「語られぬ三番瀬再生」 新聞報道に思う

〜“徹底した住民参加”についてのレポート〜


千葉の干潟を守る会 竹川未喜男



トップページにもどります
「主張・報告」にもどります
「三番瀬円卓会議」にもどります


 全国の自然保護・環境団体の注目を集め、昨年ラムサール締約国会議でもその保全と登録をアピールした東京湾奥部の浅海・干潟、三番瀬の再生計画は、2年にわたる論議を経て、(2004年)1月22日最後の円卓会議において、堂本千葉県知事に手渡されました。
 ほとんどの新聞は、「再生へ護岸一部撤去」「湿地、干潟増を提言」などの見出しを掲げ、情報公開・住民参加による「自然再生のモデル」として「護岸の一部改良は、成功すれば今後の湿地回復や護岸工事の先駆的事例になるだろう」といった好意的な報道をしました。
 「期待を上回る、精緻な内容。どれだけ感謝してよいか分からない。危険な護岸など緊急性も判断しなければならない。県は宝物を投げられたという意識で、できるだけ忠実に取り組みたい」との知事発言も紹介されました。
 各紙の解説記事にも興味深いものがありました。

《解説記事の要点》
     「県や県議会には会議の提言を十分に踏まえ、真剣な議論を望む。何より県民自身が議論の行方を注視し、主体的に三番瀬問題に向き合うこと」(読売)。

     「海域は狭めず、新たな埋め立てに歯止め。「保全」重視ながら、多様な改善策の試行の可能性を残す。再生事業実施の規模や範囲、主体や維持・管理の方法など真の具体化は今後。第一歩を踏み出すまでに、対立再燃の余地もある。……知事の任期をにらんだ時間の制約から、対立点の解消より「合意」優先の場面もあった。各種現況調査の解析作業が遅れ、報告書は十分でなかった。会議の経過をよく県民に知らせる姿勢も不十分。幅広い層に議論が広がらなかった」(東京)。

     「未知の要素が多い自然を相手に拙速を避け、丁寧な作業を求めた。自民党多数の県議会への対処について、環境が人類と時代の普遍的テーマになった現実直視の必要あり」(朝日)。

     「利害が相反する激論の中、多数決なしの『総意』で計画を作った。完全公開を貫き、放置すれば進む環境悪化に歯止め策も出た。『千葉方式』と胸を張れる大きな成果。三番瀬保全と相反する第二東京湾岸道路ルート決めの難題あり。毎回、長時間の会議は下部組織を含め163回、3億円という時間とカネを費やした。早期実行である」(千葉日報)。

     「行政が設置した検討組織が会議の公開、議事録のホームページ化は評価。だが県民の関心は今一つ、傍聴者も固定化した。今後の県の実行力を問う。『再生』が目標故、堤防や護岸の整備で終わりとはいかぬ。国や地元市との負担問題、事業の優先順位。後継組織での論議もさらに屈折が予想される。県は一層の住民参加、会議公開、実りある議論を」(毎日)。

     「埋め立てや開発主導型の県行政の転換点。今後の街づくりに影響を与えよう」(日経)。
 新聞社の記事を並べたのは、「県政の重要施策」のわりには広報活動が不十分で、ほとんどの県民は三番瀬についての情報源をマスコミに頼っていたからです。(私たちが実施した沿岸の1500人アンケートでは59%)

 しかし、そのマスコミもイベント中心で、三番瀬の自然、漁業、護岸・用地問題などの論議経過や、市民調査などを報道しこなかったと思います。
 しかし、この「解説」では東京と毎日がポイントを突いていました。率直に言って、県事務局のご努力は多としますが、円卓会議は、予算取りと、様々な利権追求に振り回されました。時間不足、調査不十分の結果、11もの下部組織が、それぞれの「まとめ」作成で、海側、陸側の委員会の狭間で苦労されたようです。
 一般県民は三番瀬は守られたと安心して、アンケートでは72%が「海の自然や生き物の多様性の保全第一」と回答し、素案へのパブリックコメントでも、強い保全志向から、猫実川河口域への土砂投入に懸念を表明しました。
 埋立地の工場専用地域の土地所有者は、用途区域変更(地価上昇)含みの海岸保全区域の変更要求が通って音なしとなり、漁協代表も大規模埋め立てを前提とした漁港構想が会議で意見されるや半年余り会議をボイコットしたばかりか、年末にはラムサール反対の理由を付して組合員にアンケートを出しました。

 千葉県自然保護連合や千葉の干潟を守る会などは、何度も要望や意見書を出し、問題の猫実川河口域への土砂投入、市民調査結果の発表、ラムサール2005年登録を迫りました。しかし「手続き民主主義」と、一度決めたら修正を嫌う「権威主義」の壁に阻まれました。私自身も、知事の「徹底した住民参加」に共鳴して、県や円卓会議主催の三番瀬に関わる会議、行事168回中、118回に参加し、20通の意見書を出し、会議の運営、調査、情報公開について要望や、意見を提出してきました。しかし何らかの形でレスポンスを受けたのは6回でした。

 最後の円卓会議で、最大の争点が、堂本知事入場の瞬間まで持ち越されていたことはマスコミ承知の事実です。「猫実川河口域への土砂投入と現状の総合解析」の問題です。環境団体が主張してきた、「猫実川河口域は“堆積傾向”にあること。三番瀬の干潟は“全て人工干潟”は大きな事実誤認。訂正せよ」とデータを突きつけ計画書の修正が求められたのです。
 その結果、当日知事に渡された計画は“成案”とはなりませんでした。多くのマスコミの方々の前で起きたハプニングでした。もう一つの争点ラムサール登録問題は、ついに漁業者への県と水産庁の別格配慮の結果見送られてしまいました。
 後継組織へのバトンタッチ、未完調査の継続、情報公開・住民参加、条例の早期議会承認など、新聞が指摘している通り課題山積です。「三番瀬の再生」はスターとしたところです。市民と共に歩むマスコミにも大いに期待しているのです。

(2004年1月) 





このページの頭に戻ります
「主張・報告」にもどります
「三番瀬円卓会議」にもどります

トップページ | 概 要 | ニュース | 主張・報告 | 行政訴訟 |
資 料 | 催し物 | 干潟を守る会 | 自然保護連合 | リンク集 |