四国88箇所霊場 第79番札所 高照院天皇寺 
こうしょういんてんのうじ

住所  香川県坂出市西庄町字天皇1713−2  電話 0877−46−3508




本 堂

   本尊  十一面観世音菩薩  開基 弘法大師  
本尊の真言  おん まか  きやろにきや  そわか


山門前に駐車して鳥居のある門を入ると参道正面に白峰宮、左手に本堂と大師堂が
棟続きで、並んで立っている。建物は江戸時代、松平家によって再建されたもの。



保元元年(1156)、保元の乱にやぶれた崇徳(すとく)上皇は讃岐へ配流。
現在の坂出市内にあった雲井御所 本丸殿〈このまるでん)で過ごしたが、
当寺へもよく来られた。長寛2年(1164)8月、この地で上皇崩御。都から葬儀
の指示があるまでの約20日間、遺体は八十場の泉に浸けて保存され、棺は
当寺に安置された。その後、上皇の冥福を祈願して崇徳天皇社が建立され、
当寺はその神宮寺となった。天皇ゆかりの寺ということで「天皇寺」と呼ばれ
るようになったという。その後、3万坪の広大な境内をもつ寺となったが、天正
年間に兵火にあい焼失。跡地に摩尼珠院筆頭末寺の高照院(こうしょういん〉
が移転、本尊を移して「天皇寺高照院」と号した。このため地元では「高照院
さん」とも呼ばれている。


寺伝によると、弘仁年間宮10〜823)、弘法大師ご巡錫のおり、近くの八十場(やそば)の霊泉を通りかかった
時、霊気を感じ、薬師如来を彫って寺を建立したという。この地に来錫した弘法“大師は空中より霊妙の声を訊
いた。大師は早速、八十八の霊泉で得た霊木で十一面観世音菩薩、愛染明王、阿弥陀如来の三尊像を刻み、
堂宇を建立して金華山・摩尼珠院・妙成就.寺と名づけて四国第七十九番札所と.定められた。その後、保元
の乱で敗れ、讃岐の地に流され鼓ケ岡で崩御された崇徳上皇。その死を京の都へ奉聞するあいだ天皇の柩を
安置したのがこの寺であり、そのことから寺号を天皇寺と改号した。ちなみに、崩御した崇徳上皇を祀ってあるの
は八十一番・白峰寺である。この寺も天正の長曽我部の兵火にかかって全山焼失したが、天和二年一月に再興
した。さらに明治初年の神仏分離令によつて一時廃寺となっていたが、末寺の高照院を合併して再興をはかり以
後、高照院と改号した。



四国霊場巡礼お申し込みお問い合わせは下記まで
四国八十八ケ所霊場会公認 大先達
770-8071 徳島市八万町中津山4−129 
               徳島個人 中村タクシ− 中 村 功
                電話 088−653−0280 FAX 088−653−0480 
携帯 090−8281−4679

http://www005.upp.so-net.ne.jp/s45988/


徳島個人 中村タクシーメインページ にもどる / 巡礼8日目(76〜85番)へもどる 80番国分寺へ行く