三番瀬護岸改修工事はじまる

〜たくさんの生き物が死滅〜




トップページにもどります
「ニュース」にもどります
「三番瀬再生事業」にもどります


 千葉県の「三番瀬再生計画(事業計画)(素案)」にかんする意見募集はきょう(2006年5月18日)締め切られました。


■護岸改修工事がはじまる
  〜貴重な浅瀬をつぶす〜

 しかし、再生事業はどんどん進んでいます。
 県が三番瀬再生の「先行事業」として位置づけている市川塩浜地区護岸改修は、工事がはじまりました。
 この工事は、三番瀬の貴重な浅瀬(猫実川河口域)の一部をつぶして、石積み護岸を建設するものです。


■「海域を狭めない」をホゴ
  〜パブコメの意見も無視〜

 三番瀬円卓会議がまとめた「三番瀬再生計画案」には、「海域をこれ以上狭めない」や「現在ある干潟・浅海域は保全する」が明記されています。それを無視しての工事です。
 また、護岸工事予定地に多種多様な生き物が生息しており、工事によってそれらは死滅します。──これは県の調査でも明らかになっています。
 そのため、昨年の意見公募(パブリックコメント)では、海に張り出しての護岸工事に多くの方が反対意見を寄せました。それも無視です。「三番瀬再生会議」(円卓会議)は、環境問題やパブコメでだされた意見をまったく議論しないまま、県の護岸改修事業計画を承認してしまいました。







「三番瀬再生」という名で、海をつぶしての護岸改修がはじまった





★関連ページ

このページの頭にもどります
「ニュース」にもどります
「三番瀬再生事業」にもどります

トップページ | 概 要 | ニュース | 主張・報告 | 行政訴訟 | 資 料 |
催し物 | 会報 | 干潟を守る会 | 自然保護連合 | リンク集 |