三番瀬再生事業がスタート

〜柱は「砂護岸」造成〜

千葉県自然保護連合事務局



トップページにもどります
「三番瀬再生事業」にもどります
「主張・報告」にもどります


●「砂護岸」造成などをすぐに着手予定

 いよいよ三番瀬再生事業が動きはじめました。内容をみると、案の定です。
 県が「三番瀬再生会議」準備会(8月31日)に報告した内容をみると、「石積み傾斜護岸+人工砂浜」(いわゆる「砂護岸」造成)と漁港建設が、三番瀬再生事業の柱となっています。県は、これら事業を「先発事業」としてすぐにでも着手する予定です〈注〉
〈注〉 第1回「(仮称)三番瀬再生会議」準備会における県の報告をご覧ください。
 この事業は、よくみると、三番瀬の自然再生とはまったく関係ありません。反対に、三番瀬の自然環境に悪影響を与えるものです。
 市川塩浜2丁目地先海域での「砂護岸」造成は、そこに生息している多様な生き物を埋め殺しにします。また、海域に大きく張りだしてつくられる予定の漁港建設は、海域を狭め、潮流や生態系に大きな影響を与えることが懸念されます。
 県は、この事業は「緊急性が高い」として、「三番瀬再生会議」(円卓会議の後継組織)の発足前に大急ぎで進めるとしています。それも、環境調査やモニタリングなどはきちんとおこなわないで、です。これのどこが自然再生でしょうか。


●大型公共土木事業を、住民参加によって復活・実現

 こうした事業を大急ぎで進めようとしているウラには、第二東京湾岸道路(第二湾岸道)があります。私たちは、「砂護岸」造成は第二湾岸道建設の布石になるとして、強く反対しました。しかし、三番瀬円卓会議は私たちの強い反対を押し切り、強引にそれを認めてしまいました。
 堂本知事は「第二湾岸道は必ずつくる」「三番瀬再生計画は第二湾岸道と調和のとれたものにする」「三番瀬円卓会議は、住民参加による公共事業計画策定の新しいモデルとなる」ということを言い続けてきました。その結果がこれです。
 このままでは、「環境保護運動によって行きづまった大型公共事業(第二湾岸道)を、住民参加によって復活・実現した知事」として、堂本知事の手腕は高く評価されそうです。

 ちなみに、「猫実川河口域は保存されることになった」と言う人もいますが、これは甘い期待です。「三番瀬再生計画案」の「はじめに」で、円卓会議の岡島成行会長はこう書いています。
「円卓会議が積み残した仕事も数多くあります。ラムサール条約登録の問題、猫実川河口域の扱いなどです。いずれも2年間の議論でははっきりした結論が出ませんでした」
 つまり、猫実川河口域を保存するかどうかは「結論がでなかった」と明言しているのです。

 このままでは、三番瀬円卓会議の委員は、大型公共事業推進や三番瀬破壊に荷担したことになります。

(2004年9月)









三番瀬再生事業の柱は「砂護岸」造成と漁港建設
〜ウラに第二湾岸道あり〜





「石積み傾斜護岸+人工砂浜」のイメージ図










「砂護岸」造成着手を報じた『千葉日報』(2004.4.26)





第二湾岸道の予定ルート


























★関連ホームページ

★関連ページ


このページの頭にもどります
「三番瀬再生事業」にもどります
「主張・報告」にもどります

トップページ | 概 要 | ニュース | 主張・報告 | 行政訴訟 | 資 料 |
催し物 | 会報 | 干潟を守る会 | 自然保護連合 | リンク集 |