■第20回三番瀬円卓会議(1)


三番瀬再生計画素案に79件の意見




トップページにもどります
「ニュース」にもどります
「三番瀬円卓会議」にもどります
「人工干潟」にもどります


 (2003年)12月25日、「三番瀬再生計画検討会議」(円卓会議)」の第20回会合が千葉市内で開かれました。
 主な議題は三番瀬再生計画素案に対する79件のパブリックコメント(一般市民意見)の扱いです。事務局が項目ごとに整理した一覧表をもとにして議論が進められました。


●最も多かった意見は「海域への土砂投入反対」

 意見でもっとも多かったのは、「市川市塩浜2丁目の改修護岸前面の干出域化」(猫実川河口域への土砂投入)に反対または疑問を提示するものでした。これについて、かなり時間をさいて討論がおこなわれました。
 しかし、倉阪秀史委員(千葉大学助教授、環境アセスメント)が、「土砂投入は円卓会議で合意されていること」「1坪たりとも砂を入れてはいけないという意見がだされているが、それはちがう」「猫実川河口域の今の状態は理想的ではないし、万全な状態でない。したがって、よりよくするために少しずつ砂を入れていくことが必要」「砂を入れてはいけないという意見がたくさんだされているが、そもそもそういう理解は正しいのかどうか」などという意見を何度も述べ、結果的に土砂投入を見直すことにはなりませんでした。


●1月7日に臨時の円卓会議を開催することに

 しかしながら、あまりに多くの方から疑問が寄せられ、訂正が求められていることから、1月7日に急きょ、「臨時の円卓会議」(第21回円卓会議)が開かれることになりました。その議論を経て 1月22日の第22回円卓会議で再生計画案が決定されることになります。


●「土砂投入反対」は55件(70%)

 三番瀬再生計画素案に対するパブリックコメントで最も多かった意見は「土砂投入に反対」、次いで「ラムサール条約登録」です。この2つについての集計結果は次のとおりです。


1.市川塩浜護岸前の土砂投入と「干出域化」
   反対………………………………………55
   賛成……………………………………… 1
   保留(調査や効果確認が必要)……… 5
   意見記載なし……………………………18
                   計 79

  (反対の内訳)
    土砂投入に反対………………………11
    干出域化に反対………………………33
    海域に手を加えるべきでない……… 5
    陸を削るべき………………………… 5
    護岸イメージ図を削除すべき……… 1
                   計 55


2.ラムサール湿地登録
   登録を積極的に推進すべき……………37
   登録反対………………………………… 1
   意見記載なし……………………………41
                   計 79

  (推進すべきの内訳)
    2005年登録実現………………………24
    早期登録を……………………………13
                   計 37









 

★関連ページ

このページの頭にもどります
「ニュース」にもどります
「三番瀬円卓会議」にもどります
「人工干潟」にもどります
トップページ | 概 要 | ニュース | 主張・報告 | 行政訴訟 | 資 料 |
催し物 | 会報 | 干潟を守る会 | 自然保護連合 | リンク集 |