水深0m以浅の干潟が半減

〜三番瀬深浅測量結果〜



トップページにもどります
「ニュース」のページにもどります


 県は(2012年)6月14日、三番瀬の深浅(しんせん)測量結果を発表しました。
 この調査は2012年2月に実施したものです。2009年2〜3月に実施した調査と比較しています。
 それによると、0m以浅の干潟は、2009年2〜3月は約269ヘクタールでした。それが、2012年2月は約123ヘクタールと、ほぼ半減です。
 三番瀬全体の平均水深も27センチ深くなっています。このことから、県は、浸食ではなく地殻変動が原因だと見ています。国土地理院の調査でも、千葉県内の広い地域で震災による地盤沈下が確認されているそうです。
 県は今後、生態系への影響を調査することにしています。









「平成23年度 震災影響調査事業(三番瀬の深浅測量)業務委託
報告書」(千葉県、株式会社アルファ水工コンサルタンツ)より





★関連ページ

このページの頭に戻ります
「ニュース」のページに戻ります

トップページ | 概 要 | ニュース | 主張・報告 | 行政訴訟 | 資 料 |
催し物 | 会報 | 干潟を守る会 | 房総の自然と環境 | リンク集 |