NO

特徴的な棲息地・繁殖地

天然記念物

海洋堂さまの解説 (C) KAIYODO

動物に関るリンク集(見つけられなかった場合は割愛)
001 ニホンザル 青森県/下北郡脇野沢町・佐井村:千葉県/富津市・君津市高宕山:岡山県/高梁市臥牛山:大阪府/箕面市箕面山:大分県/大分市高崎山:宮崎県/串間市幸嶋:鹿児島県/屋久島 本州・四国・九州から屋久島までの山地に群れを作ってすみ、木の芽・葉・実などが主食で雑食性。サル類では世界で最も北に分布する種類で、尾は短く、冬には、厚い毛で被われる。日本固有種。"
高崎山自然動物園 - 野生サルの見どころ紹介や営業の詳細案内。ライブカメラもある。
房総の動物たち - タヌキ、イタチ、テン、コウモリ等、千葉県に住む哺乳類を写真と解説で紹介。
日本の野生動物 - 山で会える野生動物たち
002 ヤマネ 本州・四国・九州の山地の森にすむ体長7〜8cmの小動物。樹上性で昆虫や木の実・果実などを食べる。冬は体をボール状に丸めて冬眠する。日本固有種で、国の天然記念物。"
ヤマネってどんな動物? - ヤマネのページ。生態や分布等ニホンヤマネに関する研究や写真を紹介。
003 トキ 新潟県/佐渡 かつては日本全国の水田や池などにたくさん住んでいた。魚などの水生動物を食べ、木の上に巣を作り繁殖する。明治以降、乱獲と環境悪化により、あっという間に絶滅の危機に陥った。現在、野生のトキは日本から消えてしまっている。"
H.Hiraizumi's Birding Page - 地域と種別に野鳥を検索、身近な野鳥で環境を診断。探鳥会や保護、救護の案内、鳥事典とリンク集も。
004 テン(冬毛) 本州・四国・九州・対馬に分布するが、最近は北海道にも野性化している。毛色にはいくつかのタイプがあり、冬に顔が白く、体が黄色になるものはキテンと呼ばれ特に美しい。木登りがとくいでリスや鳥などの小動物の他果実類も大好物。"
房総の動物たち - タヌキ、イタチ、テン、コウモリ等、千葉県に住む哺乳類を写真と解説で紹介。
日本の野生動物 - 山出会える野生動物たち
005 オオサンショウウオ 大分県/宇佐郡院内町・大分郡湯布院町:岡山県/真庭郡湯原町・八束村・中和村・川上村:岐阜県/郡上郡大和村・和良村・八幡町:兵庫県:島根県:鳥取県:山口県:三重県:愛知県 世界最大の両生類として有名で、日本固有種。全長1m以上にもなるが普通はその半分位の大きさ。河川の上流域にすみ、夜、川底を歩いて魚やカニなどを食べる。人里近くの用水路などにも現れることもある。特別天然記念物。"
大阪に棲むオオサンショウウオ - オオサンショウウオの保護等を目的に調査活動等を行う。
身近なカエル・ヘビ - 奈良県周辺に生息する両生類と爬虫類に関するデータベース。
両生類保全研究資料室(仮称) - 両生類と自然環境を考える人々の情報の場(日本産両生類データベース) 
びっきいとやまどじょう−内外の両性類を集めた図鑑サイト。写真豊富です。
006 ギフチョウ 日本特産の小型のアゲハチョウで、原始的な種類といわれている。本州だけに分布し、4月上旬に発生する。幼虫はカンアオイの葉をたべて育つ。"
AOKI IN SPACE - ギフチョウ、オオムラサキ等の飼育、観察記録。蝶に関する本の目録等。
インターネット昆虫図鑑−主要な昆虫を図入りで解説しています。
007 クサガメ 本州〜九州の川や池などにすむ。メスの方が大型になり、甲長30cmを越えることもある。イシガメよりは水質悪化に強く、平地にすむため、在来のカメの中では最も普通にみられる種類。現在「ゼニガメ」として売られているのはこのカメの子供。"
淡水魚類図鑑 - 神奈川県水産総合研究所内水面試験場による淡水魚類の図鑑。
身近なカエル・ヘビ - 奈良県周辺に生息する両生類と爬虫類に関するデータベース。
カメのページ - 猿沢池のカメの話や帰化しているカメについての意見が書かれてあります。
じゃぷれっぷ in FIELD Star - 国産爬虫類全種を図鑑形式で紹介。写真や飼育情報もあり。
飼育方法−コオロギとイモリの店の生物の館から飼育方法のページです。
008 ノウサギ 本州〜九州の野原や林にすむ。夏毛は全身茶かっ色で、冬毛は地域によって白くなるものと、ならないものとがある。ペット用のウサギ(アナウサギ)と異なり、巣穴は作らず、仔は毛がはえそろった状態で生まれる。北海道のユキウサギとは別種とされている。日本固有種。"
房総の動物たち - タヌキ、イタチ、テン、コウモリ等、千葉県に住む哺乳類を写真と解説で紹介。
日本の野生動物 - 山出会える野生動物たち
009 カワセミ 日本全国の川や池でみられる美しい鳥。くちばしはとがって長く、水に飛び込んで魚や水生動物を捕えて食べる。川辺の崖などに横穴を堀り巣を作る。最近では都会の公園の池でも再び見られるようになってきた。"
H.Hiraizumi's Birding Page - 地域と種別に野鳥を検索、身近な野鳥で環境を診断。探鳥会や保護、救護の案内、鳥事典とリンク集も。
動物・野鳥−北海道バーチャル自然体験のページから、動画や音声があるかも。
010 カブトムシ 本州以南の雑木林に住む大型の甲虫で、最近では北海道でも見られるようになった。オスには長いツノがあるが、沖縄のものは平均して体もツノも小さい。成虫は6〜8月に発生し、樹液を求めてクヌギなどの木に集まる。"
昆虫情報発信基地 - クワガタ、タガメ、ゲンゴロウについての情報。書籍、ショップ案内やリンク集等。
つくば野の虫たち − つくば市立豊里ゆかりの森昆虫館。
インターネット昆虫図鑑−主要な昆虫を図入りで解説しています。
011 ニホンカモシカ 新潟県/南蒲原郡下田村 本州以南の低山〜山岳地帯の森林にすみ、大きな群れは作らず、単独で生活することが多い。オスもメスも短い角をもち、シカのような外見上の大きな差はない。現在四国・九州のものは特に数が少ないとされている。日本特産で国の特別天然記念物。"
012 メダカ 本州以南の小川や池・用水路などにすむ。かつてはごく普通にみられるなじみ深い魚であったが、現在では各地でその数を減らしている。"
淡水魚類図鑑 - 神奈川県水産総合研究所内水面試験場による淡水魚類の図鑑。
013 キツネ 北海道・本州・四国・九州に分布し、北海道のものはキタキツネ・その他の地域のものはホンドキツネとも呼ばれる。タヌキよりも肉食傾向がつよく、ネズミなどの哺乳類や昆虫・鳥などを主食にしている。巣穴を掘って仔を産み、夫婦共同で子育てをする。"
日本の野生動物 - 山出会える野生動物たち。
014 オオクワガタ 本州・四国・九州の低地から山地まで様々な環境に住み北海道でも少数の採集例がある。全長7cmを超えることもある大型のクワガタムシで、普通は木の洞やすき間などに潜んでいる。成虫で2年以上生きることもできる長生きの虫。"
昆虫情報発信基地 - クワガタ、タガメ、ゲンゴロウについての情報。書籍、ショップ案内やリンク集等。
クワガタ博物館 - 日本産クワガタムシ全種全亜種と世界のクワガタ、カブトムシを紹介。昆虫標本の作り方や変異についても。
インターネット昆虫図鑑−主要な昆虫を図入りで解説しています。
015 オキナワキノボリトカゲ 鹿児島県/奄美大島:沖縄県/沖縄島 奄美・沖縄島に住むリュウキュウキノボリトカゲの1亜種。尾が長く、オスの体色は美しい緑色だが、体色を変えることもできる。名前のとおり樹上性で、アリなどの昆虫を食べている。"
インターネット図鑑「自然界」 - 魚類、哺乳類、爬虫類、両生類をキーワード、系統、地図、形状から検索。
じゃぷれっぷ in FIELD Star - 国産爬虫類全種を図鑑形式で紹介。写真や飼育情報もあり。
016 ヒミズ 島根県/隠岐:長崎県/五島列島・対馬:(本州・四国・九州全般) 本州・四国・九州の林にすむ小型のモグラ。落葉や腐葉土の中を掘りすすんでミミズや小動物をさがして食べる。前足は小さく、モグラほどトンネル堀りはうまくない。地表に出てくることもよくある。"
房総の動物たち - タヌキ、イタチ、テン、コウモリ等、千葉県に住む哺乳類を写真と解説で紹介。
017 スナメリ 広島県/竹原市:千葉県/犬吠埼 背ビレとくちばしをもたない小型のイルカで、日本では瀬戸内海・有明海などでみられる。胸ビレは大きくて小まわりがきき、浅い海での生活に適している。単独で暮らすことが多く、小魚やエビなどを食べている。"
Biggest tail - クジラの種類を絵と説明文でわかりやすく紹介。
Save the Whales - イルカ、クジラ類の飼育下の問題や捕獲問題、ホエールウオッチング等の情報、GIFアニメや素材等。
018 ニホンアマガエル 人家の回りでも見ることのできる小型のカエル。指には吸盤があり、草むらや木の上で暮らしていて、小さな虫などを食べている。夜、虫を狙って明かりの近くに集まることも多い。"
身近なカエル・ヘビ - 奈良県周辺に生息する両生類と爬虫類に関するデータベース。
両生類保全研究資料室(仮称) - 両生類と自然環境を考える人々の情報の場(日本産両生類データベース) 
びっきいとやまどじょう−内外の両性類を集めた図鑑サイト。写真豊富です。
019 イリオモテヤマネコ 沖縄県/西表島 沖縄県西表島だけに住む野生ネコ。1967年に初めて生きた個体が捕獲された。木登りや水泳も上手で、オオコウモリ、鳥、トカゲ、昆虫など島中の様々な動物を捕らえて食べている。国の特別天然記念物。"
竹盛旅館−西表島の旅館のページ。イリオモテヤマネコの紹介があります。
西表野生生物保護センター−イリオモテヤマネコの捕食シーンのビデオがあります。
020 クラカケアザラシ 北海道/東部 冬に北海道東部の沿海に流氷にのってやってくる小型のアザラシ。海で魚をとる他は流氷の上で暮らしていて、海岸に上陸することはない。オトナのオスは黒地にはっきりした白い帯模様をもつ。"
あざらしのお部屋- アザラシ関連の資料集とリンク集。
021 キビタキ 夏鳥として山地の林にやってくる美しい小鳥。オスは黄色・オレンジ・黒の派手な色をしているが、メスはかっ色で地味。主に山にすむが、渡りの季節には町や公園などでも見られるようになる。"
H.Hiraizumi's Birding Page - 地域と種別に野鳥を検索、身近な野鳥で環境を診断。探鳥会や保護、救護の案内、鳥事典とリンク集も。
道南の野鳥−厚澤部町周辺の野鳥の情報ページ。鳴声を聞くことができます。
022 ラブカ 駿河湾沖などの深海にすむ最も原始的なサメの一種。えら穴の数は他のサメより多く6対あり、歯の形は古生代のサメの祖先、クラドセラケに似ている。水深数百mの海底付近で暮らしていると思われる。"
ラブカ - 自然科学のとびら 第4巻第1号
海と魚の研究セミナー ラブカを解剖する - 『海のはくぶつかん』Vol.23 No.6 p.4
生きてる化石深海ザメラブカ−東海大学海洋科学博物館の展示紹介ページ。
023 エトピリカ 北海道/東部 北海道東部沿海にすむ海鳥で、海に潜って小魚を捕らえて食べている。赤いくちばしと美しい飾り羽が特徴だが、冬には地味な色になってしまう。北の海を代表する海鳥のひとつで、エトピリカとはアイヌ語で「赤いくちばし」の意味。"
ねむろ野生動物図鑑 - 北海道の根室半島に生息するエゾシカ、キタキツネ、エゾリス等の野生動物を紹介。
動物・野鳥−北海道バーチャル自然体験のページから、動画や音声があるかも。
024 イトヨ(陸封型) 福井県/大野市 北海道や北日本のきれいなわき水にすむトゲウオの仲間。繁殖の季節にはオスは赤と青に変化し、水底に枯れた水草などで作った巣にメスを誘って、産卵させる。一生を清流ですごす陸封型のイトヨは、環境悪化に弱く、その生存が危ぶまれている。"
淡水魚類図鑑 - 神奈川県水産総合研究所内水面試験場による淡水魚類の図鑑。
025 オコジョ(夏毛) 長野県:山梨県/須玉町 北日本の山岳地帯にすむ小型のイタチ仲間。高山の岩場などでよく見られ、鳥、哺乳類、昆虫など体の割に大きな動物まで襲って食べる。冬には尾の先の黒以外、全身純白に変わり美しい。"
おこじょクラブ - オコジョのリンクや書籍の紹介、ファンの交流等。
日本の野生動物 - 山出会える野生動物たち。
026 ハシブトガラス おそらく現代人の生活に最も適応した野鳥のひとつ。夜は山や公園の樹上で集団で休み、早朝、人里や市街地のエサ場へと飛び立っていく。ハシブトガラスは、もともと森林性の鳥で立体活動が得意なため、ビル街では、ハシボソガラスより圧倒的に数が多い。"
H.Hiraizumi's Birding Page - 地域と種別に野鳥を検索、身近な野鳥で環境を診断。探鳥会や保護、救護の案内、鳥事典とリンク集も。
027 ヒグマ 北海道 北海道にすむ日本最大の肉食動物。他の動物を襲って食べることもあるが、普通は主に植物質の餌を食べている。冬には穴に入って「冬ごもり」をし、メスはこの間に1〜2頭の子供をうむ。"
ヒグマ・ツキノワグマネットワーク - 日本クマネットワークの事務局便りやシンポジウムの案内、会員名簿等がある。
動物・野鳥−北海道バーチャル自然体験のページから、動画や音声があるかも。
028 ムツゴロウ 福岡県:佐賀県:熊本県 九州の有明海などにすむハゼの仲間。泥の多い干潟を好み、干潮になると潮の引いた泥の上に現れ、活発に活動する。胸ビレを足のように使って移動し、泥の表面をなめるようにして、けい藻などを食べている。"
有明海−御厨鮮魚店さんの有明海の紹介です。ムツゴロウの写真が豊富です。
029 オビトカゲモドキ 鹿児島県/徳之島 南西諸島特産の地上にすむヤモリの仲間。オビトカゲモドキは、沖縄島のクロイワチカゲモドキの亜種とされ、奄美群島の徳之島だけにすみ、ピンク色の帯模様が美しい。夜行性で地表の小動物を食べている。"
鱗ふぇち−今井さんの生物系サイト。トカゲ類をはじめとする飼育法があります。
じゃぷれっぷ in FIELD Star - 国産爬虫類全種を図鑑形式で紹介。写真や飼育情報もあり。
030 アホウドリ 東京都/鳥島:沖縄県/尖閣諸島 現在では、鳥島と尖閣列島でのみ繁殖が知られている大型の海鳥。かつては無数にいたらしいが乱獲により一時は絶滅寸前まで追い込まれた。繁殖期以外は海の上ですごし、イカや魚などを食べている。"
H.Hiraizumi's Birding Page - 地域と種別に野鳥を検索、身近な野鳥で環境を診断。探鳥会や保護、救護の案内、鳥事典とリンク集も。
031 アカネズミ 主に山地にすむ野ネズミの仲間で、北海道から九州まで分布する日本固有種。夜行性で、種子や実、昆虫、植物の芽などを食べる。地上性で長めの後ろ足を使ってジャンプするように移動する。"
Nakagawa Kazuhiro - いきもの - 岐阜県在住の生物の先生のページ。アカネズミの研究論文があります。
032 トノサマガエル 小川や水田などの水辺にすむなじみ深いカエル。本州中部より西の地域に生息し、関東で見られるのは、よく似たトウキョウダルマガエルという別種のカエル。警戒心がつよく、人の気配を感じると、すぐに水底に潜ってしまう。"
身近なカエル・ヘビ - 奈良県周辺に生息する両生類と爬虫類に関するデータベース。
両生類保全研究資料室(仮称) - 両生類と自然環境を考える人々の情報の場(日本産両生類データベース) 
びっきいとやまどじょう−内外の両性類を集めた図鑑サイト。写真豊富です。

飼育方法−コオロギとイモリの店の生物の館から飼育方法のページです。
033 ゲンジボタル 宮城県:登米郡東和町/栗原郡金成町:愛知県/岡崎市:滋賀県/坂田郡山東町・近江町:京都府/京都市:山口県/山口市・長門市・豊浦郡豊田町:徳島県:麻植郡美郷村:福岡県/山門郡瀬高・筑後市町 「光る虫」として有名で、夏の初めに山地の川辺などでよく見られる。幼虫は水中で暮らしていて、カワニナなどの水生巻貝を食べて育つ。成虫はお互いの「光」によってコミュニケーションをとっている。"
西尾・平原ゲンジボタルの里 - 平原ゲンジボタル保存会の活動について。
ホタルの広場-愛知県岡崎市のゲンジボタルに関するページ。ホタルのリンク集がある。
インターネット昆虫図鑑−主要な昆虫を図入りで解説しています。
034 ニホンカワウソ 愛媛県/南部:高知県/東部 かつては日本全国の川辺などで普通に見られたが、護岸工事や水質悪化、乱獲などにより現在では絶滅の危機にある。高知県西部の海岸などに少数生き残っているといわれているが、その数は不明。イタチの仲間だが、全長1m以上と、かなり大きな動物だ。"
ニホンカワウソ友の会 - 会の歴史や活動、カワウソという動物を紹介。
ニホンカワウソ・ホームページ - 北海道での生息確認データ、文献と民話の紹介。
035 シマドジョウ 本州・四国の川にすむドジョウの仲間。砂地を好み、口で砂を吸い込んでは砂中のエサをよりわけて食べている。体の模様は地域によって異なり、他にもタイリクシマドジョウ、スジシマドジョウなどの近縁種がいる。"
淡水魚類図鑑 - 神奈川県水産総合研究所内水面試験場による淡水魚類の図鑑。
036 アカハライモリ(♂) 日本各地の水田や用水路などに住む。幼生はエラをもち、オタマジャクシのように水中で育つが、成長して一度上陸するとしばらくの間は陸上で暮らす。幼生、成体とも小動物を餌としていて、腹の赤と黒の模様は地域によって異なる。"
身近なカエル・ヘビ - 奈良県周辺に生息する両生類と爬虫類に関するデータベース。
両生類保全研究資料室(仮称) - 両生類と自然環境を考える人々の情報の場(日本産両生類データベース。
びっきいとやまどじょう−内外の両性類を集めた図鑑サイト。写真豊富です。
飼育方法−コオロギとイモリの店の生物の館から飼育方法のページです。
037 カブトガニ 岡山県/笠岡市 「生きた化石」として有名で、日本では瀬戸内海や九州北部の砂浜にたくさんすんでいたが、現在海岸の工事などで棲み家が減り、急速に数を減らしている。甲らの下にある足で砂底をさぐり、ゴカイなどの小動物を食べている。"
瀬戸内シーサイドネットワーク - 瀬戸内海の海の生き物を研究する市民団体。愛媛県内のカブトガニの生態調査や宇和海のサンゴ分布調査等。
カブトガニ博物館 - 笠岡市立の、カブトガニと人とのかかわりをテーマとした博物館。
038 イヌワシ 北海道:岩手県/下閉伊郡岩泉町:宮城県桃生郡北上町 おもに本州北部の山岳地帯にすむ大型のワシ。空を飛びながら獲物をさがし、ノウサギや大型の鳥などを捕らえて食べる。岩場や大木の上などに小枝を積み上げた巣をつくる。"
H.Hiraizumi's Birding Page - 地域と種別に野鳥を検索、身近な野鳥で環境を診断。探鳥会や保護、救護の案内、鳥事典とリンク集も。
環境・イヌワシ−山形県八幡町の公式ページから、イヌワシとその保護にかんする情報。
「日本イヌワシ研究会」のホームページ イヌワシの生態を研究するNGO、各地のイヌワシ調査の情報あり。
イヌワシの棲む碓氷の自然環境を考える - 碓氷郡松井田町小根山地区に建設予定のカワサキモータースサーキットの影響を考える。
039 ウサギコウモリ おもに中部地方より北にすんでいる小型のコウモリ。名前のとおり耳が大きく長いのが特徴。昼間は木の穴や洞穴にかくれているが、人家のすき間などに入っていることもある。"
美幌のこうもり - 美幌博物館の企画展のページ。
奈良教育大学のコウモリのページ−コウモリ全般についてくわしく説明されています。
040 クチベニマイマイ 近畿地方にすむカタツムリの仲間。殻や体にしま模様があり、美しい。樹上性で、夜になると活動し、餌を食べる。体色や模様にはいくつかのタイプがある。"
かたつむりの館 - カタツムリや淡水貝等の紹介とエッセイ。
041 フクロウ 主に山地の林にすむ、夜行性の鳥。肉食で、目と耳がよく発達していて、暗闇で、ネズミや鳥などを見つけ出して捕らえて食べる。大木の穴に巣を作り、夫婦協力しあって子育てをする。"
森の賢者梟
夜明け前の散歩
- フクロウ情報、博物館紹介、写真等。

深山の鳥−岐阜県の野鳥の紹介サイト、写真あり。
042 タヌキ 山口県/向島 北海道・本州・四国・九州の山地や人里にすむ原始的なイヌの仲間。雑食性で主に地上で餌をあさるが、木に登って果実などを食べることもある。キツネに比べて適応力がすぐれていて、町中などにも現れることがある。"
お狸山のホームページ - タヌキのファンである作者が、狸の情報を提供。写真集も。
房総の動物たち - タヌキ、イタチ、テン、コウモリ等、千葉県に住む哺乳類を写真と解説で紹介。
043 タガメ 日本最大の水生昆虫。水田やため池、用水路などに住み、植物のしげみに潜んで、魚やカエルなどを待ちぶせて捕らえる。水の上につき出した木や草などに卵をかためて産み、オスが卵を守る。"
昆虫情報発信基地 - クワガタ、タガメ、ゲンゴロウについての情報。書籍、ショップ案内やリンク集等。
044 モモンガ 本州・四国・九州の山地で見られる小型のリスの仲間。北海道のエゾモモンガとは別種で、ホンドモモンガと呼ばれることもある。手足の間にある皮膜を使って木から木へ滑空することができる。夜行性で目が大きいのも特徴。日本固有種。"
ももんがーず わーるど - アメリカモモンガを中心に、モモンガに関する疑問や飼い方の紹介等。
045 コブシメ 南西日本のサンゴ礁にすむコウイカの仲間で、胴体部だけで50cmにもなる最大種。肉食で魚やエビなどを捕らえて食べ、秋から冬にかけてペアを作りサンゴのすき間に産卵する。"
コブシメギャラリー−焼津の海中動物を専門にするサイト。その名のとおりコブシメ情報満載です。
046 ニホンオオカミ 1905年に絶滅したとされる野生のイヌ。古くから「ヤマイヌ」と呼ばれ、分類上も、いわゆるオオカミとは別の種類であった可能性が高い。生きていた時の生態などはほとんど不明。"
日本オオカミ協会 - ニホンオオカミや世界のオオカミの情報、再導入について紹介。
047 ビワコオオナマズ 滋賀県/琵琶湖 琵琶湖特産のナマズで全長1mにもなる大型種。昼間は深い湖底にいて、夜になると水面近くまで上がってきて魚を捕らえて食べる。初夏に岸辺近くで産卵するが、詳しい生態は不明。"
ビワコオオナマズ、限られた水域で生息 京大教授ら調査 ブラックバスもエサに (KYOTO COLLECTION)
琵琶湖の主 ビワコオオナマズ(琵琶湖博物館)
048 リュウキュウヤマガメ 沖縄県/沖縄島・久米島 沖縄、久米島などで見られる陸にすむカメで、山地の湿った場所を好み、ほとんど水には入らない。雑食性でミミズや昆虫、木の実などを食べている。日本固有種で、国の天然記念物。"
じゃぷれっぷ in FIELD Star - 国産爬虫類全種を図鑑形式で紹介。写真や飼育情報もあり。
海洋堂さまへのお詫び
参考に海洋堂さまの解説を転載しております。著作権を侵害してまことに申し訳ありません。典拠明記の上の引用としてご容赦くださいましたら幸いです。もし支障がございましたら、いつでも削除いたしますので、ご連絡ください。