自然再生案(湾曲整備案)をあっさり否定

〜第1回「市川海岸塩浜地区護岸整備懇談会」〜



トップページにもどります
「ニュース」にもどります
「三番瀬再生事業」にもどります



 「市川海岸塩浜地区護岸整備懇談会」の第1回会合が(2013年)8月22日、千葉県国際総合水泳場(習志野市)の会議室で開かれました。
 この懇談会は、三番瀬市川側に面する市川市塩浜1〜3丁目の護岸改修を審議するものです。


「委員会」を「懇談会」に名称変更

 昨年度までの「市川海岸塩浜地区護岸整備委員会」が「市川海岸塩浜地区護岸整備懇談会」に名称変更です。委員構成はそっくり同じです。環境関係専門家や環境団体代表は委員から排除されています。一方で、埋め立て推進派を何人も委員に加えています。


「湾曲案」を否定し、「直線案」を採用

 この日の議題は、塩浜2丁目の未改修200m区間の整備と1丁目の親水テラスの休憩施設です。案の定、自然環境配慮の視点に立った意見はひとつも出ませんでした。
 また、塩浜2丁目の残り200m区間のうち、市川市所有地前面は「湾曲整備案」(自然再生案)をあっさり否定です。

 「湾曲整備案」というのは、三番瀬円卓会議の報告書『三番瀬再生計画案』(2004年1月22日発行)に盛り込まれている「(市川市所有地前面)環境学習エリアのイメージ」です。市川市所有地(埋立地)の前面護岸の一部を撤去し、自然(湿地)を再生するというものです。護岸を陸側に湾曲させて整備するという案(「湾曲整備案」)」です。

 「湾曲整備案」は、円卓会議で何回も議論したうえでまとめられました〈注〉。ところが、河川整備課は「湾曲整備案」ではなく「直線整備案」を提案しました。「湾曲整備案」は事業費や維持管理、工期、周辺環境への影響などの面で問題がある、としたのです。
 それに異議を唱える委員は一人もいませんでした。歌代素克委員(市川市南行徳地区自治会連合会・相談役)や佐々木洋晁委員(市川市塩浜協議会まちづくり委員会・事務局長)などは「湾曲整備案」を否定し、「直線整備案」を全面的に支持です。
 こんなことを述べました。
     「湾曲整備案は円卓会議で決まったものではない。三番瀬再生計画案に載せてあるのはただのイメージ図だ」
     「地権者の市川市は直線整備案を求めている」
 こうして、「湾曲整備案」をあっさり否定です。円卓会議で何回も議論してまとめたのは、いったいなんだったのでしょうか。
 懇談会は傍聴者の発言を禁じています。そこで、「三番瀬を守る連絡会」は翌日(8月23日)、県河川整備課と交渉し、この問題もとりあげました



市川市所有地前面の湿地再生イメージ(「湾曲整備案」)










★関連ページ

このページの頭にもどります
「ニュース」にもどります
「三番瀬再生事業」にもどります

トップページ | 概 要 | ニュース | 主張・報告 | 行政訴訟 | 資 料 |
催し物 | 会報 | 干潟を守る会 | 房総の自然と環境 | リンク集 |