三番瀬は冬シーズン到来

〜冬鳥が続々渡来〜



トップページにもどります
「ニュース」のページにもどります
特集「三番瀬自然観察会」のページにもどります



 (2008年)11月2日、三番瀬(船橋側)自然観察会がおこなわれました。この観察会は、千葉県野鳥の会と日本野鳥の会東京支部が毎月第1日曜日に開いているもです。案内人の方々がいろいろと親切に教えてくれました。参加者は50人です。


◆にぎやかな水鳥の楽園
  〜スズガモは4万羽を確認〜

 今回の特徴は、冬のシーズンが近くなり、鳥の種類が前回(10月5日)よりもかなり増えたことです。
 冬は、一年のうちでいちばん水鳥がたくさん見られる季節です。シベリアで繁殖し、日本で冬をすごす冬鳥がたくさんやってくるからです。
 三番瀬ではこの季節、数万羽のスズガモをはじめ、オナガガモやヒドリガモといった力モ類、ハマシギの大群、ユリカモメの群れなどがいつも見られます。三番瀬はにぎやかな水鳥たちの楽園に変わるのです。
 この日も、たくさんの冬鳥と旅鳥(繁殖地と越冬地を行き来する途中、春と秋に日本に立ち寄る鳥)がみられました。スズガモ(4万羽)、ハマシギ(1800羽)、ユリカモメ(500羽)のほか、ヒドリガモ、オナガガモ、ビロードキンクロ、セグロカモメ、ダイゼン、ミヤコドリ、オオソリハシシギ、ダイシャクシギなどです。
 もちろん、ウミネコ(500羽)やシロチドリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギなど、一年中みられる鳥もいました。


◆目つきがすごく悪いカモ?
  〜ビロードキンクロ〜

 この中で、特に印象深かったのはビロードキンクロ(カモ科)です。珍しい鳥で、スズガモの群れの中に1羽だけいました。
 この鳥は、目の下に三日月状の白い模様があります。そのため、目がつり上がっている
ように見えます。遠くからみると目つきがすごく悪いように見えるので、すぐに見分けがつきます。
 そのユニークさから、私のような素人にはとても親しみのもてる水鳥です。雄の体はビロードのような光沢を持つ黒色です。


◆ハヤブサがハマシギを捕獲

 猛禽類も、ハヤブサとチョウゲンボウがいました。とくにハヤブサは、ハマシギの群れを突然襲って1羽のハマシギを捕まえて去っていきました。突然の出来事で、これにはビックリしました。

◇             ◇

“三番瀬の顔役”であるミヤコドリは、この日174羽が確認されました。昨シーズンの渡来数は194羽で、日本記録でした。今シーズンはこれを上回ることができるでしょうか。注目です。




熱心に観察




忙しくエサをついばむハマシギ




ウミネコの群れ




ミヤコドリとウミネコ、ハマシギ




ウミネコ




コサギ




オナガガモとハマシギ




スズガモ。(田久保晴孝撮影)




★関連ページ

このページの頭に戻ります
「ニュース」のページに戻ります
「三番瀬自然観察会」のページに戻ります

トップページ | 概 要 | ニュース | 主張・報告 | 行政訴訟 | 資 料 |
催し物 | 会報 | 干潟を守る会 | 自然保護連合 | リンク集 |