ミヤコドリを61羽確認

〜千葉県野鳥の会などが三番瀬船橋側の自然観察会〜



トップページにもどります
「ニュース」のページにもどります
特集「三番瀬自然観察会」のページにもどります


 1月6日(日)、船橋海浜公園前の三番瀬で、2002年最初の三番瀬自然観察会が行われました。千葉県野鳥の会と日本野鳥の会東京都支部が開催したもので、参加者は50人でした。
 この日は北風が強く、空が澄んでいて、富士山がくっきりみえました。午前11時が満潮(小潮)のため、午前中は防泥柵でカモメやミヤコドリが休息していました。潮が引きはじめると、ハマシギなどが干潟で採餌をはじめました。夕方になると、ユリカモメが約3000羽も集まってきました。三番瀬の顔役となっているミヤコドリは、この日、61羽を確認しました。
 両会による三番瀬(船橋)自然観察会は、毎月第1日曜日に定例的に開かれています。



●今回の観察会で確認した鳥の数
 スズガモ     20,000
 ユリカモメ    3,000
 セグロカモメ    1,000
 ハマシギ      900
 ヒドリガモ     150
 オナガガモ     100
 ダイゼン      100
 ミユビシギ     100
 ミヤコドリ     61
 カワウ       50
 シロチドリ     50
 カモメ       30
 スズメ       30
 ドバト       30
 ムクドリ      30
 ハジロカイツブリ  20
 ホオジロガモ    20
 メジロ       20
 タヒバリ      15
 カンムリカイツブリ 10
 ウミアイサ      5
 オオジュリン     5
 カワラヒワ      5
 キジバト       5
 キンクロハジロ    5
 ダイシャクシギ    5
 ツグミ        5
 ヒヨドリ       5
 ハクセキレイ     3
 ハシブトガラス    3
 ハシボソガラス    3
 コオバシギ       1
 ダイサギ       1
 チョウゲンボウ    1
 トビ         1
 モズ         1










初めての参加も目立った。








三番瀬の顔役となっているミヤコドリ。三番瀬では年々増えている。この日は61羽を確認できた。








富士山がくっきり見えた。









このページの頭に戻ります
「ニュース」のページに戻ります
「三番瀬自然観察会」のページに戻ります

トップページ | 概 要 | ニュース | 主張・報告 | 資 料 |
催し物 | 自然保護連合 | リンク集 |