第5回 飯村蒼丘書展「あ な た の 心 に」

 

 まだ事件が3人を襲う前、都子(さとこ)さんが龍彦君と過ごした一日をご両親に宛てた手紙(1989年7月20日付)の全文、そして、若き日の詩、ことばを書にしたためました。

 そのほか、蒼丘の思い(ハガキ作品、その他)、最愛の肉親を亡くした書道家三人の作品も併せて展示します。

 

場 所   神奈川県民ホール ギャラリー 第3展示室

日 時   2005年8月16日(火)〜21日(日)
       午前10時〜午後6時(初日11時から、最終日5時まで)
 
◆主 催   飯村蒼丘・<都子基金>

           さんと     ゆうよう    けいすい
◆共催    松本山兎 亀澤游曄 川島桂翠

◆お問合せ 「蒼丘の部屋」TEL.045-721-1010

 


「こころざしは時を超えて」

坂本弁護士一家10年の集会が開催されます

 2005年は坂本弁護士一家のご遺体発見から10年目にあたります。事件を風化させてぱならない、堤さんと都子さんのこころざしを私たちが受け継いでいこう、という思いを新たに、「こころざしは時を超えて」と題する集会が横浜で開催されます。

 当日は都子さんのご両親、堤さんのお母様をはじめ、堤さんの同窓生や仲間の弁護士など多くの方が参加され、改めて堤さん、都子さんを偲び、併せてこの10年間のオウム裁判や被害者の問題を振り返ります。

 もちろん、<都子基金>のスタッフも全員かけつけます。

 ぜひ多くの方が参加されますようお願いいたします。

 

■ 集会名  「こころざしは時を超えて」〜坂本事件と弁護士業務妨害・犯罪被害〜
■ 日 時  2005年9月10日(土)午後2時〜5時15分
■ 場 所  横浜市教育文化センター2階教育文化ホール(JR関内駅南口、徒歩1分)
■ 主 催  日本弁護士連合会、関東弁護士会連合会、横浜弁護士会
■ 内 容  第一部 坂本弁護士一家を偲んで
           弦楽四重奏(アリュール)
           都子さんの手紙の朗読
           リレートーク(都子基金、横須賀高校同窓生)
           歌唱「SATOKO」ほか(国安修二、中村弁護士)
       第二部 オウム裁判、業務妨害、被害者・・・この10年
           「オウム裁判の10年」降幡賢一(朝日新聞)
         
           「弁護士に対する業務妨害、オウム犯罪の被害者問題」中村裕二、木村晋介
       第三部 遺族、会長挨拶

           大山友之、大山やい、坂本さちよ、日弁連会長 梶谷剛
       
 

Main Pageへ戻る