人工干潟造成検討の中止を要請

〜三番瀬を守る連絡会が県交渉〜




トップページにもどります
「ニュース」にもどります
「三番瀬再生事業」にもどります
「人工干潟造成」にもどります


 三番瀬は「再生」という名の人工改変の危機にさらされています。千葉県が「三番瀬再生」や「干潟的環境形成」のうたい文句で三番瀬の干潟や浅瀬をつぶし、人工干潟をつくろうとしているからです。


「干潟的環境形成検討事業」の中間報告を提示

 県は今年度(2014年度)、「干潟的環境形成検討事業」を実施中です。市川市塩浜2丁目の護岸前において、100m×50mの規模の人工干潟を机上で検討するとしています。その中間報告を(2014年)9月18日の三番瀬専門家会議で提示しました。人工干潟の比較案としてA案、B案、C案を具体的に示しました。












 A案は、突堤の間に人工干潟を造成する。人工干潟の前面には潜堤を設置する。
 B案は、人工干潟を矢板で囲む。矢板は満潮時にも水没しない高さとするが、なんらかの形で海水の出入りできるようにする。
 C案は、半円形の堰堤で人工干潟を囲む。堰堤は陸側に開く形とし、満潮時にも水没しない高さとする。人工干潟には橋で渡れるようにする。
 ──というものです。

 突堤、潜堤、矢板、堰堤などの構造物設置は砂の流出対策です。県は、そんな人工干潟を市川市塩浜2、3丁目の前面海域(猫実川河口域)で大規模につくることをめざしています。それが実現すれば三番瀬の自然環境は大打撃をうけます。
 そこで、千葉の干潟を守る会、三番瀬を守る会、三番瀬を守る署名ネットワーク、千葉県自然保護連合など9団体で構成する「三番瀬を守る連絡会」は10月3日に県と交渉し、人工干潟造成検討の中止を要請しました。


あいまい回答に終始

 交渉参加者は31人です。県議会議員の勉強会も兼ねたため、4人の県議も同席してくれました。矢崎堅太郎議員(民主党)、丸山慎一議員(共産党)、岡田幸子議員(同)、ふじしろ政夫議員(市民ネット・社民・無所属)です。県側の出席者は入江信明三番瀬担当課長など3人です。

 はじめに、事前に提出した17項目の質問事項について入江三番瀬担当課長が回答しました。回答は文書でも提示しました。そのあと、回答内容をめぐってやりとりです。

 県の回答は、例によって“ああ言えばこう言う”式です。私たちは、三番瀬海域で人工干潟を造成することの問題点や理不尽さを、根拠をあげながら具体的に指摘しました。全国の失敗例も示しました。また、「市川市塩浜1丁目地先につくられている人工干潟(養貝場)を検証すべき」と指摘しました。

 しかし、担当課長はきちんと答えることができません。「人工干潟をつくると決めたわけではない」「人為的に干潟をつくることが有用なのかどうかを机上で検討する」「われわれは、人工干潟をつくれば三番瀬の環境がよくなるという考えでやっている」などと、あいまいな回答に終始です。人工干潟をつくれば三番瀬の環境がよくなるという具体的根拠はいっさい示しません。

 交渉に参加した佐藤さんは、「相変わらずロボットのような答弁だった。コンクリートや土砂投入にお金を投じて“後は野となれ山となれ”とする体質がしみついている」と感想を述べました。


自然は人間の思いどおりにならない

 そういう県の姿勢に対して参加者から批判が相次いぎました。17人が発言しました。

 大規模な人工干潟を造成するさいは、富津市の鬼泪山(きなだやま)国有林の山砂を用いることも危惧されます。そこで、「鬼泪山の国有林を守る市民の会」のメンバーも9人参加し、こう訴えました。
     「三番瀬で人工干潟をつくっても、成功するかどうかわからない。むしろ、三番瀬の環境を悪化させる可能性が高い。そういうものになぜ、わざわざ富津や君津の山を崩し、国有林を削って、山砂を投入しようとするのか。三番瀬の再生は三番瀬の中でおこなうべきだ。よそから砂をもってきて、砂の供給元をメチャクチャにするばかりか、三番瀬もどうなるかわからないという。そんなことはやめていただきたい」
 元県職員(土木技術者)の永田正則さんはこう述べました。
     「自然を相手に何かをつくるさいは、必ずミスがともなう。ひとつの例は三陸海岸につくられた巨大堤防である。それができたために、『これで安心』と思った住民が大勢いた。大津波がきても避難しなかった。ところが巨大堤防が壊れたために大勢の人たちが犠牲になった。私たち土木技術者はそれを反省しなければならないと思っている」
     「いちばん大事なのは、三番瀬の環境を悪化させた責任はだれが負うべきなのか、ということだ。それは千葉県だ。私も県の土木技術者として浦安から富津までの埋め立てにかかわった。残念ながら、環境破壊の仕事を手伝った。いまはそれを反省している。県は、その場しのぎでいろいろなことを小出しにする。それも、失敗が目に見えているようなことを、である。そんなことはもうやめるべきだ」
     「三番瀬はラムサール条約登録をめざすという方向が示されている。それをきちんとふまえてほしい。われわれからみれば、千葉県はラムサール条約登録に後ろ向きという印象しかもてない。県は50年、100年、その先を見越してしっかりとした方針を示し、みんなを安心させてほしい。漁業協同組合がどうとか、市川市や船橋市がどうとか、そういうことではなく、千葉県がしっかりした方針を示してほしい」
     「いまほど、環境問題をめぐり、県当局に対して『しっかりしてくれ』『なんとかしてくれ』とつきつけられている時代はないと感じている。多くの県民がみなさんに期待している。そのような県民の思いを真剣に受けとめてほしい」


人工干潟はやめてラムサール条約登録を

 交渉に同席したふじしろ政夫議員は、さっそく10月7日の県議会環境生活警察常任委員会でこの問題をとりあげてくれました。
 ふじしろ議員は、
     「人工干潟の成功例はない」
     「人工干潟はいまある海(三番瀬)を埋めてつくるのではなく、すでに埋め立てたところを削ってつくればいい。そういう話が出ている中でわざわざ埋めることは将来に大きな禍根を残す」
     「千葉県のよさとして三番瀬をラムサール条約に登録し、いまある干潟を完全に守っていくことが必要」
 などと述べ、人工干潟造成にこだわる県の姿勢を追及しました。



人工干潟造成検討の中止を県に要請=10月3日






 以下は、事前に提出した17項目の質問事項と県の文書回答です。


     ※質問事項の詳細はこちらを参照


質問事項と県の回答




【問1】干潟的環境形成検討事業では全国各地の人工干潟造成の実例や教訓も検討すると思われたが、そうなっていないようにみえる。人工海浜「幕張の浜」や市川市塩浜1丁目地先の人工干潟の失敗例も検討されていないようだ。その理由はなにか。
    〔回答〕今回の事業では、規模や目的が近い「横浜港湾の潮彩(しおさい)の渚」などを中心に、環境共生護岸も含めて検討しています。幕張の浜などは規模や用途が異なるため、直接的には検討しておりませんが、砂泥の流出などについては、近隣の稲毛の浜なども参考としています。
【問2】千葉県環境部(当時)が1996年度に発表した「マクロベントス(底生生物)による海域全体での窒素浄化量」調査結果は、人工海浜(幕張の浜、検見川の浜、稲毛の浜)の窒素浄化量が自然干潟に遠く及ばないことを実証している。この調査結果は検討したのか。
    〔回答〕検討事業では、新たに創出される場に定着が見込まれる生物種や生物量により、水質浄化機能を推定することとしています。
【問3】ラムサール条約は、条約締約国に対して非登録湿地の保全も義務づけている。三番瀬円卓会議(三番瀬再生計画検討会議)が提言した「三番瀬再生計画案」も、三番瀬再生にあたってはラムサール条約の「湿地復元の原則とガイドライン」に沿ったものでなくてはならない、としている。このガイドラインとの整合性は検討したのか。
    〔回答〕「湿地復元の原則とガイドライン」も検討の参考にしていきたいと考えています。
【問4】人工干潟造成に用いる砂はどこからもってくることを検討しているのか。これまでの三番瀬人工干潟造成試験では君津地域の山砂が使われた。三番瀬漁場内の覆砂でも平成24年度は君津の山砂が使われた。白紙撤回された三番瀬埋め立て計画では、富津市にある鬼泪山国有林の山砂を使うとされていた。三番瀬で大規模な人工干潟を造成する場合、「君津地域では民有地からの大量の山砂採取は困難」「鬼泪山国有林しかないのではないか」という話も聞く。県は、人工干潟造成に用いる土砂の調達先としてどこを考えているのか。土砂の調達先を考えない「干潟的環境形成検討事業」(人工干潟造成検討事業)は検討事業に値しないと思われるが、どうか。
    〔回答〕検討に当たっては、山砂を用いた場合や浚渫土を用いた場合など、さまざまな状況について検討することを考えています。
【問5】兵庫県明石市の人工砂浜陥没で女児が生き埋めになって死亡した事故で、国土交通省と明石市の元職員4人の有罪が確定した。市川市塩浜2丁目地先に人工干潟を造成した場合、陥没事故も危惧される。干潟的環境形成検討事業ではそういうことを検討しているのか。また、人身事故が起きた場合、責任をとる覚悟はできているのか。
    〔回答〕利用者の安全の確保は重要事項であり、安全性の項目で検討し、評価していくこととしています。
【問6】「海に構造物をつくったら、なんらかの影響が必ず出る」というのが、土木技術者の間では常識になっていると聞く。また、近年の自然災害でよく使われる言葉として、「自然は人間の思いのままにはならない」「自然の脅威に人知は及ばない」「人工的に造ったものはいかに強いつもりでも自然の力の前では藻くずでしかない」がある。これらの点についてどう考えているのか。
    〔回答〕検討に当たっては、現在の環境の保全に配慮しながら、干潟の再生に係る技術的課題などを整理したいと考えています。
【問7】三番瀬円卓・再生会議やパブリックコメントの結果、さらには、平成25年度第2回専門家会議の議論を無視し、“人工干潟ありき”の姿勢で人工干潟造成に向かって突っ走っているようにみえる。人工干潟を造成すれば三番瀬の自然環境は本当によくなるのか、ということはまったく検討されていない。この点について県の見解をお聞きしたい。
    〔回答〕現在、干潟的環境の形成実現の可能性や実施方法などについて検討を行っているところです。
【問8】名古屋市が藤前干潟で人工干潟を造成するという計画を打ち出した際、環境庁(現環境省)は「人工干潟は非常識」との公式見解を示した。また、「仮に実験を何らかの形で実施する場合であっても、実験規模、期間、場所は、実験のコンセプトを良く検討した上で科学的に決定すべきであり、周辺浅場や干潟の生態学的評価もせずに貴重な干潟・浅場を大規模に使用して実験を行うことは、非常識の誹りを免れない」とした。その結果、名古屋市は「もう海は埋めない」とし、1999年1月25日に人工干潟化計画を断念した。このことをどう認識しているのか。
    〔回答〕同事業では、専門家の助言や評価をいただきながら検討を行っています。
【問9】人工干潟の成功例はあるとみているのか。あるとすれば、それはどこの人工干潟なのか。
    〔回答〕横浜港湾の潮彩の渚、大阪湾の友海ビーチなどでは、地盤が安定し生物の種類や数量も増加していることから参考にしています。
【問10】人工干潟は失敗例が多く、それをマスコミもとりあげている。『熊本日日新聞』(2001年5月21日)は、千葉県企業庁が「人工干潟は失敗例が多いんですよ」と語ったことも紹介している。こういう報道や証言を重く受けとめるべきだと思うが、どうか。
    〔回答〕砂の流出、事業費の問題、生物の定着性など、懸念される事項については、十分に検討します。
【問11】三番瀬は昔と比べると自然環境が悪化した。その最大の原因は、県や市川市などが三番瀬の半分以上を埋め立てたことである。半分以上埋め立てられた三番瀬の環境を改善するためには、干潟を成り立たせていた条件をできるだけ回復することが先決である。そのための具体的方策として、三番瀬円卓会議は江戸川などからの淡水流入を提言した。三番瀬再生基本計画も、「水循環の健全化」や「河川などからの土砂供給を回復」をうたっている。これらのことについてどう認識しているのか。
    〔回答〕河川流域の都市化が進み、河川からの土砂供給の回復による干潟の再生は、現実的には困難と考えています。
【問12】過去の三番瀬埋め立て計画(市川二期地区・京葉港二期地区計画)において、県は、市川塩浜2、3丁目地先で人工干潟(人工海浜)造成を計画した。そのうたい文句は、「人と海との触れあいの場を確保する」「海の環境の向上が期待できる」であった。この計画は平成13(2001年)年春の知事選で審判を受け、同年9月に白紙撤回となった。これについてどう認識しているのか。
    〔回答〕平成18年度に策定された千葉県三番瀬再生計画に基づき、干潟的環境形成の検討を行っています。
【問13】「人(市民)が三番瀬にふれあえる」ことを目的とするのなら、市川市塩浜1丁目地先の人工干潟を活用すればいい。この点についてはどうか。
    〔回答〕1丁目地先の当該場所は、市川市行徳・南行徳両漁協が管理しているものです。
【問14】平成26年度第1回専門家会議(9月18日)において、県は「三番瀬の自然環境は単調化が進んでいるから人工干潟の造成を検討する」という主旨の説明をした。「単調化」は三番瀬再生計画(第3次事業計画)」にも記述されている。しかし、三番瀬の自然環境が単調化しているという検証は、これまで一切されていない。逆に、過去の三番瀬自然環境調査結果では、三番瀬の特徴のひとつは自然環境の多様性にあるとされている。この点についてお聞きしたい。
    〔回答〕三番瀬再生計画では、干潟が減少し、浅海域化したことが三番瀬の自然環境が単調化した原因の一つとしています。三番瀬は現在も多様な自然環境を有する干潟・浅海域ですが、浅海域部分に干潟的環境を形成することにより、一層の多様化が図れるかどうか検討しています。
【問15】塩浜2丁目地先の人工干潟造成検討は、市川市塩浜地区のまちづくり(再開発)事業と密接にからんでいる。しかし、この事業は遅れに遅れている。第1期先行地区(約12ha)の事業認可申請はいまだに出せない。第2期以降(約68ha)の事業化は絶望視されている。それでも人工干潟造成検討をどんどん進めるのか。
    〔回答〕事業化の有無については、現在実施している検討事業の結果を踏まえつつ、市川市と協議していきます。
【問16】三番瀬をラムサール条約登録湿地にする場合は、その前提条件として国指定鳥獣保護区(国設鳥獣保護区)の特別保護地区に指定する必要がある。特別保護地区に指定されると、1haを超える人工干潟造成は規制対象となる(環境大臣の許可が必要)。人工干潟造成は人工改変(埋め立てと同じ)であるから、規制は当然である。県は、そういう自然保護政策に違反することをやろうとしている。このことをどう認識しているのか。また、三番瀬のラムサール条約登録に県が消極的な理由は、「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」で規制対象となっていることをやりたいからではないか。
    〔回答〕干潟的環境の形成により、海と陸との自然の連続的なつながりを回復させ、環境の多様化を進めるとともに、人が海と親しめる場所や機会を確保することを目的として、検討しています。
【問17】世界自然保護基金日本委員会(WWFジャパン)が市川市長に提出した要請書(「東京湾三番瀬の干潟の保全に関する要請」、1999年5月25日)は、三番瀬海域における人工干潟の造成について、「人工干潟は自然干潟におよばない」「造成の費用対効果は割に合わない」「漁場回復や海の再生にはつながらない可能性が高い」としている。この点について、どう検討したのか。
    〔回答〕ご指摘の要請書は世界自然保護基金日本委員会から市川市長あてに提出されたものであり、詳細は把握していませんが、猫実川河口域の埋め立てを行わないことを要請したものと理解しています。




★関連ページ

このページの頭にもどります
「ニュース」にもどります
「三番瀬再生事業」にもどります
「人工干潟造成」にもどります

トップページ | 概 要 | ニュース | 主張・報告 | 行政訴訟 | 資 料 |
催し物 | 会報 | 干潟を守る会 | 房総の自然と環境 | リンク集 |