◆三番瀬を守る署名ネットワークの機関誌


 『三番瀬署名ニュース』の目次






◆第38号(2004年2月)
◆「三番瀬円卓会議」の残した課題………………………………竹内壮一   ─ラムサール条約登録への道─ ◆2005年にラムサール条約の登録をめざし10万名署名を開始      ……………………………………………………………今関一夫 ◆円卓会議が「三番瀬再生計画案」を提出………………………今関一夫   ─「再生目標」などを提言─ ◆パブリックコメントに79人が応募   「ラムサール条約登録に推進」に97%………………………今関一夫 ◆やり残した調査と漁民との対話が当面の課題…………………今関一夫 ◆三番瀬円卓会議の意義と問題点   ─永尾俊彦氏の講演より─ ◆三番瀬ヤミ補償裁判 証人尋問………………………………牛野くみ子 ◆ラムサール条約研究会に参加して………………………………立花一晃 ◆そこにその人がいるだけで………………………………………竹内壮一   ─大浜和子さんのこと─ 


◆第37号(2003年10月)
◆「再生計画」と三番瀬の漁協・漁民……………………………竹内壮一 ◆円卓会議が「第1次素案」を発表  2004年1月に「三番瀬再生計画」を決定も……………………今関一夫 ◆「三番瀬再生計画第一次素案」についての勉強会……………小野安英 ◆三番瀬定例勉強会………………………………………………牛野くみ子 ◆11月15日に第7回対策会議(総会)開催   「第二次素案」への態度を討議します………………………………… ◆【書評】田久保晴孝著『干潟の学校』…………………………杉田史朗 ◆高浜市で合宿幹事会開催される…………………………………今関一夫 ◆アサザプロジェクトの現地を見学しました……………………佐藤聰子 ◆三番瀬フェスタを開催(8月6〜8日)………………………杉田史朗 ◆三番瀬フェスタ企画 三番瀬再生計画意見発表会から………………… ◆円卓会議におけるラムサール条約登録事案の討議状況と問題点           ………………………………………………今関一夫 ◆全国自然保護連合が  東京湾三番瀬の海域保存とラムサール条約登録を求める決議………… ◆【談話室】三番瀬から(2) ……………………………………小川千恵子 ◆三番瀬・猫実川河口域の近況……………………………………織内 勲 ◆「猫実川河口域は堆積域」 土砂投入など無用……………竹川未喜男 ◆アサリが大発生 2003年夏の三番瀬……………………………杉田史朗


◆第36号(2003年7月)
◆「三番瀬再生計画」策定の方向性………………………………竹内壮一 ◆《三番瀬円卓会議の開催状況》   再生検討小委員会で「ラムサール条約の登録手続き」の発言も…… ◆円卓会議の開催状況………………………………………………………… ◆2005年締約国会議(ウガンダ)で  三番瀬のラムサール条約登録を…………………………………………… ◆ラムサール条約問題……………………三番瀬を守る署名ネットワーク ◆「ラムサール条約登録湿地を増やす議員の会」に   三番瀬の登録支援を要望………………………………………………… ◆「中間とりまとめ」に対する公募意見から……………………………… ◆「三番瀬の再生に向けての中間とりまとめ」   についての意見…………………………………………………星野亘良 ◆三番瀬円卓会議でチラシ配布と市民対話………………………小野安英 ◆三番瀬公金違法支出訴訟 提訴3周年集会……………………細田邦子 ◆中ノ瀬航路浚渫土砂の有効な活用場所は……………………竹川未喜男  ─国交省千葉港湾事業の「海域再生提案」第2回説明会─


◆第35号(2003年5月)
◆《三番瀬円卓会議の討議状況》   9月ごろを目標に「再生計画」(素案)を作成………………今関一夫 ◆「埋立中止の手当て」に11人が疑問など…………………………………   ─円卓会議「中間とりまとめ」に対する公募意見─ ◆円卓会議「中間とりまとめ」についての意見      …………………………………………………………牛野くみ子      ……………………………………………………………荒木 勉      ……………………………………………………………大浜和子 ◆もう海を埋めないで! 三番瀬は市の宝……………………竹川未喜男  ─3市住民への聞き取り調査結果─ ◆ラムサール条約学習会─藤前干潟に学ぶ………………………立花一晃  ─辻淳夫を迎え成功裏に開催─ ◆三番瀬のラムサール条約に関する環境省の考え方など………今関一夫 ◆三番瀬市民アンケート集計結果…………………………………………… ◆イラク戦争の即時中止を……………………………………………………  ─琵琶湖・霞ヶ浦NGOが共同声明─ ◆【談話室】三番瀬から(1) ……………………………………小川千恵子


◆第34号(2003年2月)
◆急がず いい答申を………………………………………………竹内壮一  ─円卓会議の「中間とりまとめ」について─ ◆円卓会議「中間とりまとめ」の概要……………………………………… ◆「三番瀬の再生に向けての中間とりまとめ」について   の三番瀬を守る署名ネットワークの基本的見解……………………… ◆三番瀬問題に関わる市川市の対応について………………………………  ─市川市長あての質問と回答─ ◆2002年11月17日 夜の三番瀬…………………………………田久保晴孝 ◆住民参加シンポジウム…………………………………………牛野くみ子  ─学んだ手法は現場で活かそう!─ ◆三番瀬の2005年ラムサール登録をめざして……………………今関一夫  ─ラムサール条約プロジェクトチームが発足─ ◆三番瀬を守る会「ラムサール条約学習会」を開催……………杉田史朗 ◆三番瀬 12月1日………………………………………………田久保晴孝 ◆《談話室》自然が語りかけること………………………………杉本秀樹 ◆三番瀬ヤミ補償裁判 10・25口頭弁論、1・17弁論準備手続報告           ………………………………………………細田邦子 ◆「レーチェル・カーソン沈黙の春出版40周年記念   講演とコンサートの夕べ」に200人が参加……………………星野亘良


◆第33号(2002年10月)
◆円卓会議を傍聴し、意見発言を…………………………………今関一夫  ─三番瀬署名ネット「第6回対策会議」─ ◆三番瀬の保全をめざして……………………………………………………  ─三番瀬署名ネットの当面の方針─ ◆意見募集の方法に多くの批判……………………………………杉田史朗  ─第4回三番瀬「護岸・陸域小委員会」─ ◆護岸の形状を8ケースに整理して比較…………………………杉田史朗  ─第2回三番瀬「専門家会議」─ ◆「情報公開・市民参加をやる」………………………………牛野くみ子  ─国土交通省千葉港湾工事事務所との話し合い─ ◆第5回三番瀬「護岸・陸域小委員会」を傍聴して……………沢田文夫 ◆12月までに護岸等具体案を………………………………………今関一夫  ─第6回三番瀬円卓会議─ ◆横浜市金沢区海の公園の人工干潟を視察………………………青山 一 ◆三番瀬保全は今が正念場…………………………………………星野亘良  ─市川三番瀬を守る会が“緊急勉強会”─ ◆1メートル1億円の道路は必要か?…………………………牛野くみ子  ─外環道・第二湾岸道を考えるシンポジウム─ ◆緊急シンポジウム「吉野川河口干潟を救え!」に参加して         ……………………………………………………田島正子

このページの頭に戻ります
前ページに戻ります

トップページ | 概 要 | ニュース | 主張・報告 | 行政訴訟 | 資 料 |
催し物 | 会報 | 干潟を守る会 | 自然保護連合 | リンク集 |