満月のもとで三番瀬を観察

〜お月見探検隊〜



トップページにもどります
「ニュース」のページにもどります
特集「三番瀬自然観察会」のページにもどります



 (2012年)9月29日の夜、ふなばし三番瀬海浜公園前の砂浜で「三番瀬お月見探検隊」が開かれました。主催は千葉県野鳥の会。三番瀬の夜の生き物と満月と虫の音を楽しむのが目的です。


◆満月とエンマコオロギの鳴き声

 この日は中秋の名月(旧暦8月15日)の前日です。雲が動いていたので、ときどき見事な満月を見ることができました。塩性植物が繁茂している場所では、エンマコオロギの鳴き声が盛んに聞こえました。
 満月の夜は普段よりも潮位が高くなるとのことです。じっさいに、満潮時の潮位はすごく高くなりました。もう少しで東側突堤が海面に隠れるような高さでした。


◆青潮が襲来

 海の生き物はどうかというと、貝類や魚の死骸が波打ち際にたくさん散らばっていました。大規模な青潮が東京湾で発生し、三番瀬を襲ったからです。貝類ではアサリやシオフキ。魚はアカエイやコチ、ボラ、フグなどです。名前のわからない小魚もたくさん死んでいました。悪臭もひどいものでした。海水はひどく濁っていました。
 青潮は23日あたりに東京湾で発生したそうです。青潮は、酸素がほとんど含まれていない海水です。強い北風が吹いて表面の海水が流されたため、海の底にある無酸素の海水が上がってきたとみられています。


◆コマツヨイグサの花

 鳥では、100羽のミヤコドリをはじめ、ダイゼン、トウネン、アオサギなどを確認しました。
 アシ原でコマツヨイグサがかわいらしい花を咲かせていました。マツヨイグサの仲間は、月見草とか宵待草とも呼ばれています。夕方から早朝にかけて花を咲かせるので、昼間は花を見ることができません。
 三番瀬も、昼間と夜では様相がかなり違うことを実感しました。



満月



夜の三番瀬。遠方の明るい建物は、左側が浦安市埋め立て地
のマンション群。中央の丸いものは葛西臨海公園の大観覧車
手前の砂浜では家族がバーベキューを楽しんでいた。



満月のもとで生き物などを観察



コマツヨイグサ。夜に花を咲かす



青潮で死んだフグ




青潮で死んだアカエイ




★関連ページ

このページの頭に戻ります
「ニュース」のページにもどります
特集「三番瀬自然観察会」のページにもどります

トップページ | 概 要 | ニュース | 主張・報告 | 行政訴訟 | 資 料 |
催し物 | 会報 | 干潟を守る会 | 房総の自然と環境 | リンク集 |