ミヤコドリを136羽確認

〜三番瀬(船橋側)自然観察会〜




トップページにもどります
「ニュース」のページにもどります
特集「三番瀬自然観察会」のページにもどります


 (2006年)12月3日、三番瀬の船橋側で自然観察会がおこなわれました。千葉県野鳥の会主催の観察会は、長年にわたり毎月(第1週日曜日)ひらかれているものです。
 この日の観察会には約70人が参加です。夢中でアオサを食べるオオバンの群れ、約4万5000羽もいたスズガモ、“日本最大のサギ”といわれるアオサギ、下に湾曲した長いくちばしをもつダイシャクシギ、小鳥を捕まえようとねらっている猛禽類のハヤブサ、そして“三番瀬の顔役”であるミヤコドリなど、数多くの鳥を見ることができ、三番瀬の自然の豊かさを満喫しました。
 ミヤコドリは136羽が確認されました。三番瀬ではミヤコドリが毎年10羽ずつぐらい増えています。三番瀬は日本一の渡来地となっており、案内者の田久保晴孝さんが「136羽は日本新記録」と紹介すると、参加者から歓声があがりました。
 この日確認された鳥は約45種でした。






80人もの大勢の方が参加






三番瀬の顔役、ミヤコドリ。三番瀬では昨年冬、124羽が確認された。毎年10羽ぐらいずつ増えていて、三番瀬は日本一の渡来地となっている。








静岡県からも11人が参加









★関連ページ

このページの頭に戻ります
「ニュース」のページにもどります
「三番瀬自然観察会」のページに戻ります

トップページ | 概 要 | ニュース | 主張・報告 | 行政訴訟 |
資 料 | 催し物 | 自然保護連合 | リンク集 |