四国八十八寺霊場 第83番札所 一 宮 寺  いちのみやじ

住所  香川県高松市一宮607  電話 087−885−2301

本尊 聖観世音菩薩  開基 義渕僧正
本尊の真言 おん あろりきや そわか

一宮寺は、一宮駅から5分ほどのところにある札所。元禄14(1701)年に造立された本堂などが建ち並ぶ。
境内の中ほどに薬師如来を祀ってある石堂があるその台座の下には地獄へ通じている穴があるこの中に
頭を入れると地獄の釜音が聞こえると言う



本 堂

        
本堂
元禄14年1701)に松平家によって再建されたもの。本尊の聖観音像は弘法大師作 本堂前の大きな
クスノキの木がある

大師堂
本堂に向かって右手にある。お堂の中はお守り授与所

一宮寺は義淵(ぎえん)僧正が大宝年間(701−704)創建された頃は大宝寺であった。その後、田村神社
を一国一社建立せよとの勅命に行基菩薩が創建したのが讃岐一宮の田村神社であり、寺はその別当寺とな
って神竜山一宮寺と改号した。大同年間(八〇六〜一〇)弘法大師が来錫して、三尺五寸の立像の聖観世音
菩薩を刻んで本尊としした前記の行基菩薩が建立した堂塔を補修、伽藍を再興、そして四国第八十三番札所
と定められた。この寺も天正年間、長曽我部の兵火に遭い焼失してします延宝七年(一六七九)高松藩主・松
平頼垂公によって別当職を解かれ、独立寺となつた。本堂は元禄14年1701年健立 本堂横の3基に石の多
重塔は宝治元年1247年で江戸時代に田村神社から移されたものである


地獄の釜


新しく護摩堂完成


近くの観光
栗林公園
国の特別名勝指定の大名庭園。高松藩主生駒家・松平家代々の別邸だつたもので、紫雲山を借景とした
75万平方メートルの敷地に池と築山、茶室などが巧みに配置されている。純日本式の南庭と洋式の北庭
に分かれ、太鼓橋の値月橋(えんげっきよう)、江戸時代に建てられた茶室の掬月亭(きくげつてい)など見
所も多い


四国霊場巡礼お申し込みお問い合わせは下記まで
四国八十八ケ所霊場会公認 大先達
770-8071 徳島市八万町中津山4−129 
               徳島個人 中村タクシ− 中 村 功
                電話 088−653−0280 FAX 088−653−0480 
携帯 090−8281−4679

http://www005.upp.so-net.ne.jp/s45988/


徳島個人 中村タクシーメインページ にもどる / 巡礼8日目(76〜85番)へもどる 84番屋島寺へ行く