四国八十八カと所霊場 第88番札所 大窪寺  おおくぼじ

住所  香川県大川郡長尾町多和96 電話  0879−56−2278 

本尊 薬師如来 開基 行基菩薩
本尊の真言 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

結願の寺、八十八番大窪寺を打つ。弘法大師との「同行二人」の旅がここでいよいよ終わるのだ。
寺には、ここまで訪れることができた遍路が奉納した菅笠や金剛杖などが残されている。長い道
のりを、無事にお参りできたことを感謝する。



本堂
正面の礼堂と中殿、多宝塔のような奥殿から成り、本尊と三国伝来の錫
杖は奥殿にまつられている。本尊はホラ貝を持った珍しい姿の薬師如来で
このホラ貝ですべての厄難諸病を吹き払うという。

大師堂
建物は本堂手前から石段を登った所にあるが、堂内へは地下の内拝口か
ら入る。内部には八十八カ所の本尊がすべてまつられており、八十八カ所の
お砂踏みもできる

奉納金剛杖
境内には、結願したお遍路さんが奉納した金剛杖や菅笠が大童に置かれてい
る。88の札所を無事に巡り終えたことの証だ。これらの奉納口詣毎年春分の日と
8月20日に催される柴灯護摩供(さいとうごまく)で焚き上げられる。また大師堂横
に、金剛杖を納める「賓杖堂(ほうじょうどう)」が造営されている。
となりに原爆の火は灯火されてます



大窪寺は養老年間(717〜24)に、行基が開基したと伝えられている。その後巡錫した弘法大師が、
奥の院の岩窟で求聞持法の修法をして、薬師如来を刻んで安置して、一堂を建立したという。
この時大師が唐の恵果阿闍梨から授かった三国(インド、唐、日本)伝来の錫杖を納め、山の窪地
に寺を建てたことから、大窪寺という寺号になったと伝えられている。錫杖は本尊と一緒に祀られて
いる。その後多くの尊信を集め、寺観も整備されて、僧坊百を有して、さらには女性の入山を許した
ので「女人高野」として寺は栄えた。だが天正の兵火で焼失し、一時は寺勢も衰えていたが、松平
頼重が寺領を寄進して再興した。二代目藩主松平頼常も、元禄時代に本堂や仁天門の修築を行っ
ている。しかし明治33年の失火で堂宇を焼失し、現在の建物はその後に再建したものだという。
諸堂は山腹に囲まれ、実際に窪地という印象で、本堂や大師堂は山の樹木に覆われている。





結願された方が奉納されている金剛杖

H14.11.6 山門前 紅葉大変綺麗です

本堂前 銀杏の木の紅葉


トイレの神様 うすさま明王像


四国八十八ケ所巡礼お疲れさまでした。次は和歌山県の高野山奥の院参りです



四国霊場巡礼お申し込みお問い合わせは下記まで
四国八十八ケ所霊場会公認 大先達
770-8071 徳島市八万町中津山4−129 
               徳島個人 中村タクシ− 中 村 功
                電話 088−653−0280 FAX 088−653−0480 
携帯 090−8281−4679

http://www005.upp.so-net.ne.jp/s45988/


徳島個人 中村タクシーメインページ にもどる / 巡礼8日目(86〜88番)へもど 第1番霊山寺戻るへ