四国88ケ所霊場 第86番札所 志度寺 しどじ

住所  香川県大川郡志度  電話 087−894−0028

本尊 十一面観世音菩薩 開基 藤村不比等
本尊の真言 おん まか きやろにきや そわか
      
   


       


仁王門
古く堂々とした構えで、左右の堂門前には大草履が奉納されている。木造金
剛力士像は、阿・吟とも鎌倉時代の仏師運慶作と伝えられ、県指定文化財である。

本堂
仁王門とともに讃岐藩主・松平頼重が寛文10年T671)に寄進したもので、本尊
とともに重要文化財に指定されている。本尊および両脇侍の不動明王・毘沙門
天は、平安初期から中期にかけての作で檜の一木造り。
 
大師堂
閻魔堂、奪衣婆堂(だつえばどう)などとともに、讃岐国主・生駒正俊が建立したも
の。生駒公は房前を祖とする藤原北家の末裔である。堂の背後にそびえる大楠は、
弘法大師お手植えと言われている。


        



仁王門を入ると左に海女の墓がある。謡曲「海士」で知られる伝説によれば、天智天皇のころ、藤原不比等
が亡父鎌足の供養に奈良興福寺の建立を発願した。唐の高宗皇帝の妃であった妹はその菩提にと三つの
宝珠を船で送つたが、志度の浦で龍神に奪われた。兄の不比等はあきらめきれず、姿をかえて志度の浦へ
渡り、土地の海女と夫婦になり一子・房前をもうける。やがて海女は観世音に祈願し、夫とわが子のために
命を捨てて龍神から宝珠をとりかえす。不比等は海辺の近くに海女の墓と小堂をたて死度道場と名づけた。
後に房前は母の追善供養に堂宇を増築し、寺の名を志度寺と改めるのである。寺伝によれば推古天皇の
三十三年に志度の浦に楠の霊木が漂着し、園子尼がこの霊木で観世音の尊像を刻みたいと念じたのがそ
のはじまりという。現在の本堂・仁王門は寛文十年(一六七〇)の建立。五重塔は昭和五十年、大阪に出て
成功した当地出身の竹部二郎氏の建立推古天皇の御代園の子尼は漂着しに霊木で十一面観音像を刻まん
と腐心していると、仏帥姿の男が現れ単日に等身大の像を彫りあげ、「われは補陀落の観音なり」と告げて
去った、堂宇建立の際も閻魔王の出現があったという不思議な縁起を秘めた寺であり、事を奉聞された推古
天皇は当寺を勅願所に定めたという。





納 経 所 

志度寺山門前に平賀源内のお墓が有ります








四国霊場巡礼お申し込みお問い合わせは下記まで
四国八十八ケ所霊場会公認 大先達
770-8071 徳島市八万町中津山4−129 
               徳島個人 中村タクシ− 中 村 功
                電話 088−653−0280 FAX 088−653−0480 
携帯 090−8281−4679

http://www005.upp.so-net.ne.jp/s45988/




徳島個人 中村タクシーメインページ にもどる / 巡礼8日目(86〜88番)へもどる 87番長尾寺へ行く