三番瀬船橋側の生き物を調査

〜市民調査の会〜




トップページにもどります
「ニュース」にもどります
「市民調査」にもどります


 (2013年)4月28日、定例の猫実川(ねこざねがわ)河口域の市民調査は中止になりました。波が高かったからです。そこで急きょ、船橋側の三番瀬に移動しました。
 ふなばし三番瀬海浜公園前の三番瀬は潮干狩り客で大にぎわいでした。三番瀬に向かう道路は大渋滞です。駐車場は3カ所すべてが満車になりました。
 船橋側のカキ礁で、いろいろな生き物をみつけました。ケフサイソガニ、イッカククモガニ、マンハッタンボヤ、ユウレイボヤ、ホンビノスガイ、サルボウ、キセワタ、ユビナガスジエビ、ミル、ハゼ類などです。ツバサゴカイも2個体確認です。カキ礁の近くにアマモも生えていました。イシガレイの稚魚も見つけました。
 ダツの稚魚も2匹捕まえました。体型が細長く、下顎(あご)が長く突き出しています。いろいろな生き物を見たり捕まえたりすることができて、小学生の尚暉・壮汰両君はとても喜んでいました。













うなばし三番瀬海浜公園前の三番瀬は潮干狩り客で大にぎわい




船橋側のカキ礁でいろいろな生き物を発見




干潟を掘る法政大の学生たち




イシガレイの稚魚




ダツの稚魚。体型が細長く、下顎(あご)が長く突き出している




水たまりで遊ぶ子どもたち




★関連ページ

このページの頭にもどります
「ニュース」にもどります
「市民調査」のページにもどります

トップページ | 概 要 | ニュース | 主張・報告 | 行政訴訟 |
資 料 | 催し物 | 自然保護連合 | リンク集 |