すぐ近くにハジロコチドリも

〜三番瀬観察会で44種の鳥を確認〜



トップページにもどります
「ニュース」のページにもどります
特集「三番瀬自然観察会」のページにもどります



 2011年最初の三番瀬(船橋側)自然観察会が1月9日に開かれました。千葉県野鳥の会と日本野鳥の会東京支部が毎月1回、共催でおこなっているものです。


◆ハジロコチドリ、スズメの大群…

 この日は、浅瀬でカヤックに乗って釣りをしたり、水上スキーをする人がいませんでした。潮干狩りをする人もわずかです。
 そのため、浜辺や突堤のすぐ近くの干潟で、ハマシギ、ミユビシギ、ミヤコドリ、シロチドリ、ハジロコチドリなどが盛んにエサをついばんでいました。近くの浅瀬でも、オナガドリ、スズガモ、オオバンなどをみることができました。

 ハジロコチドリ2羽をすぐ近くでみることができました。ハジロコチドリはスズメよりちょっと大きめです。シロチドリとよく似ていますが、足がオレンジ色なので見分けることができます。

 ヨシ原には、約100羽のスズメの大群をいました。ヨシ原に近づいたらいっせいに飛び出しました。これにはびっくりです。

 珍客のコクガンはいませんでした。仲間がやってきて連れていったのだそうです。
 めずらしい鳥ではホオジロガモの雄と雌がいました。遠くの浅瀬にいたので望遠鏡でしかみることができませんでした。

 初めて参加した人からこんな声がだされました。
 「ミヤコドリをすぐ近くでみることができたので、感激した」
 「ミユビシギ、シロチドリ、ハジロコチドリ、ハマシギ……。たくさんの鳥を肉眼でみることができるなんて、すごいことだ。ずっとみていても、あきることがない」

 なお、この日確認された鳥は44種で、ここ数年では最高とのことです。



2011年最初の観察会




ハジロコチドリ




シロチドリ




ミヤコドリ




ダイゼン




岩の上でエサをついばむミユビシギ




たくさんの貝殻とミユビシギ




ヒドリガモ(雄)




ヒドリガモ(雌)




スズメの群れ




熱心に観察




建設中のスカイツリーも見えた





このページの頭に戻ります
「ニュース」のページにもどります
特集「三番瀬自然観察会」のページにもどります

トップページ | 概 要 | ニュース | 主張・報告 | 行政訴訟 | 資 料 |
催し物 | 会報 | 干潟を守る会 | 房総の自然と環境 | リンク集 |