三番瀬に第二東京湾岸道路は通させない

〜「守る会」が初日の出を見る集い(2020年元日)〜



トップページにもどります
「ニュース」のページにもどります
「第二東京湾岸道路」のページにもどります
「三番瀬自然観察会」のページにもどります



 2020年元日、「三番瀬を守る会」と「市川三番瀬を守る会」が三番瀬で初日を見る集いをひらいた。

 第二東京湾岸道路は三番瀬を通ることになっている。三番瀬保全団体はこの道路の建設を27年くいとめている。だが国土交通省と千葉県はあきらめない。昨年1月、国交大臣が第二湾岸道路の建設に向けた検討会の設置を表明した。国交省は3月、大臣表明を受けて千葉県湾岸地区道路検討会を立ちあげた。
 こうしたなか、「三番瀬を守る会」と「市川三番瀬を守る会」が船橋側と市川側で「三番瀬から初日の出を見る集いをひらいた。

 船橋側のふなばし三番瀬海浜公園前の砂浜は数百人の初日の出客でにぎわった。午前7時前、東のほうの工場群から初日が顔を出すのをまちわびた。ところが工場群の上は厚い雲がかかっている。太陽はなかなか見えない。反対側(西側)の空も雲で覆われている。そのため、真っ白に化粧した富士山も見ることができない。これはめずらしいことだ。

 工場群から昇る朝日は見られなかったが、午前7時30分ごろ、雲の隙間から太陽が顔をだした。待っていた人たちはカメラやスマートフォンのシャッターを切った。

「三番瀬を守る会」はここで毎年、初日を見る集いをひらいている。同会はいつも三番瀬で採れたノリのお吸い物などを振る舞ってくれる。今年は三番瀬ノリのスープである。

 集いの最後は記念撮影だ。「三番瀬に第二湾岸道路は通させない」「三番瀬を守り抜く」の意志をこめ、「がんばろう」とこぶしをつきあげながら集合写真におさまった。

 西側の市川市塩浜1丁目護岸では「市川三番瀬を守る会」が初日の出を見る会をひらいた。



「三番瀬に第二湾岸道路は通させない」「みんなの力で三番瀬を守ろう」と誓い
あう三番瀬を守る会のみなさん=2020年元日、ふなばし三番瀬海浜公園前の砂浜



ふなばし三番瀬海浜公園前の三番瀬で初日の出を待つ人たち=2020年元日



三番瀬でとれたノリのスープを振る舞う三番瀬を守る会のメンバー=船橋側



雲の隙間から太陽が顔をのぞかせた=市川三番瀬を守る会提供



市川側で初日を待つ人たち=市川三番瀬を守る会提供



★関連ページ

このページの頭にもどります
「ニュース」のページにもどります
「第二東京湾岸道路」のページにもどります
「三番瀬自然観察会」のページにもどります

トップページ | 概 要 | ニュース | 主張・報告 | 行政訴訟 | 資 料 |
催し物 | 会報 | 干潟を守る会 | 房総の自然と環境 | リンク集 |