マダラウミウシも発見

〜三番瀬・猫実川河口域の市民調査(2013年7月)〜



トップページにもどります
「ニュース」にもどります
「市民調査」にもどります


 「三番瀬市民調査の会」(伊藤昌尚代表)は(2013年)7月22日、恒例の市民調査をおこないました。
 干潮時の潮位(予測値)は午前10時30分に9cmです。カキ礁(約5000m2)の北西部でわずかだけ泥干潟が現れました。

 この日の特徴をいくつかあげるとこうです。
  1. マダラウミウシ(クロシタナシウミウシ科)を発見しました。体長8cmのウミウシです。ウミウシは「海の宝石」とよばれています。これまで、クロシタナシウミウシ、ミドリアマモウミウシ、アカエラミノウシ、メリベウミウシ、ヒメイバラウミウシを確認しています。マダラウミウシははじめてです。

  2. カキ礁のマガキが生き生きとしていました。あちこちで勢いよく潮を吹いていました。

  3. カキ礁では、いつもよりタカノケフサイソガニが多いように感じました。大小のカキ礁に近づくと、いっせいにガサガサ、ザワザワと音をたてて逃げたり隠れたりしました。また、イボニシやイボニシの卵もすごく多かったようです。

  4. カキ礁(約5000m2)の北西部で、アナジャコの穴が前回よりも増えているような感じがしました。穴の大きさも大きくなっているようでした。

  5. 56種の生き物を確認しました。








カキ礁の周りで生き物調査



ニクハゼとヒモハゼ(手前)



この日確認した体長8cmのマダラウミウシ



クロシタナシウミウシ



メリベウミウシ



アカエラミノウミウシ



ミドリアマモウミウシ



★関連ページ

このページの頭に戻ります
「ニュース」のページに戻ります
「市民調査」のページにもどります

トップページ | 概 要 | ニュース | 主張・報告 | 行政訴訟 | 資 料 |
催し物 | 会報 | 干潟を守る会 | 房総の自然と環境 | リンク集 |