三番瀬護岸改修で県交渉

〜人工干潟、委員構成、湾曲整備案〜



トップページにもどります
「ニュース」にもどります
「三番瀬再生事業」にもどります



 「三番瀬を守る連絡会」(9団体で構成)は(2013年)8月23日、県河川整備課と交渉しました。テーマは、三番瀬の猫実川河口域に面する市川塩浜2、3丁目の護岸改修です。
 県が2006年度から進めてきた塩浜2丁目の護岸改修は、全1100mのうち900mが今年度(2013年度)で完了します。残り200mは、今年度中に護岸改修の構造などを検討し、来年度(2014年度)に工事着手です。そして塩浜3丁目護岸は、2丁目護岸の改修が完了したあとに改修工事をはじめたい、とのことです。

 そこで連絡会は、3点を質問・要請しました。


◆「懇談会」では三番瀬の人工干潟化は議論しない

 ひとつは、改修護岸前面海域の人工干潟化に関することです。2丁目の残り200m区間と3丁目の護岸改修についても、河川整備課は護岸前面海域の人工干潟化を手がけないということの確認です。また、同課が事務局をつとめる「市川海岸塩浜地区護岸整備懇談会」(旧市川海岸塩浜地区護岸整備委員会)では今後も人工干潟化は議論しない、ということです。

 同課はこう答えました。
     「そのとおり。河川整備課が担当するのは、海岸保全区域内(幅約30m)の護岸改修だけである。したがって、改修護岸の前面で人工干潟を造成するというのは、本課の所掌ではない。それは環境政策課(三番瀬再生推進室)の所掌になる。市川海岸塩浜地区護岸整備懇談会で塩浜2丁目の残り200m区間と3丁目護岸の改修のあり方を議論するさいも、人工干潟造成は議論しない」


◆環境関係専門家などを懇談会に加えることは拒否

 二つ目は、「市川海岸塩浜地区護岸整備懇談会」に環境関係専門家と環境団体代表を加えてほしいという要請です。
 懇談会では、護岸改修工事に伴うモニタリング調査結果も県が報告しています。ところが、自然環境や生き物にくわしい専門家や環境団体代表が排除されているため、生態系などに関する意見はでません。そこで、環境関係専門家と環境団体代表を委員に加えることを求めました。

 ところが、河川整備課はその要請を受け入れません。理由はこうです。
  • 県は、行政改革の一環として委員会の縮小を掲げている。各種の委員会を統廃合し、委員の数や会議の回数を減らすということだ。したがって、懇談会の委員は増やせない。

  • 自然環境面については、三番瀬専門家会議でも検討してもらうことになっている。専門家会議には自然環境の専門家も委員に加わっている。また、環境団体や県民などの意見は三番瀬ミーティングで出してもらうことにしている。
 河川整備課は連絡会の要請を拒みました。
 しかし、懇談会で塩浜3丁目の護岸改修を議論するさいは、専門家会議の専門家がオブザーバーで出席することや、傍聴者も発言できるようにすることを検討する、と答えました。



◆「湾曲整備案」をあっさり否定

 三つ目は、塩浜2丁目の残り200m区間のうち、市川市所有地前面の護岸改修についてです。

 三番瀬円卓会議がまとめた報告書『三番瀬再生計画案』(2004年1月22日発行)には「(市川市所有地前面)環境学習エリアのイメージ」が盛り込まれています。市川市所有地(埋立地)の前面護岸の一部を撤去し、自然(湿地)を再生するというものです。護岸を陸側に湾曲させて整備するという案(「湾曲整備案」)」です。
 「湾曲整備案」は、円卓会議で何回も議論したうえでまとめられました。ところが、前日(8月22日)の第1回「市川海岸塩浜地区護岸整備懇談会」において河川整備課は、「湾曲整備案」ではなく「直線整備案」を提案しました。「湾曲整備案」は事業費や維持管理、工期、周辺環境への影響などの面で問題がある、としたのです。懇談会の委員たちも「湾曲整備案」をあっさり否定です。

 交渉の席上、連絡会はこうただしました。
     「市川市所有地前面の護岸を湾曲させ、湿地を再生するという案(「湾曲整備案」)は三番瀬円卓会議で何回も議論してまとまったものだ。それをあっさり否定するというのはどうなのか」
 河川整備課の答えはこうです。
     「(円卓会議にかかわった)職員に聞いたところ、『三番瀬再生計画案』掲載のイメージ図(湾曲整備案)は議論して載せたものではない、とのことだった」
 それは事実とちがいます〈注〉。しかし、いまの担当職員は円卓会議にかかわっていません。傍聴もしていません。だから、円卓会議で議論されたことを知らないのです。



市川市所有地前面の湿地再生イメージ(「湾曲整備案」)












三番瀬護岸改修で県河川整備課と話し合い=2013年8月23日






改修中の市川市塩浜2丁目護岸(900m区間)=2013年7月22日撮影



改修中の市川市塩浜2丁目護岸(900m区間)=2013年8月21日撮影





★関連ページ

このページの頭にもどります
「ニュース」にもどります
「三番瀬再生事業」にもどります

トップページ | 概 要 | ニュース | 主張・報告 | 行政訴訟 | 資 料 |
催し物 | 会報 | 干潟を守る会 | 房総の自然と環境 | リンク集 |