雪をかぶった富士山と多種の鳥

〜三番瀬自然観察会(2009年2月)〜



トップページにもどります
「ニュース」のページにもどります
特集「三番瀬自然観察会」のページにもどります



 2月1日、「ふなばし三番瀬海浜公園」前で恒例の三番瀬自然観察会がおこなわれました。
 風が強く、空が澄みきっていたため、この日も富士山がくっきり見えました。

 鳥は、1500羽のハマシギをはじめ、ミユビシギ、ダイゼン、ズグロカモメ、ウミアイサ、ハジロカイツブリ、オオバン、ヒドリガモ、オナガガモ、スズガモ、ハクセキレイ、タヒバリなどを確認です。

 とくに、ズグロカモメ3羽やミユギシギ50羽をすぐ近くで見ることができました。これはめずらしいことだそうです。

 観察会に初めて参加した人は、「純白の雪をかぶった富士山とさまざまな鳥をいっしょにみれるなんて、すばらしい!」と、大喜びでした。




雪をかぶった富士山。手前はハマシギとミユビシギの群れ




富士山やハマシギなどに見入る参加者




ハマシギの群舞。後方は浦安のマンション群




オオバン




ヒドリガモ。オスの頭部が明るい栗(くり)色なので、
緋色(ひいろ)の鳥=ヒドリの名がついたそうです。




ミユビシギ。脚にフラッグをつけられていました。




ハシビロガモ




タヒバリ




ハクセキレイ




★関連ページ

このページの頭に戻ります
「ニュース」のページに戻ります
「三番瀬自然観察会」のページに戻ります

トップページ | 概 要 | ニュース | 主張・報告 | 行政訴訟 | 資 料 |
催し物 | 会報 | 干潟を守る会 | 自然保護連合 | リンク集 |