三番瀬再生会議の早期開催を求める要望書

〜自然保護団体が会長に提出〜



トップページにもどります
「ニュース」のページにもどります
「三番瀬とラムサール条約」のページにもどります
「三番瀬再生会議」のページにもどります



 三番瀬保全運動を進めている自然保護団体は(2008年)2月8日、三番瀬再生会議の早期開催を求める要望書を再生会議の大西隆会長と事務局(県三番瀬再生推進室)に提出しました。
 これは、1月29日の県主催「三番瀬国際フォーラム」でラムサール登録を求める意見が相次ぎ、大西隆会長も「再生会議の中にラムサール条約登録促進のグループをつくる」と発言したことから、早期開催を求めたものです。

 要望書は以下のとおりです。


要 望 書



2008年2月8日 

 三番瀬再生会議 会長 大西 隆 様
 三番瀬再生推進室 室長 露崎信義 様

千葉の干潟を守る会 代表 大浜  清
三番瀬を守る会 会長 田久保晴孝
市川緑の市民フォーラム 事務局長 佐野 郷美
三番瀬を守る署名ネットワーク 代表 田久保晴孝
千葉県野鳥の会 会長  富谷健三
自然と文化研究会 The かもめ 代表  佐藤聰子
千葉県自然保護連合 代表 牛野くみ子


三番瀬再生会議を早期に開催して下さい(要望)

 日頃は三番瀬の保全・再生のためにご尽力くださり有り難うございます
 さて、1月29日に県主催で行われました「三番瀬国際フォーラム」では海外、国内ゲストから、湿地の重要性が訴えられました。そしてラムサール条約早期登録にも言及されました。
 そんなことで、会長からも「再生会議の中にラムサール条約登録促進のグループをつくる」の発言がありました。再生会議の委員もそして私たちも要望してきたことであり、とてもうれしく思っております。
 つきましては再生会議を一日も早く開催することが望まれます。予定では5月と伺っておりましたが、平成19年度中に開催して下さるよう要望いたします。








★関連ページ

このページの頭に戻ります
「ニュース」のページに戻ります
「三番瀬とラムサール条約」のページに戻ります
「三番瀬再生会議」のページにもどります

トップページ | 概 要 | ニュース | 主張・報告 | 行政訴訟 | 資 料 |
催し物 | 会報 | 干潟を守る会 | 自然保護連合 | リンク集 |