干潟や浅瀬の大切さを実感

〜三番瀬市民調査(2015年4月)〜



トップページにもどります
「ニュース」にもどります
「市民調査」にもどります


 三番瀬市民調査の会は2015年2回目の調査を4月19日におこないました。
 法政大生も5人が参加してくれました。


泥干潟が干出

 昼間は暑くなるという予報でしたが、じっさいは曇りでした。まあまあの調査日和でした。
 干潮の潮位は11時20分にマイナス8cm(予測値はプラス4cm)です。大きなカキ礁の北西部で泥干潟が広く干出しました。


アナジャコをゲット

 アナジャコの巣穴はかつてよりもかなり少なくなっています。東日本大震災のときの地盤沈下と関係あるのではないかという見方もあります。
 市民調査の会の伊藤昌尚代表が筆を使ってアナジャコを1匹ゲットしました。比較的大きなアナジャコです。腹部に卵のような袋をかかえていました。


アメフラシを4匹確認

 大きなアメフラシ(ウミウシの仲間)を4匹発見しました。アメフラシを発見したのは久しぶりです。この日のいちばんの目玉でした。
 また、プレジャーボートの船長さんがアカニシやホンビノスガイなどを採ってくれました。アカニシはかなり大きなものです。市民調査でこれまで確認した中で最大です。


干潟や浅瀬の大切さを実感

 法政大生は5人とも初参加です。調査後の報告会でこんな感想を寄せてくれました。
    「これまで長野県に住んでいたので、海には縁がなかった。きょうは貴重な体験となった」

    「小さいときに谷津干潟に連れていってもらったが、記憶はほとんど残っていない。きょうはアカエイやアメフラシなど海の野生動物をたくさん見ることができて感動した」

    「三番瀬にはじめて踏み入れ、干潟や浅瀬の大切さを実感した」

    「猫実川河口域のカキ礁を通る高速道路(第二東京湾岸道路)の構想も教えてもらった。なんとかならないのか、と思う」

    「干潟に踏み入れたのははじめてだった。いろいろな生き物をみたり、泥干潟に足がはまったりと、とても楽しかった。めったにみられないとされるアメフラシもいた。アメフラシは可愛かった」


51種類の生き物を確認

 この日確認した生き物は51種類です。

◎イソギンチャク
     イシワケイソギンチャク、タテジマイソギンチャク
◎二枚貝
     アサリ、ウネナシトマヤガイ、オキシジミ、サルボウ、シオフキガイ、ソトオリガイ、ホンビノスガイ、マガキ、ムラサキイガイ
◎巻き貝
     アカニシ、アラムシロガイ、イボニシ、ウミゴマツボ
◎ウミウシ
     アメフラシ、キセワタ
◎カニ
     イシガニ、タカノケフサイソガニ
◎フジツボ
     シロスジフジツボ、タテジマフジツボ
◎その他
     ナミイソカイメン、ミズクラゲ、アナジャコ、ゴカイの一種、エゾカサネカン ザシ、ヒメケハダヒザラガイ、ワレカラの一種、ユビナガスジエビ、ヨコエビの一種、ユビナガホンヤドカリ、シロボヤ
◎魚
     ハゼの一種、ヒモハゼ、ミミズハゼ、ギンポ、チチブ、アカエイ、ボラ
◎海藻・海草
     オゴノリ
◎鳥
     カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、カルガモ、スズガモ(2万羽)、オオバン、チュウシャクシギ、コアジサシ、セグロカモメ、ユリカモメ、ムクドリ、ハシボソガラス










アメフラシを発見



大きなアカニシ



筆を使ってアナジャコ採取に挑戦



卵のようなものを抱えたアナジャコ



調査の合間に記念撮影







★関連ページ

このページの頭に戻ります
「ニュース」のページに戻ります
「市民調査」のページにもどります

トップページ | 概 要 | ニュース | 主張・報告 | 行政訴訟 | 資 料 |
催し物 | 会報 | 干潟を守る会 | 房総の自然と環境 | リンク集 |