<都子基金>について

 <都子基金>は坂本弁護士の妻、坂本都子(さとこ)さんの友人たちが中心となって設立した活動団体です。 

 都子さんは1989年11月、オウム真理教幹部により夫の堤さん、長男の龍彦ちゃんとともに殺害されました。

 当初は「失踪」と呼ばれていた事件でした。都子さん一家のそれぞれのご両親、同僚や友人たち、そして多くの市民が生存を信じて必死の救援活動を続けました。

 しかし、その願いもむなしく、一家は無惨な姿で,遠く離れた別々の場所で発見されました。1995年秋のことでした。

 都子さんのご両親はオウムの破産管財人からの分配金を私たち、都子さんの学生時代の友人有志に預託されました。私たちはこの都子さんの命の一部とも言えるお金を原資として,事件から11年目の2000年7月、<都子基金>を設立しました。

 基金では都子さんと堤さんの生き方を伝え、その意志を受け継ぐことを目的とし、次の4つの事業を柱に活動を開始しています。

  1 坂本事件のことや人権をテーマにした公開講座の実施

  2 アジアの子どもたちへの支援

  3 犯罪被害者への支援

  4 都子さんの遺稿集・ビデオ等の発行

 これらの事業をすすめるためにも、多くの人に基金の活動を知ってもらい、サポーターとなってほしいのです。心とこころ、人と人とを結ぶこと、それが都子さんの願いであったのです。

 あなたも、<都子基金>の会員になりませんか?

 

Main Pageへ