や家屋の縁の下など雨のあたらない場所にすむ。目の細かい土に潜って、すりばち状の巣を作り、アリなどの小さな虫が落ち込むのを待って捕らえる。成虫は細身で翅が大きいトンボに似た虫だ。"
丸瀬布村昆虫生態館 - 北海道紋別郡丸瀬布町にある。生態展示室のページに昆虫が紹介される。
079 ニタリクジラ     高知県/大方町・佐賀町・足摺 体長13mに達する中型のヒゲクジラの仲間で、イワシクジラとよく似ているため「ニタリ」クジラと呼ばれる。エサの魚を求めて温帯の海を回遊しているが、高知県沖では定住したニタリクジラを見ることができる。"
Biggest tail - クジラの種類を絵と説明文でわかりやすく紹介。
Save the Whales - イルカ、クジラ類の飼育下の問題や捕獲問題、ホエールウオッチング等の情報、GIFアニメや素材等。
080 ツキノワグマ 全身黒色で普通は胸に白い三日月模様をもつ。雑食性で、意外に身が軽く、木の芽や実を求めてよく木にも登る。本州・四国・九州に分布するが、四国では激減、九州ではほぼ絶滅状態とされている。"
ヒグマ・ツキノワグマネットワーク - 日本クマネットワークの事務局便りやシンポジウムの案内、会員名簿等がある。
日本の野生動物 - 山で会える野生動物たち
081 ルリカケス 鹿児島県/奄美大島・徳之島 奄美大島・徳之島だけにすむ美しいカケスの仲間。雑食性でおもに森林にすむが、人家の戸袋などに巣をつくることもある。近年徳之島では生息が確認されていない。日本固有種で国の天然記念物。"
H.Hiraizumi's Birding Page - 地域と種別に野鳥を検索、身近な野鳥で環境を診断。探鳥会や保護、救護の案内、鳥事典とリンク集も。
奄美の野生動植物紹介−絶滅危惧種を中心に写真と解説で紹介。
082 アカスジキンカメムシ 全身が金属光沢に輝く美しいカメムシ。体長2cmと、カメムシとしては大型。本州・四国・九州の森にすみ、さまざまな広葉樹につく。幼虫で冬越しし、成虫は初夏の頃から見られるようになる。"
083 アカテガニ 岩手県以南の河口付近で普通にみられるカニ。河口の土手などで見られるが、水辺から離れて暮らすことも多い。夏に集団で海岸に集まり、卵を抱えたメスは海中に幼生を放つ。幼生は海で育ち、稚ガニとなって上陸する。"
河口域のカニたち - カニかにワールド「カニ学入門」
アカテガニの産卵 - 小網代湾のアカテガニの産卵
アカテガニの“放仔(ほうし)”観察会 - 「放仔(ほうし)」耳慣れない言葉ですが、これはカニのお産のことです。
084 オオムラサキ 雑木林にすむ大型のチョウで、成虫は夏に現れクヌギなどの樹液を吸う。幼虫はエノキの葉を食べて育つが、成虫も幼虫も大量の餌を必要とするため豊かな雑木林でなければ生存できない。日本の国蝶。"
AOKI IN SPACE - ギフチョウ、オオムラサキ等の飼育、観察記録。蝶に関する本の目録等。
長坂町オオムラサキセンター - 国蝶の「オオムラサキ」を中心に、長坂町(山梨県)の自然が紹介されています。
インターネット昆虫図鑑−主要な昆虫を図入りで解説しています。
085 キジ 日本の国鳥。本州・四国・九州で見られ、山地から郊外の河川敷まで生息域は広い。オスは美しく、春から夏にかけてなわばりを作り互いに激しく争う。北海道・対馬には羽の色の異なるコウライキジが放鳥されている。"
H.Hiraizumi's Birding Page - 地域と種別に野鳥を検索、身近な野鳥で環境を診断。探鳥会や保護、救護の案内、鳥事典とリンク集も。
086 アカウミガメ 静岡県/榛原郡御前崎町:徳島県/海部郡日和佐町 ウミガメの中では最も北で産卵する種類で、日本はその産卵地の北限。頭が大きく、頑丈なくちばしで貝類などを好んでたべる。子ガメは海面近くで生活し、海流にのって漂うように暮らしている。"
日和佐観光案内 - アカウミガメの生態、産卵記録、観光や自然、イベントの情報。
じゃぷれっぷ in FIELD Star - 国産爬虫類全種を図鑑形式で紹介。写真や飼育情報もあり。
087 ニホントカゲ(幼体) 北海道〜九州にかけて分布する代表的なトカゲの一種。ごく普通の種類だが、カナヘビに比べて目にする機会が少ない。幼体の色彩は美しいが、成長につれて茶色に変わっていく。つるつるしたなめらかな鱗が特徴。"
身近なカエル・ヘビ - 奈良県周辺に生息する両生類と爬虫類に関するデータベース。
じゃぷれっぷ in FIELD Star - 国産爬虫類全種を図鑑形式で紹介。写真や飼育情報もあり。
飼育方法−コオロギとイモリの店の生物の館から飼育方法のページです。
088 オニヤンマ 体長10cm近くにもなる日本最大のトンボ。黄色と黒のしま模様と深い緑色の複眼が美しい。おもに林の回りに多くすみ、一定のなわばりを作ってその中を巡回するように飛んでいる。幼虫は体内の小川などでみられる。"
つくば野の虫たち − つくば市立豊里ゆかりの森昆虫館。
インターネット昆虫図鑑−主要な昆虫を図入りで解説しています。
089 ミヤコヒキガエル 沖縄県/宮古島・南大東島・北大東島 西南諸島の宮古島にすむヒキガエルの仲間。本州のヒキガエルとは別種と考えられていて、体も小さい。地上性で畑などに住み、夜になると出てきて昆虫やナメクジなどの小動物をたべる。虫を求めて明かりの下に集まることも多い。"
両生類保全研究資料室(仮称) - 両生類と自然環境を考える人々の情報の場(日本産両生類データベース) 
びっきいとやまどじょう−内外の両性類を集めた図鑑サイト。写真豊富です。
090 ヤクシカ 鹿児島県/屋久島 日本に広く分布するニホンジカの屋久島産の亜種。北海道や本州の亜種よりずっと体が小さく、オスの角も小ぶりで枝の数も少ない。シカの角はカモシカとは異なり、毎年生えかわるのが特徴。"
ヤクシカ - |世界の絶滅危惧・希少動物。
日本の野生動物 - 山で会える野生動物たち。
091 オオクチバス 釣りの対象魚として北アメリカから移入された種類。雑食性で繁殖力も強いため、在来の淡水魚、特に湖の浅瀬にすむ魚達にとっては脅威的存在。近年、さらに各地の湖に移入されるなどして、その勢力を拡大中。別名ブラックバス。"
淡水魚類図鑑 - 神奈川県水産総合研究所内水面試験場による淡水魚類の図鑑。
電子図鑑滋賀の魚たち−滋賀県の淡水魚図鑑。写真が見られる。
092 ハコエビ 千葉県:静岡県:鳥取県:島根県 房総半島以南の海底にすむイセエビの仲間。他のイセエビ類とは異なり、体が角ばっていてトゲが少ない。第二触角が短めで幅が広く、曲げることができないのも特徴。砂や泥の多い海底を好み、二枚貝やカニなどを食べている。"
エビについて最近見つけた話題−とにかくエビ全般に関する記事見聞を膨大にあつめています。
093 ツバメ 春になると南から渡ってくる夏鳥。ヒナを外敵から守るために人家に巣を作ることが多い。わざと人通りの多い場所を選ぶのはスズメに巣を奪われるのを防ぐためだと考えられている。飛ぶのが上手で、空中で小さな昆虫を捕らえて食べている。"
H.Hiraizumi's Birding Page - 地域と種別に野鳥を検索、身近な野鳥で環境を診断。探鳥会や保護、救護の案内、鳥事典とリンク集も。
094 タンチョウ 北海道/東部 北海道東部にすむ大型のツルの仲間で、生息地として釧路湿原が有名。黒い尾羽にみえる部分は翼の羽の一部で、実際には尾羽は白い。雑食性で魚や小動物、草の実などをたべている。国の特別天然記念物。"
H.Hiraizumi's Birding Page - 地域と種別に野鳥を検索、身近な野鳥で環境を診断。探鳥会や保護、救護の案内、鳥事典とリンク集も。
タンチョウ(Grus japonensis)の情報 - タンチョウの研究・保護活動を紹介。
ねむろ野生動物図鑑 - 北海道の根室半島に生息するエゾシカ、キタキツネ、エゾリス等の野生動物を紹介。
動物・野鳥−北海道バーチャル自然体験のページから、動画や音声があるかも。
095 アカナマダ 相模湾。富山県沖以南の海にすむ、深海魚リュウグウノツカイに近名縁な魚。目の前方が張り出していて、そこから背びれが始まるという奇妙な姿をしている。全長2mに達する。"
アカナマダ−海洋水産資源開発センターの展示資料室はくせい資料です。
096 ニホンリス(夏毛) 本州・四国・九州の森林にすむが、西日本では数が少ない。樹上性で植物の種・果実を中心とした雑食性。木の上に鳥の巣に似た丸い巣を作って繁殖する。体の脇のオレンジ色がニホンリスの夏毛の特徴。日本固有種。"
守山リス研究会−名古屋市近郊に棲息する野生のニホンリスの保護、生態調査、環境整備を行うボランティア団体。
海洋堂さまへのお詫び
参考に海洋堂さまの解説を転載しております。著作権を侵害してまことに申し訳ありません。典拠明記の上の引用としてご容赦くださいましたら幸いです。もし支障がございましたら、いつでも削除いたしますので、ご連絡ください。