三番瀬はすごい!

〜2010年12月 三番瀬自然観察会〜



トップページにもどります
「ニュース」のページにもどります
特集「三番瀬自然観察会」のページにもどります



 (2010年)12月4日、定例の三番瀬(船橋側)自然観察会がおこなわれました。この観察会は、千葉県野鳥の会と日本野鳥の会東京支部が毎月第1日曜日に開いているものです。50人が参加しました。県弁護士会公害対策環境保全委員会の方々も10人参加です。


◆今年も国の天然記念物、コクガンがやってきた

 最初のうちは富士山が見えていましたが、気温があがるにつれてだんだん見えなくなりました。
 “三番瀬の顔役”となっているミヤコドリは184羽が確認されました。先月7日は220羽だったので、少し減ったことになります。減った分は、市川側などほかのところに行っていたようです。
 「海の忍者」とよばれているコクガンも1羽いました。コクガンは国の天然記念物で、たいへん珍しい鳥です。昨シーズンも1羽越冬していて、「同じものではないか」とのことです。
 珍しい鳥ということでは、アメリカヒドリとビロードキンクロもそれぞれ1羽いました。先月確認したものと同じと思われます。
 潮だまりにはたくさんのアメフラシがいました。これにはびっくりです。
 アメフラシは海藻を主食とする巻貝の仲間です。貝殻は体内にあります。野鳥の会の案内者も、「観察会の案内を10年以上務めているが、こんなにたくさんのアメフラシは初めて見た」と言いました。

 初めて参加されたある方は、こんな感想を述べました。
     「コクガンは野鳥愛好家にたいへん人気が高く、わざわざ青森まで見に行く人も多い。そんな鳥を東京のすぐ近くでみられるなんて、すごいことだ。同じ珍鳥のミヤコドリも数多くいる。めったにみることのできないビロードキンクロも見た。4万羽のスズガモにも驚いた。三番瀬はすごいところだ」


◆41種を確認

 この日の観察会で確認された鳥は全部で41種です。いくつかあげると、スズガモ4万羽、ハマシギ2000羽、オオバン150羽、シロチドリ150羽、ヒドリガモ200羽です。






熱心に観察




アメフラシ




潮だまりにたくさんのアメフラシがいた




アオサギ




ダイサギ




シロチドリ




ユリカモメ




ハマシギの群舞




スズガモ




スズガモの飛翔




国の天然記念物コクガン。2010年2月撮影




★関連ページ

このページの頭に戻ります
「ニュース」のページに戻ります
「三番瀬自然観察会」のページに戻ります

トップページ | 概 要 | ニュース | 主張・報告 | 行政訴訟 | 資 料 |
催し物 | 会報 | 干潟を守る会 | 自然保護連合 | リンク集 |