<都子基金>会則


 <都子基金>は、オウム真理教幹部により殺害された坂本都子さんの友人たちが2000年7月15日に設立した会です。
 <都子基金>は、坂本事件に対する真相解明の為ご両親が起こした民事裁判の配当金、ご賛同いただいた皆様からの賛助会費及びご寄付により事業を行います。
会の運営にあたり会則を以下の通り定めます。


(名称)
1 本会は<都子基金>(以下「基金」という)と称します。


(会の目的)
2 本基金はオウム真理教に殺害された故坂本都子さん(以下「都子さん」という)一家の生き方を伝え、都子さん及び堤さんが望んだ社会の実現を目指す事業を行うことを目的とします。


(会の事業内容)
3 本基金は次の事業を行います。
(1) 人権をテーマにした公開講座等の実施
(2) アジアの子どもたちへの支援活動
(3) 犯罪被害者への支援活動
(4) 都子さんの遺稿集等の出版


(事業の原資)
4 本基金の事業は、都子さんのご両親より預けられた1000万円及び賛助会員からの会費、寄付金によって賄います。


(基金の構成)
5 本基金の構成は次の通りとします。
(1)スタッフ 本基金の事業の運営を行います。
(2)賛助会員 本基金の趣旨に賛同し、年会費1000円を納入した方。
(3)特別会員 大山友之さん、大山やいさん(都子さんのご両親)
(4)顧問  基金の運営にあたり必要な助言を行います。


(事業年度)
6 本基金の事業年度は毎年7月1日に始まり翌年の6月30日に終わります。
 2  会費の納入時期は毎年7月とします。


(その他)
7  この会則に定めるもののほか、本基金の運営等について必要な事項は   別に定めます。
 2 この会則は2001年10月21日から施行します。


【顧問】 飯田徳昭立教大学チャプレン長、宇都宮健児弁護士、川人博弁護士

(アイウエオ順・2001年10月21日現在)

main pageへ戻る